死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

【2017夏の甲子園】出場高校一覧と注目選手!優勝予想と展望も

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

「甲子園をめざして甲子園をめざして」のフリー写真素材を拡大

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。

 

このページでは、【2017夏の甲子園】出場高校一覧と注目選手を紹介します。

全国3,839校の頂点は果たしてどこになるのかも予想しています。

全試合を観ることは出来ませんでしたが、注目カードを中心に全国12校の決勝戦を観戦した私なりの優勝予想です。

目次

2017年夏の甲子園の日程と基本情報

※台風5号の影響で日程が後ろ倒しになっています。

  • 【正式大会名】第99回全国高校野球選手権大会
  • 【組み合わせ抽選会】2017年8月4日(金)16:00〜
  • 【開会式】2017年8月7日(月) 8日(火)9:00〜
  • 【開幕試合】2017年8月7日(月) 8日(火)
  • 【準々決勝】2017年8月18日(金) 20日(日)
  • 【準決勝】2017年8月20日(日) 22日(火)
  • 【決勝】2017年8月21日(月) 23日(水)
  • 【閉会式】2017年8月21日(月) 23日(水)
  • 【出場校数】 49

  • 【開催地】阪神甲子園球場
  • 【前年度優勝校】 作新学院

  • 【センバツ優勝校】 大阪桐蔭 

2017年夏の甲子園の組み合わせ

組み合わせ抽選会は2017年8月4日(金)16:00〜開始。
(場所:大阪市フェスティバルホール)

  

対戦相手、試合スケジュールが戦い方に大きな影響を与える。

激戦区で消耗した優勝候補があっさり敗れる波乱を引き起こすこともある。

 

抽選の結果と大会の試合結果は、決まり次第情報更新する。

※8/4追記  抽選結果は下記のページでまとめております。

注目カードや見どころについても記載しておりますので、興味があればご覧になってください。

2017年夏の甲子園の出場高校一覧

春夏連続出場は8校のみ。

選抜出場の32校中、24校が敗退。

ベスト8中、5校が予選敗退と波乱続きの予選となった。

 

※出場実績欄の☆は2017選抜出場チーム。

北海道地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
北北海道 滝川西 19年ぶり3回目 鈴木 愛斗(投手)
南北海道 北海 3年連続38回目 川村 友斗(一塁手)

東北地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
青森 青森山田 8年ぶり11回目 阿部健大(外野手)
岩手 盛岡大付 2年連続10回目☆ 植田 拓(中堅手)
秋田 明桜 8年ぶり9回目 山口 航輝(右翼兼投手)
山形 日大山形 4年ぶり17回目 舟生 大地(捕手)
宮城 仙台育英 2年ぶり26回目☆ 長谷川拓帆(投手)
福島 聖光学院 11年連続14回目 斎藤 郁也(投手)

関東地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
茨城 土浦日大 31年ぶり3回目 富田 卓(投手)
栃木 作新学院 7年連続13回目☆ 鈴木 萌斗(外野手)
群馬 前橋育英 2年連続3回目☆ 皆川 喬涼(投手)
埼玉 花咲徳栄 3年連続5回目 清水 達也(投手)
千葉 木更津総合 2年連続6回目 山下 輝(投手)
福島 聖光学院 11年連続14回目 斎藤 郁也(投手)
東東京 二松学舎大付 3年ぶり2回目 市川 睦(投手兼外野手)
西東京 東海大菅生 17年ぶり3回目 片山 昂星(一塁手)
神奈川 横浜 2年連続17回目 増田 珠(外野手)
山梨 山梨学院 2年連続7回目 栗尾 勇摩(投手)

北信越地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
新潟 日本文理 3年ぶり9回目 川村 啓真(外野手)
長野 松商学園 9年ぶり36回目 直江 大輔 (投手)
富山 高岡商 2年ぶり18回目 山田 龍聖(投手)
石川 日本航空石川 8年ぶり2回目 佐渡 裕次郎(投手)
福井 坂井 初出場 吉川 大翔(投手)

東海地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
静岡 藤枝明誠 初出場 久保田 蒼布(外野手)
愛知 中京大中京 2年ぶり28回目 鵜飼 航丞 (一塁手)
岐阜 大垣日大 3年ぶり4回目 修行 恵大(投手)
三重 津田学園 初出場 久保田 拓真(捕手)

近畿地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
滋賀 彦根東 4年ぶり2回目 増居 翔太(投手)
京都 京都成章 19年ぶり2回目 北山 亘基(投手)
大阪 大阪桐蔭 3年ぶり9回目☆ 藤原 恭大(外野手)
兵庫 神戸国際大付 3年ぶり2回目☆ 猪田 和希(捕手)
奈良 天理 2年ぶり28回目 太田 椋(遊撃手)
和歌山 智弁和歌山 2年ぶり22回目 平田 龍輝(投手)

中国地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
岡山 おかやま山陽 初出場 小松 章浩(投手)
広島 広陵 3年ぶり22回目 中村 奨成(捕手)
鳥取 米子松蔭 17年ぶり3回目 馬場畑 真優(遊撃手)
島根 開星 3年ぶり10回目 中村 優真(投手)
山口 下関国際 初出場 鶴田 克樹(一塁手兼投手)

四国地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
香川 三本松 24年ぶり3回目 佐藤 圭悟(投手)
徳島 鳴門渦潮 9年ぶり7回目 豊久 雄友(中堅手)
愛媛 済美 4年ぶり5回目 八塚 凌二(投手)
高知 明徳義塾 8年連続19回目☆ 西浦 颯大(右翼手兼投手)

九州・沖縄地区

地区 代表校 出場実績 注目選手
福岡 東筑 21年ぶり6回目 石田 旭昇(投手)
佐賀 早稲田佐賀 初出場 森田 直哉(投手)
長崎 波佐見 16年ぶり3回目 隅田知一郎(投手)
大分 明豊 2年ぶり6回目 杉園 大樹(一塁手)
熊本 秀岳館 2年連続3回目☆ 川端 健斗(投手)
宮崎 聖心ウルスラ 12年ぶり2回目 戸郷 翔征(投手)
鹿児島 神村学園 5年ぶり4回目 田中 怜央那(捕手)
沖縄 興南 2年ぶり11回目 宮城 大弥(投手) 

2017年夏の甲子園の優勝予想と展望

【大会予想】

優勝候補:大阪桐蔭

対抗:横浜、秀岳館

実力校:作新学院、神戸国際大附属、盛岡大付属

ダークホース:木更津総合、広陵、東海大菅生

優勝候補 

優勝候補は史上初の二度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭。

エース徳山を中心に、香川、柿木、根尾と投手の駒は豊富。

打線も恐怖の先頭打者藤原を中心にどこからでも長打が飛び出す強力打線を擁する。

 

激戦区大阪府大会の準決勝以降も、興国、履正社、大冠といったら難敵相手に序盤リードされながらも逆転勝ち。

主将で捕手の福井、エースの徳山が「暑くなればなるほど、試合の終盤になればなるほど自分たちは強くなる」の言葉通り、タフな精神面と体力面で格の違いを見せつけた。

 

一点の不安材料はエース徳山の状態。

大阪大会では序盤にビッグイニングを作られるなど、打ち込まれるケースも目立った。

また、西谷監督はエース徳山を準決勝、決勝と連続完投させた。

豊富な投手陣を揃えるが、本当に信頼できるのは徳山のみ。

エースの徳山の復調がないと、夏を勝ちきるのは難しい。

 

正直に言えば、春夏連覇を果たした2012年のチームの方が力は上だ。

藤原と同じ左の2年生1番打者・森友哉の打撃、高校生レベルでは対応不可能だった藤浪、澤田の2枚看板。

彼らのわきを固めた水本・田端・安井の強力クリーンアップ、大西・水谷の二遊間。

攻守にレベルの高い3年生の活躍も目立った。

 

その時と比べると今年の大阪桐蔭はチーム力で劣る。

他のチームにも十分付け入る隙はある。

 

対抗

その大阪桐蔭の対抗となり得るのは、3季連続で甲子園ベスト4の秀岳館、今年のドラフト1位候補・増田を中心としたタレント軍団の横浜。

 

秀岳館は2017年の選抜で、大阪桐蔭と対戦し、惜しくも2-1で敗れている。

実力的には大阪桐蔭に引けを取らない。

プロ注目左腕の川端、田丸の2枚看板は強力大阪桐蔭打線とはいえ、攻略は容易ではない。

 

そして、もう一つの対抗は横浜高校。

横浜高校は増田以外は2年生以下に逸材ぞろい。

神奈川大会で好調だった、長南、山崎、斉藤の2年生で構成された上位打線が、状態を維持出来れば、大会屈指の打線となる。

 

キーマンは4番増田の後を打つ5番万波。

神奈川大会通算打率は1割台。

決勝の東海大相模戦では、5打席連続三振と苦しんだ。

増田が警戒される中で、どこまで万波が復調出来るかが、鍵となる。

 

下級生にタレントが多いだけに、ノってくると怖い横浜高校。

大阪桐蔭、秀岳館ほど安定感はないものの、逆に言えば伸び代は非常に大きい。

板川、塩原、万波、及川らの左右の好投手を揃えるだけに、大会の主役になれるだけのポテンシャルは秘めている。

実力校

上記にあげた3校の強力打線を抑えきれそうな飛び抜けた好投手がいないのが、今年の甲子園。

プロ注目の150キロに迫る速球を投じる、ハマれば大きいタイプの投手は軒並み予選で敗退している。

 

その中で、3強に対抗しうる実力校をあげるとしたら、作新学院、神戸国際大附属、盛岡大付属の3校。

 

作新学院は2004、05年の駒大苫小牧(南北海道)以来、史上7校目となる夏の甲子園連覇を目指す。

秋の神宮大会、春の選抜にも出場するなど、安定したチーム力が光る。

2017春の選抜では、秀岳館に二回戦で惜しくも2-3で敗戦。

勝ち上がる力は十分にある、昨夏の覇者の挑戦に期待。

 

神戸国際大附属は2017年の選抜にも出場し、兵庫予選では2017選抜ベスト4の報徳学園を倒して、勝ち上がってきた。

エース岡野、捕手猪田、遊撃手田淵を中心にスキのない戦いぶりを見せる。

 

盛岡大付属は高校通算60本塁打の強打者・植田を中心とした強力打線が持ち味。

2016年の夏の甲子園はベスト16、2017の春の選抜はベスト8と安定して勝っており、経験も豊富。

ダークホース

ひょっとしたら台風の目になるのではと思わされるのが、木更津総合、広陵、東海大菅生の3校。

 

木更津総合の山下、広陵の平元の両左腕はプロ注目の好投手。

両者とも2017のドラフト会議でプロから指名が予想される。

彼らが好調であれば、大阪桐蔭、秀岳館、横浜らの強力打線とは言え、そうそう打てない。

 

優勝候補とまではいかないまでも、投手の状態いかんでは、上位進出も期待出来る。

木更津総合は峯村、広陵は中村とプロ注目の野手もおり、投手のワンマンチームではないのもポイントが高い。

 

そして、最後は東海大菅生。

神宮大会、春の選抜に出場した日大三高、早稲田実業を西東京大会で直接倒した実力は本物。

打の軸片山、奥村と強力早稲田実業打線を2失点に抑えた松本。

プロを狙える大型選手がいるわけではないが、投打にまとまっている。

 

3万人を超える大観衆が詰めかけた神宮球場でも、物怖じしなかった精神力も好材料。

今大会唯一の出場となった、東海大系列の意地に期待。

2017年夏の甲子園のプロ注目選手

出場チームからプロ注目選手を紹介する。

増田珠・横浜高校(外野手) 3年

「増田珠」の画像検索結果

引用:http://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/27266-other20170523001

 

今大会出場選手の中で、2017ドラフト会議で最も上位指名が濃厚な選手。

 

神奈川予選では、大田泰示(東海大相模)以来となる、大会通算5本塁打を記録。

4試合連続HRの神奈川新記録も作った。

 

準決勝戦の桐光学園では右と左に二打席連続本塁打を放った。

決勝戦では全5打席出塁、1本塁打、3打点、1盗塁と格の違いを見せつけた。

 

右方向にも本塁打を放つなど、逆方向の長打力が魅力の選手。

同じ右投げ右打ちで、リストが強い巨人・長野久義選手を彷彿とさせる。

 

横浜スタジアムの申し子と言われる男が、甲子園でも申し子になれるか。

この夏一番乗っている注目選手。

川端健斗・秀岳館 (投手) 3年

「川端健斗」の画像検索結果

引用:http://www.sankei.com/west/photos/170323/wst1703230065-p1.html

 

最速148キロを誇る左の本格派左腕。

コントロールが荒れ気味なのが課題だが、それが捉えどころのなさにもなっている。

決め球のスライダーとチェンジアップを含めて、高校レベルでは長打を打つのも難しい。

 

ハマった時の手の付けられなさは出場投手中、1、2を争う。

後ろに田浦が控えていることもあり、序盤から飛ばせるのも好材料。

田浦文丸・秀岳館 (投手) 3年

「田浦文丸」の画像検索結果

引用:田浦文丸プロフィール-スポーツナビ

 

同級生の川端と双璧をなす、秀岳館が誇る二枚看板のうちの一人。

 

川端よりも安定感は上で、制球力も安定している。

対戦するチームとしては対戦したくないタイプの投手。

 

熊本大会では主に抑えを任されたものの、2年生の時は先発も務めていた。

川端同様ストレートの最速は148キロ、チェンジアップも思い切り腕を振って投げてくるため、高校生レベルではなかなか見極められない。

 

川端が先発してくれるので、田浦は短いイニングを全力で投げられる。

2枚看板がお互いを支えるからこそ、最高のパフォーマンスを出せる。

山下輝・木更津総合(投手) 3年

「山下輝 投手」の画像検索結果

引用:木更津総合が連覇に王手!エース・山下14K完投/野球/デイリースポーツ online

 

大会屈指の大型左腕。

187㎝の長身から投じる速球はMAX146キロ。

スライダーのキレもよく、スプリット気味のフォークをカウント球としも、ウイニングショットとしても使える。

 

私が予選で観た左腕の中では、最も実力が上だと感じた。

プロ志望届を提出すれば、3位に入ってもおかしくない実力。

 

決勝の習志野戦では、連投の疲れと自打球の影響で本来の力を発揮できなかったが、それでも9回3失点で完投。

体調万全で臨めば、全国の強力打線でも打ち崩すのは困難。

 

2016年の夏の甲子園でベスト8に進出したチームにあって、2年生ながら5番ファーストを任されるほどの打撃センスも持ち合わせる。

平元銀次郎・広陵(投手) 3年

「平元銀次郎」の画像検索結果

引用:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2017_hs_pitcher/hiramoto_ginjiro

 

MAX145キロのストレートが武器のサウスポー。

腕の出どころはサイド気味。

 

速球のキレという面では、川端、田浦、山下らのライバル左腕を上回る。

ただ、その分身体の状態が悪い時は素直な球筋のため、打ち返されやすい。

 

まだまだ線が細いので、体力的な面に課題を残すが、持ってるものは一級品。

プロ志望届を出せば、少なくとも下位指名があってもおかしくない選手。

中村奨成・広陵(投手) 3年

「中村奨成」の画像検索結果

引用:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2017_hs_catcher/nakamura_syosei

 

右打ちの強打の捕手。

 

二塁への送球タイムは最速1秒75。

遠投120m、 50m6秒0、通算38本塁打と3拍子揃った捕手。

強豪・広陵高校で1年夏に正捕手の座を掴んだ逸材。

 

打力なら同校の先輩・小林誠司(現巨人)を上回る素質を持つ、世代屈指の捕手。

根尾昂・大阪桐蔭(外野手兼遊撃手兼投手) 2年

「根尾昂 スポーツナビ」の画像検索結果

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1797439.html

 

投げてはMAX148キロ、守ってはショートで華麗な守備、打っては左打席からの鋭いスイング。

長い高校野球の歴史の中でも、ここまでマルチな才能を持った選手は稀。

2017選抜の胴上げ投手にも輝いたいわゆる持ってる選手。

 

大阪大会では背番号10を背負って、主に6番ライトとして活躍した。

 

まだその素質を全て発揮しているとは言い難く発展途上の選手。

清宮不在の中、最もメディアから関心を寄せられることが予想される選手。

春夏連覇の重責と合わせて、根尾の真価が問われる大会になる。

藤原恭大・大阪桐蔭(外野手) 2年

「藤原恭大 スポーツナビ」の画像検索結果

引用:http://www.sankei.com/west/news/170401/wst1704010092-n1.html

 

逸材揃いの大阪桐蔭にあって、野手としての素質はナンバーワン。

世代を代表する俊足好打の左の外野手。

 

2017選抜では、史上二人目の決勝での先頭打者本塁打を含む、2本塁打で鮮烈な印象を残した。

ただ、準決勝までは2安打と本来の力を出し切ったとは言い難い。

甲子園の借りは甲子園で返す。

 

今大会は左腕の好投手が多いだけに、実力を試すには絶好の機会。

まだまだ底が見えない天才打者のバットに注目が集まる。

鈴木 裕太・日本文理(投手) 2年

「鈴木 裕太 スポーツナビ」の画像検索結果

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1858742.html

 

最速148キロのストレートが持ち味の速球派。

完成度や安定感はまだまだだが、ハマっと時は手がつけられない。

 

183cm、体重82kgの大型右腕。

上体の力を頼った豪快のフォームから、力強いボールを放るまさに剛腕。

 

3年生のエース・稲垣豪人中心の投手陣だが、全国トップクラスの打線を抑えられるポテンシャルを秘めているのは鈴木。

荒削りな右腕の出来が日本文理の命運を握っている。

万波中正・横浜高校(外野手兼投手) 2年

「万波中正 スポーツナビ」の画像検索結果

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1633451.html

 

コンゴ人の父と日本人の母のハーフ。

身長190センチの大型選手。

 

投げては145キロ、打っては推定飛距離135m弾を放つなど、まさに規格外のパワーを持つ。

素材としてはミレニアム世代最高の逸材。

神奈川大会では主に5番ライトを任された。

 

ただ、現在は投打に伸び悩みを見せており、その素質を十分に活かしきれていない。

甲子園は選手を成長させる場所とも言われる。

眠っている潜在能力が一気に開花することに期待したい。

及川雅貴・横浜高校(投手) 1年

「及川雅貴 スポーツナビ」の画像検索結果

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1856096.html

 

注目度だけなら、既に世代最高の選手。

 

既にストレートの最速は143キロ。

身長も181センチあり、将来が楽しみな大型左腕。

 

神奈川大会の開幕投手を任され、4回1安打無失点。

圧巻は準決勝の桐光学園戦。

6-5と追い上げられた、4回裏から登板し、2イニング無失点。

大舞台で、強敵相手にも通用することを証明した。

 

板川、塩原、万波らの上級生投手がいるため、登板機会はそう多くないだろう。

ただ、他のチームなら3年生を押しのけてエースを任されてもおかしくない投手。

スーパー1年生登場として、一気に注目を集める可能性もある。

宮城 大弥・興南高校(投手) 1年

「宮城 大弥 スポーツナビ」の画像検索結果

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1856536.html

 

及川と並ぶ注目の1年生左腕。

 

沖縄大会決勝では、先発を任されて13奪三振で1失点完投。

実績とチーム内の立場なら及川を上回っている。

 

身長172センチながらも、ストレートの最速は142キロ。

プチトルネード投法も注目ポイントの一つ。

スーパー1年生が、文字通り甲子園に”旋風”を巻き起こすかもしれない。

チケット情報

甲子園のチケットは大きく分けて当日券と前売券があります。 

人気のカードや準々決勝以降のカードを入手するのはなかなか困難です。

 

どうしても観に行きたい試合がある、当日券を購入するために朝から並べないという方は、チケットキャンプでも探してみてください。

 

特に注目カードが目白押しの大会4日目、8月10日(木)のチケットはプレミア級。

お早めにチケットを購入することをおすすめします。

定価以下多数のチケットキャンプ

大会情報と高校野球ファン向け雑誌

予選観戦記事一覧

甲子園長崎大会決勝は波佐見高校が延長の末に清峰高校を下し、16年ぶりの夏! 

甲子園熊本大会決勝は秀岳館が九州学院を下し、2年連続3回目の夏!

甲子園岩手大会決勝は盛岡大付属が久慈高校を下し、2年連続10回目の夏!

甲子園千葉大会決勝は木更津総合が習志野を下し、2年連続6回目の夏!

広陵高校が広島商業に並ぶ3年ぶり22回目の夏! 広島新庄は3連覇ならず...

日本文理と大井監督の夏は終わらない!中越高校は3連覇ならず... 

甲子園埼玉大会決勝は花咲徳栄高校が浦和学院を下し、3連覇達成! 

甲子園青森大会決勝は青森山田が8年ぶり11回目の夏! 八戸学院光星は連覇ならず... 

甲子園兵庫県大会決勝は神戸国際大付が明石商業を下し、3年ぶり2回目の夏! 

甲子園神奈川県大会決勝は横浜高校が東海大相模を下し、2年連続17回目の夏! 

甲子園大阪大会決勝は大阪桐蔭が大冠を下し、3年ぶり9回目の夏! 

東海大菅生が17年ぶりの甲子園!早稲田実業・清宮幸太郎は本塁打0で夏終わる! 

早稲田実業・清宮幸太郎が高校通算本塁打最多記録タイの107号で決勝進出! 

甲子園宮城大会決勝は仙台育英が東北を下し、2年ぶりの夏!全49校出揃う!

2017熱闘甲子園情報

  • 放送期間:8月7日(月)~8月21(月) ※休養日、全試合中止の時は休止
  • 放送時間:月~金、日→PM23:10~PM23:40~ 土→PM23:05~PM23:35
  • キャスター:古田敦也(野球解説者)ヒロド歩美(ABCアナウンサー)
  • テーマソング:高橋優 虹
  • 公式ホームページ:熱闘甲子園|朝日放送
虹

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

試合結果予想記事一覧

【2017夏の甲子園・ベスト8】準々決勝の勝敗予想とベスト4速報!

【2017夏の甲子園・ベスト4】準決勝の勝敗予想と結果速報!

【2017夏の甲子園】決勝の勝敗予想と結果速報!

まとめ

最大の注目であった早稲田実業・清宮幸太郎、その並んで注目を集めた西の大砲・履正社・安田尚憲が揃って予選敗退。

2016年のBIG3のような大型投手もおらず、例年と比べて小粒な印象が目立つ。

 

ただ、2013、2016年の甲子園優勝投手で、その年のドラフト会議で1位指名された前橋育英・高橋光成、作新学院・今井達也投手のような存在が出てくるのも高校野球の魅力。

予想もしなかった、夏のヒーローの登場にも期待したい。

 

※読者の皆様へ

なお、大会期間中も試合結果や雑感を記事にする予定です。

もし「こんな記事を書いて欲しい、読んでみたい!」などのご要望がありましたら、TwitterのDMや、お問い合わせフォームからご連絡を頂けると幸いです。

 

【お問い合わせ先】

・Twitter(@jubenonz

・メールお問い合わせはこちら


それでは、さようなら!

ぼくらの甲子園!ポケット 高校野球ゲーム
ぼくらの甲子園!ポケット 高校野球ゲーム
開発元:KAYAC Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

関連記事

西武ライオンズの2017ドラフト指名予想と2018年の編成【野手編】

【ドラフト会議2017】甲子園出場高校生のプロ注目候補の評価一覧

おすすめ野球アプリランキング ゲーム/試合速報/動画【iPhone・Android】