死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

ライオンズ開幕カード3連戦は昨季の日本一日本ハムファイターズに勝ち越し 手堅い守りに隙のない走塁 少しだけ見えた辻野球の片鱗

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

f:id:jubenonz:20170404124853j:plain

3/31に開幕した日本のプロ野球

私のご贔屓埼玉西武ライオンズは昨季日本一に輝いた日本ハムファイターズの本拠地札幌ドームで開幕を迎えた。

 

戦力差、敵地、けが人続出の中にも関わらず、戦前の予想に反して2勝1敗で見事カード勝ち越しに成功した。

 どこの局も西武VS日本ハムのハイライトではなく、大谷翔平ハイライトばかりしかやっておらず、なかなか映像で試合を振り返ることが出来なかった。

 

ただ、その中で見た映像、結果、ニュースを振り返りながら開幕カード3連戦についての私の感想を述べていく。

 

目次

開幕オーダーから見る辻監督の狙い

f:id:jubenonz:20170404130021p:plain

引用:プロ野球 ヌルデータ置き場 西武 - スターティングメンバー覧 -

開幕3試合西武は上記のオーダーで戦った。

森、金子が怪我で不在。また各選手の状態によってオーダーは流動的な部分はあるだろう。

ただライオンズの今シーズンの基本オーダーが少しだけ垣間見えた。

軸は1番秋山、3番浅村、4番中村

3試合共に守備位置、打順に変更がなかったのは7名。

 

ただ田代、木村、炭谷に関しては森、金子が復帰すれば、このまま起用されることはない。

いきなり二軍にいくことはないだろうが、優先順位が高いのは森、金子の両選手。

仮に森選手が外野に回ることになれば木村、田代の両選手がスタメンを外れる可能性はかなり濃厚になる。

 

また遊撃手の源田選手も理想はフルシーズンを戦い抜いていくことだが、恐らくは相手投手の左右、疲労、結果などをみながら他の遊撃手と併用されることが濃厚。

 

そんな中でチームの不動の存在として軸になってもらわなければいけないのが1番センター秋山、3番セカンド浅村、4番サード中村の三人。

中村選手は疲労などを考慮して指名打者や一塁での出場もあり得るが打順としてはこの3人がチームの軸。

 

2016年の中村選手は状態が悪く、4番固定とはいかなかった(4番で83、5番で18、6番で1試合出場)

 

そのため私はメヒア選手の4番起用もあると考えていたが辻監督は4番を中村選手に託した。

メヒア選手が5固定でなく、6番でも起用されているところを見ると、辻監督は4番中村でいきたいのだろう。

 

今年のライオンズは1番秋山、3番浅村、4番中村の3人がいかにフルで戦えるか、いかにこの3人選手が機能出来るようにするのかがポイントになる。

 

5番栗山はどこまで機能するか 注目の辻采配

開幕戦でライオンズファンにとって一つ驚きの打順起用があった。

それは栗山選手の5番起用。

 

辻監督はここまでオープン戦から栗山選手を7番打者で起用してきた。

しかし、開幕戦では5番起用。

辻監督も「今日は5番打者が頑張ってくれた。栗山にはありがとうと言いたい」とたたえた。

オープン戦からの流れで、7番指名打者で起用する方針だったが、試合直前に打順を入れ替えた。

中村、メヒアと続けて打席に立たせるよりも、出塁率が高い栗山を間に入れた方が、打線のつながりがよくなるという考えからだった。

引用:西武新機軸「5番DH栗山」で大量点 辻監督最敬礼 - 野球 : 日刊スポーツ

 

正直私は栗山選手を7番で起用するのは反対だ。

 

2016年リーグ6位となる出塁率.390を記録した栗山選手を下位に置くのは非常にもったいない。

また栗山選手はここ3年間でわずか6個しか盗塁していない。

加えて長打力もないとなるとあまり下位に置いて意味がないように思える。

やはり理想は1、2番起用だ。

 

ただ私の発想になかった栗山選手5番起用は案外面白いかもしれない。

 

従来の考え方でライオンズのクリーンアップを組むと3番浅村、4番中村、5番メヒアとなるだろう。

ただ、この三人はいずれも右打者で少しタイプが似ている部分がある。

またやや打者として脆さがあり、一度不調になると中々抜け出せない。

その上右打者が続く並びは相手からすれば継投をあまり悩む必要がないので戦いやすいだろう。

 

ところがここに栗山選手が入ると途端厄介な並びになる。

安定感があり粘りもある栗山選手が中村選手の後ろに入ることで相手は中村選手安易に勝負を避けられない。

 

仮に中村選手で攻撃が終わっても栗山選手がチャンスメイクして、長打力のあるメヒア選手の回すとなると相手からすればかなり厄介な並びだろう。

 

6番あたりにメヒア選手のような30発以上本塁打を打てる選手がいるのは相手からすると非常に怖い打線だ。

 

4番中村、5番栗山、6番メヒアの並びはまるで対戦相手の日本ハムの昨年の4番中田、5番田中、6番レアードのようないやらしい並びだ。

 

また、栗山選手の2016年の対左打者打率は.204。

もし7番起用となると続く8番炭谷、9番源田、1番秋山と左が続くところで間違いなく相手は左のリリーフ投手をぶつけてくる。

 

だが、浅村、中村、メヒアの右打者と挟めば相手が左投手を起用する確立はぐっと下げることが出来る。

チームとして見れば、色んな選手にとって効果がある打順だけに5番栗山は非常に面白い采配だ。

2番は金子待ち

辻監督は2番に3試合とも田代選手起用した。

恐らく、2番には金子選手を入れるのを想定しているのだろう。 

 

あまりにも機能しなければ栗山選手が入るだろうが、基本的に辻監督の頭の中には2番栗山の選択肢はあまりなさそうだ。

手堅い守りに隙のない走塁 少しだけ見えた辻野球の片鱗

開幕戦3戦を戦ってライオンズの失策はゼロ。

 

2016年両リーグワーストの101失策をしたライオンズ。

三桁失策は12球団でライオンズのみだっただけに黄金時代を知る人(私は知らない)にとってはなんとも悲しい数字である。 

 

セ・リーグ覇者の広島が67、日本ハムが74、西武を除くパ・リーグ平均79であることを考えても西武にとって守備が弱点であることは明白だ。

 

 しかしこの3連戦でライオンズは手堅い守備を見せた。

開幕戦で大谷翔平が長打を放った際に、一塁走者の西川選手の本塁生還を、右翼手・木村文、二塁手の浅村選手が完璧な中継プレーを見せ、本塁で刺した。

 

また新加入の遊撃手源田選手が安定した守備を見せ、二塁手浅村選手も好守備を連発。

ゴールデングラブ賞受賞経験のある捕手炭谷、中堅手秋山選手をようするなど、元々決して壊滅的な守備陣ではないライオンズ。

辻監督が掲げる細かい野球を出来るコマは十分そろっているのだ。

 

開幕カードで守備面で辻野球を象徴する選手起用があった。

それは指名打者栗山、左翼田代、右翼木村という起用だ。

 

攻撃力だけを考えれば、栗山左翼、指名打者山川という采配もあり得た。

しかし、辻監督はスピードと守備に優れる田代選手を起用した。

 

2010年代のライオンズを象徴する長打重視の野球ではなく、80年代の黄金時代のような細かい野球を辻監督が目指していることがその采配からも見て取れた。

 

怪我の金子、森といったどちらかというと攻撃力よりの2選手が復帰した後に辻監督がどんな選手起用をするのかが見ものだ。

完成なるか勝利の方程式 牧田→シュリッター→増田

カード勝ち越しをかけた第三戦。 

西武は6回3失点のウルフ選手の後を7回牧田→8回シュリッター→9回増田の無失点リレーで逃げ切った。

 

牧田選手のWBC疲労、シュリッター投手の実力などまだまだ安心出来ない部分が多いが、これが今シーズンのライオンズの勝ちパターンとなるだろう。

そこに左右の武隈・大石、ロングも出来る小石、若い成長株左腕の野田投手というのがライオンズのリリーフ陣。

 

層、実績を見ると強力とまでは言えない陣容だが、悪くもない。

怪我さえなければ十分戦っていけるメンツが揃っているだけに、誰かが怪我して誰かの負担が大きくなって不調、故障となって欲しくない。

首脳陣には負け試合を作るくらいの管理をして、怪我と疲労蓄積を避けて欲しい。

 

※開幕からリリーフ陣は絶好調

www.shinumade.com

 

 

というのも今シーズンライオンズは先発陣に非常に不安が残る。

2016年ライオンズはリーグ最下位のQS率(先発投手が6回3失点以下に抑える確立。)45.5%。

ライオンズ除く他の5球団の平均が55.5%であることを考えるとその数字がいかに低いのかがわかる。

 

そこから岸投手が抜けてしまい、目立った補強や新戦力の台頭は今のところない。

ぴりっとしない十亀、多和田、高橋らの元ドラフト1位投手たちの奮起に期待したいところだが過度にはできない。

 

そのためリリーフ投手陣がかかる負担は他のチームよりも大きくなることが予想される。

 何度も言うが勝てる試合と捨てる試合をわけるくらいの采配をして一年間を乗り切って欲しい。

まとめ

まだまだ3試合。

カードを1周してみないとなんとも言えないが、ライオンズが悪くないスタートを切ったのは間違いない。

 

まずは5割。そこから一つでも貯金を加えられたら御の字くらいの気持ちで4月を乗り切って欲しい。 

 

※カード1週して見事貯金2に成功。

 

www.shinumade.com

 

それでは、さようなら!

www.shinumade.com

プロ野球を観るなら

プロ野球を観るなら月額980円からのスポナビライブ がおすすめです。

初回最大1ヶ月無料なのでぜひ登録してみてください!

見たいシーンだけ即再生、見逃し配信機能付きです。

 

詳しくはこちらのリンクからご確認ください!