死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

【WBSCプレミア12 2019】出場国一覧と日程、組み合わせ!注目選手、優勝予想と展望、見所も【随時更新】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.【レビュー】Amazon Echo Dotの感想、できること、使い方、おすすめポイント【セールで安い】
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ
スポンサーリンク

世界12強熱身賽 Premier 12 Warm-up Game

このページでは、東京五輪予選を兼ねた、WBSCプレミア12 2019の大会情報をまとめております。

※1 2019年2月14日時点の情報です。

※2 情報が更新され次第、随時更新します。

スポンサーリンク

WBSCプレミア12 2019の日程と基本情報

  • 【正式大会名】プレミア12 2019
  • 【主催】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)
  • 【開幕試合】2019年11月2日(土) 
  • 【オープニングラウンド(一次リーグ)】2019年11月2日(土) ~2019年11月8日(金) 
  • 【スーパーラウンド(二次リーグ)】2019年11月11日(月)~2019年11月16日(土)
  • 【3位決定戦】2019年11月17日(日)
  • 【決勝】2019年11月17日(日)
  • 【出場国数】 12ヵ国
  • 【開催地】日本(東京ドーム、ZOZOマリンスタジアム)、韓国、メキシコ
  • 【前回大会優勝国】 韓国
  • 【2017年WBC優勝国】アメリカ

※開催地、球場はラウンドによって異なります。

開催地と球場

  • オープニングラウンド(一次リーグ):台湾・台中、韓国、メキシコ
  • スーパーラウンド(二次リーグ):ZOZOマリンスタジアム
  • 決勝、三位決定戦:東京ドーム

※オープニングラウンドの開催都市や球場は後日発表されます。

【WBSCプレミア12 2019】大会方式

WBSCプレミア12 2019は、まず12チームが3つのグループに分かれて戦う、オープニングラウンドから開幕。1つのグループは4ヵ国が振り分けられます。各リーグの上位2チームがスーパーラウンド(二次リーグ)に進出。下位2チームの敗者復活戦はありません。

スーパーラウンド(二次リーグ)では、6チームによる総当たり戦(各チーム5試合)が行われます。上位2チームが決勝戦に進出し、3、4位チームが3位決定戦に進出。準決勝はありません。

 

試合数をまとめると以下の通り。

【WBSCプレミア12 2019の試合数】

ラウンド 試合数 期間
オープニングラウンド 3 11月2日(土) ~8日(金)
スーパーラウンド 5 11月11日(月)~16日(土)
決勝or3位決定戦 1 11月17日(日)
合計 9 11月2日(土)~17日(日)

 

連戦もありながら、16日の間に最大9試合を戦う、なかなかハードな戦いです。

スポンサーリンク

【WBSCプレミア12 2019】の出場12ヵ国一覧

グループリーグ 国名 招待順位 前回大会 2017WBC
A アメリカ  2位  準優勝  優勝 
A メキシコ  6位  3位  予選敗退 
A オランダ  8位  ベスト8  ベスト4 
A ドミニカ共和国 12位  OPG敗退  ベスト8 
B 日本 1位 3位  ベスト4 
B チャイニーズ・タイペイ 4位 OPG敗退  ベスト8 
B ベネズエラ 9位 OPG敗退 ベスト8 
B プエルトリコ 11位 ベスト8  準優勝 
C 韓国  3位  優勝  ベスト12 
C キューバ 5位  ベスト8  ベスト8 
C オーストラリア 7位  出場せず  ベスト12 
C カナダ 10位  ベスト8  ベスト8 
スポンサーリンク

【WBSCプレミア12 2019】の出場国のメンバー一覧

※各国のメンバーが発表され次第、随時更新します。

アメリカ

メキシコ

オランダ

ドミニカ共和国

韓国

日本

チャイニーズ・タイペイ

ベネズエラ

プエルトリコ

キューバ

オーストラリア

カナダ

WBSCプレミア12 2019の組み合わせ

組み合わせは2月14日(木)に発表されました。

 

開催都市、球場や試合開始時間は発表されておりません。発表され次第、詳細な日程を更新します。

WBSCプレミア12 2019の見所

東京五輪出場権2枠をかけた戦い

WBSCプレミア12 2019の最大の見所は、この大会が東京五輪2020の出場権をかけた戦いであることです。

最終順位の中から、アジア/オセアニア大陸の上位国1チーム(すでに出場権のある日本を除く)とアメリカ大陸の上位国1チームの、合計2チームが出場権を獲得します。

 

東京五輪2020の野球競技の出場枠はわずか6。

開催国の日本は出場を決めているので、実質5枠しか残っていません。

東京五輪2020で日本と金メダルをかけて戦うチームはどこになるのか。

 

アメリカ大陸組では、世界屈指の強豪国アメリカ、ドミニカ、キューバ、プエルトリコらが。

アジア/オセアニア大陸では日本を過去に何度も苦しめてきた、韓国、オーストラリア、チャイニーズ・タイペイらの争い。

 

仮に【WBSCプレミア12 2019】で出場権を逃した場合、残り3枠はアフリカ/欧州予選で1枠、アメリカ予選で1枠、最終予選で最後の1枠をかけた争いが行われます。

アメリカ大陸組は、アメリカ予選にまわるとかなりキツくなるので、ある程度本気でこの大会に臨む可能性が高いです。

 

東京五輪の際に日本と金メダルをかけて戦う国はどこになるのか、非常に注目の戦いとなります。

3大会連続国際大会で優勝を逃す日本の悲願

2006、2009年にWBC連覇を果たした日本。

しかし、その後は2013WBC、2015プレミアム12、2017WBCと、主要な国際大会で優勝を逃している日本。

WBSCプレミア12 2019の後に控えるのは、金メダル獲得が至上命題の東京五輪2020。

近年の日本は積極的に親善試合を開催し、侍ジャパンの強化につとめていますが、やはり本当に力を高められるのは公式戦の国際大会。

東京五輪への景気づけにも、チーム力の向上のためにも、かなり重要な大会。

 

東京五輪まで1年を切った2019年11月に開催される大会なので、テスト色を薄めて、本番を想定したメンバーで臨むことが予想されます。

東京五輪をどんなメンバー、野球で挑むのかが見えてくる大会ですし、当落線上の選手は必死にアピールすること必至。

シーズンオフの難しい時期ではありますが、侍ジャパンのメンバーはかなり本気の可能性が高いので、日本の野球ファンにとってたまらない大会になるでしょう。

大物メジャーリーガーや、NPBの外国人助っ人との対決

国際大会の魅力として、普段NPBで対戦のない選手との対戦が挙げられます。

現時点では参加選手は未定ですが、キューバのデスパイネや、オランダのバレンティンなど、2017WBCでは、NPBの助っ人選手との対戦も話題になりました。

ロッテレアード選手のメキシコや、日本ハム王のチャイニーズ・タイペイも参加しますので、NPB選手同士の対決に注目。

 

また、今大会は東京五輪予選も兼ねる大会なので、各国のメジャーリーガーが出場する可能性も前回大会よりは高いです。

普段見られないNPBの選手VS他国リーグの大物選手のぶつかり合い。

試合の勝敗ももちろん楽しみですが、個と個の戦いにも注目です。

スポンサーリンク

WBSCプレミア12 2019の優勝予想と展望

【大会予想】

  • 優勝候補:日本
  • 対抗:アメリカ、ドミニカ、プエルトリコ
  • 実力国:オランダ、キューバ、メキシコ
  • ダークホース:メキシコ、韓国、オーストラリア

優勝候補:

対抗:

実力国:

ダークホース

WBSCプレミア12 2019の注目選手(日本人以外)

投手

捕手

内野手

外野手

チケット情報

大会情報雑誌

試合結果予想記事一覧

まとめ

なんだかんだ毎回盛り上がり、熱くなる野球の国際大会。

WBSCプレミア12はまだまだ未成熟の大会ですが、徐々に大きな大会に育ってくれることに期待です。

スポンサーリンク

野球関連記事

速報【2018春の選抜甲子園】出場高校一覧と注目選手!優勝予想と展望も

プロ野球2019年の球団別注目ポイント&期待の選手まとめ【YouTube動画付き】

歴代WBC日本代表侍ジャパンメンバー一覧と思い出【2006、2009、2013、2017】

スポンサーリンク
関連記事