死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

甲子園兵庫県大会決勝は神戸国際大付が明石商業を下し、3年ぶり2回目の夏!

おすすめ人気記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい クレヨンしんちゃんで描かれた友情
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

「初夏の水田初夏の水田」のフリー写真素材を拡大

第99回全国高校野球選手権大会朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の地方大会は28日、兵庫大会で決勝があり、神戸国際大付が明石商に4―0で勝ち、3年ぶり2回目の選手権代表を決めた。

目次

スタメン

明石商

打順 守備 名前 年 出身中学
1 遊 倉見育瑠 3年生 兵庫播磨リトルシニア
2 三 田渕翔 2年生 -
3 捕 山本健太朗 2年生 神戸美蹴館ロケッツ
4 左 右田治信 2年生 神戸市立須佐野中
5 二 藤本大誠 3年生 兵庫三木リトルシニア
6 右 竹内紘生 3年生 神戸美蹴館ロケッツ
7 中 後藤壮人 3年生 宝塚市立長尾中
8 捕 来田渉悟 3年生 明石ボーイズ
9 投 加田悠真 2年生 -

神戸国際大付

打順 守備 名前 年 出身中学・出身高校
1 二 後藤貴大 3年生 徳島阿南シティホープ
2 三 栗原凌稀 2年生 神戸中央リトルシニア
3 左 森田貴 3年生 -
4 捕 猪田和希 3年生 兵庫伊丹
5 一 片岡大和 3年生 草津リトルシニア 
6 中 谷口嘉紀 2年生 氷上ボーイズ 
7 右 大丸侑也 3年生 兵庫飾磨クラブ 
8 遊 田淵友二郎 3年生 -
9 投 岡野佑大 3年生 神戸中央リトルシニア

試合結果

高校名    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
明石商    0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
神戸国際大付 2 0 0 1 0 0 1 0 X 4

 

投手
明石商:加田
神戸国際大付:岡野

 

本塁打
明石商:
神戸国際大付:猪田

 

1回裏に神戸国際大付は4番猪田の2点本塁打で先制。

4回裏には田渕のスクイズで1点を追加。

7回裏には猪田がこの日3打点目となるタイムリーで1点をダメ押し。 

 

エース岡野が9回を無失点で抑える完封劇で、見事に試合を制した。

総評

明石商は3年連続の決勝。

過去2戦はいずれも悔しい涙を飲み、甲子園出場はなっていない。

対する神戸国際大学附属は2年連続で明石商業に夏の予選で敗れている。

 

両校共にもう負けられない一戦となった。

 

試合は神戸国際大学が序盤からリードを奪う展開。

7回までに5度の先頭打者を出すも、要所要所の好プレーでピンチを脱出した。

準決勝までのエラーはわずか3。

決勝では4エラーが出てしまったのが気になるところ。

甲子園では、一つのエラーが命取りになるので、引き締めて欲しいところ。

 

また、対する明石商業は狭間善徳監督曰く「過去3年で最も力がないチーム」。

6月の練習試合では2017年夏も甲子園出場を決めた、明徳義塾(高知)に0-10で敗戦。

そこから見事にチームを立直して、決勝までコマを進めた。

驚く程のスター選手がいるわけではないものの、総合力で勝ち上がった。

 

勢いだけでは3年連続で激戦区・兵庫県大会を決勝まで勝ち上がることはできない。

本当に自力が付いてきているのだろう。

来年も決勝まで勝ち上がって、悲願の甲子園出場を達成して欲しい。

明石商

加田悠真 (投手) 2年 背番号1

二年生エース左腕。

速球のスピードは120キロ台後半が中心。

スムーズな体重移動とサイド気味の投球フォームが特徴。

 

右打者のインコースへのクロスファイアを臆せず投げ込む度胸もある。

イニングを重ねても、球威が落ずに8回を投げ抜いた。

 

打撃でも大会通算打率が4割を超え、投打に非凡な才能を持つ。

神戸国際大付

猪田和希(捕手) 3年 背番号2

初回に先制となるツーラン本塁打を右中間スタンドに放り込んだ。

両翼100m、中堅122を誇る広い明石トーカロ球場もお構いなし。

大会通算4本塁打目を放った。

7回にはダメ押しのタイムリーを放つなど、勝負強さ、打球速度の速さなどで全国トップクラスの打力を見せつけた。

 

守備でも4、5回に無死一塁のランナーを牽制球、盗塁阻止でランナーを刺すなど強肩も光る。

 

全国レベルの投手、チーム相手にどこまでやれるのかが非常に楽しみな逸材。

田淵友二郎(遊撃手) 3年 背番号6

再三に渡って守備で好守を見せたショート。

三遊間の深いところからのジャンピングスロー、ダイビングキャッチなど、球際の強さが魅力。

 

攻撃面ではスクイズを決めて、チームに貴重な追加点をもたらした。

頼れる主将はチームに欠かせない存在。

甲子園で期待すること

2014年の初出場時は惜しくも1-2で聖望学園に敗れた。

目標はまず甲子園初勝利

 

エース・岡野、4番・猪田と投打の主軸がしっかりしているだけに、その可能性は非常に高い。

2017選抜ベスト4の報徳学園を倒しただけに実力は本物。

 

地元の聖地・甲子園での躍動に期待したい。

まとめ

2年連続で敗れた相手に雪辱を果たした神戸国際大付

そして3年連続で決勝に勝ち上がってきた明石商。

 

両校が強いからこそ3年連続の対戦となったとも言える。

来年以降も切磋琢磨して、兵庫県高校野球を盛り上げて欲しい。

 

それでは、さようなら!

高校野球関連記事

横浜高校野球部OBの現役プロ野球選手ベストナイン【2017年版】

【2017年版】大阪桐蔭高校野球部OBの現役プロ野球選手で打線を組んでみた 

広陵高校野球部OBの現役プロ野球選手で打線を組んでみた【2017年版】

【2017夏の甲子園】出場高校一覧と注目選手!優勝予想と展望も 
※↑↑各県予選決勝の観戦記事もあります。

対戦相手の勝ち上がりを知りたい方は是非ご覧になってください。