読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

万能戦士平田良介選手は侍ジャパンの最高のバックアッパー

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

dscf2437.jpg

中日ドラゴンズ平田良介選手と聞いてどういうイメージを浮かべるだろうか。高校通算70本塁打の実績から右のスラッガーをイメージする人も多いだろう。

しかし、実際のところは走攻守のバランスに優れた万能戦士なのだ。

 過去の本塁打の実績だけを見ると物足りない印象を受けるが、彼をバランスのとれた選手として見ると非常に優秀な選手だといえる。

 

そこで今日は侍ジャパンにも選出された平田良介選手について語っていく。

目次

平田良介選手とは

大阪桐蔭高校出身。甲子園ではあのPL学園清原和博氏以来となる1試合3本塁打を放った。甲子園通算5本塁打は史上4位。高校通算70本塁打を放ち高校生屈指のスラッガーとして注目を浴びる存在となった。

2005年高校生ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受けてプロ入り。

当時の監督である落合博満氏からは「この年のドラフトで俺が認めたのは平田だけ。そういう選手がいない年だってある。あれだけ振れる選手はそうはいない。鍛えれば俺以上の打者になる」と高く評価された。

 

プロ一年目の2006年に初の一軍昇格を果たし、代打でプロ初出場を果たす。

2007年はシーズン終盤から試合出場を重ね、クライマックスシリーズ以降はスタメンの座に定着。物議をかもした山井→岩瀬の完全試合リレーの試合ではダルビッシュ有選手から決勝点となる犠飛を放ち、チームの日本一に貢献した。

 

2008年~2010年にかけては期待に応えることができず二軍生活が長く続いてしまった。2010年のオフには背番号を8から40に変更され、厳しい立場となった。

 

2011年はきっかけをつかむ年となった。

6月に史上8人目(チーム史上初)となる2試合連続サヨナラ本塁打放ち、その後の活躍も評価され、自身初の月間MVPに輝く。

最終的には113試合に出場し、打率.255、11本塁打、38打点の成績を残す。守備でもリーグ3位の8捕殺を記録し、チームのリーグ優勝に貢献した。

 

飛躍を期待された2012年は初の開幕スタメンを果たす。しかし、シーズン序盤のぎっくり腰の影響から思うようなプレーができず、最終的には本塁打は前年と同じく11本だったものの、安定感を欠き打率.216と低迷し、出場試合数も91試合に減った。

 

2013年は開幕33打席で1本もヒットを打てずに登録抹消される苦しいスタートとなった。しかし、最終的には復調し、右翼のレギュラーに定着。規定打席には及ばなかったがこれまででいずれも自己最高の打率.289・15本塁打・55打点を記録した。

オフには井端弘和選手の退団により空き番となった6番をつけることになった。

 

2014年はプロ9年目にして初めて規定打席に到達した。

 

2015年は自己最多の130試合出場、OPS.799、盗塁11などで自身最高の成績を残した。その活躍が評価され、自身初となるベストナインを獲得。シーズンオフには2016年シーズンの主将となることが発表された。

 

2016年はチーム・個人ともに成績が低迷。9月14日に右肩痛で一軍登録を抹消されてい以降は一軍に戻ってくることはなかった。シーズンオフの移籍もささやかれたが、残留を決意。

実は守備の人?平田良介選手の本当の姿とは

 高校生時代のスラッガーとしての活躍からスラッガーとしての印象を持たれがちだが、

様々な能力を持ち合わせた選手でもある。

守備へのこだわり

実は守備にも優れた選手である。実際、前監督の落合博満氏は「ドラゴンズの外野守備でいちばんうまい」と賛辞を送っている。本人も自分は守備の人、守備から流れをつかむタイプであると語るほど守備への思い入れがある選手である。


【中日】平田良介選手インタビュー③「相部屋で困った先輩・後輩?!」

実際プロ通算で犯した失策はわずか7。守備率も.995と高い水準を誇っている。2014年にはリーグ最多捕殺となる9を記録している。守備の安定感だけでなく、肩の強さも彼の長所のひとつである。

打順適正は一番打者!?

プロ入り後は高校生時代ほどスラッガーとしては活躍できずにいる。6年連続で2桁本塁打を放っているものの、最多本塁打は15。最高OPSも.799と期待された通りの結果は残せていない。

 

実は過去に高校時代の彼を知る、大阪桐蔭高校西谷浩一監督のインタビューに興味深いことが書かれていた。それは西谷監督いわく、平田良介選手の適正は1番打者にあるとのことだ。甲子園での活躍や高校通算本塁打の印象でスラッガーの役割を期待されるが、本来は1番打者のタイプであると。

 

平田良介選手は俊足の選手としても知られ、2015年には盗塁11を計測している。2016年は打率.248だったものの、出塁率.358とIsoD.110を計測するなど高い選球眼を見せている。

実際平田良介選手は2016年オフのテレビ出演時には出塁への意識を口にしているほどだ。


【中日ドラゴンズ】 2016.12.11 FA残留の大島・平田が出演

 

二桁本塁打・盗塁が出来て、高い出塁率OPS.8割台、加えて安定した守備誇る『1番打者』

実はこれが平田選手の完成形なのかもしれない。

侍ジャパンで求められる役割 

今回の侍ジャパンでは基本的に外野手のバックアップとしての役割を期待される。

侍ジャパンの外野構想】

左翼:筒香(青木)、中堅:青木(秋山)、右翼:秋山or鈴木(平田) 

対左投手用の右打者:内川

 

侍ジャパンの外野手事情は過去記事も参照。

www.shinumade.com

 

www.shinumade.com

 

www.shinumade.com

 

www.shinumade.com

 

www.shinumade.com

 

 平田選手が2016年シーズン左投手に対して打率.197だったことを考えても対左投手時に先発もあまり考えられない。

おそらくよほどのこと(けが人続出、平田選手絶好調)がない限りベンチスタートとなることが予想される。

ただ、平田選手は走攻守を高いレベルで兼ね備えているので、バックアッパーとしては非常に心強い存在となる。

 

平田選手が控えていることで積極的に采配をふるえる局面も出てくるだろう。

まとめ

 豪快な高校時代の活躍と明るいキャラクターとは違って、選手としては非常に渋い働きができる選手。

こういう選手がいるチームは非常にしぶといチームとなる。

出場機会はそう多くはないかもしれないが、出場した時は持ち味を存分に発揮して頂きたい。

 

それでは、さようなら!