死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

参考動画付きYouTubeプレミア公開の機能とメリットまとめ【投げ銭、Super Chat】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.【レビュー】Amazon Echo Dotの感想、できること、使い方、おすすめポイント【セールで安い】
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

ã赤ããã³ã§ãã¼ã¯ããã­ã³ã°ãã¢ã®ç¾å¥³èµ¤ããã³ã§ãã¼ã¯ããã­ã³ã°ãã¢ã®ç¾å¥³ãï¼»ã¢ãã«ï¼ã¢ãã«ãã¡ã¯ããªã¼ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

2018年10月18日、弊YouTubeチャンネルでプレミア公開機能を利用出来るようになりました。 

 

YouTube プレミア機能

 

元々は2018年の6月に発表された新機能らしく、発表時点では一部の大手チャンネルのみ利用可。

徐々に対象範囲を拡大予定とのことでした。

 「プレミア」では動画の公開予定日時を告知し、公開に合わせて集客することができます。クリエイターがアップロード前の動画でプレミア機能の設定をすると自動的に動画のランディングページが生成、そのページをSNSなどで告知することで事前集客ができるというもの。

 またプレミアページにはスーパーチャットの設置が可能。スーパーチャットはいわゆる投げ銭機能が付いたチャット。今まではライブストリーミングで利用できていましたが同じくプレミアでも利用可能となります。

 現時点では一部のクリエイターに公開されている機能ですが、今年後半に10,000以上の登録者を持つ優秀なクリエイターに提供されるとのことです。

引用:YouTubeが公開前動画の予告を出したり、ユーザーとのやり取りができる「Super Chat」を使える新機能「プレミア」を発表 | 面白いアプリ・iPhone最新情報ならmeeti【ミートアイ】

 

私のYouTubeチャンネルは、2018年10月18日16時30分時点でチャンネル登録者数2,401。

f:id:jubenonz:20181018162735p:plain

 

YouTube公式チャンネルによると、まもなく提供範囲が拡大される予定とのことなので、提供範囲はかなり広がっていそうです。

YouTube Premieres は、映画やテレビ番組のプレミア上映のように、クリエイターと視聴者が新作動画を同時に見て楽しめるようにする機能です。プレミア公開を選択すると、動画のアップロードをスケジュール設定して、共有可能な動画再生ページへのアクセスを増やすことができます。

利用資格: 現在は少数のクリエイターにのみ公開していますが、まもなく提供範囲が拡大される予定です。

引用:YouTube Premieres - YouTube ヘルプ

※ちなみにメールなどで特に連絡が来るわけではなく、ある日突然YouTubeのクリエイターツールを開いたら利用出来るようになっていました。

 

やや前置きが長くなりましたが、ここからはYouTubeプレミア公開機能で出来ることとをお話します。

YouTubeクリエイター向けの記事です。

スポンサーリンク

YouTubeでプレミア公開機能で出来ること

詳しくは下記の動画を見て頂けると、約3分で内容理解できます(笑)

※私のチャンネルの動画ではありません。


【YouTubeの新機能】プレミア公開って何?

 

動画を見れない方向けに、文字でもまとめておりますので、活字でさらっと理解したい方は下記をご覧ください。

編集動画をリスナーさんとリアルタイムチャットしながら見れる

基本的にYouTubeにアップされる動画は、編集した動画かLIVE配信動画の二つ。

編集された動画は内容が短時間にギュッと凝縮されていますが、配信者やリスナーさんとの触れ合いはコメント欄くらい。

逆にLIVE配信はリアルタイムで色んな人と絡める分、未編集の動画なため動画の内容自体は間延びする傾向にあります。

 

その点、プレミア公開機能を使えば、あらかじめ編集した動画を見ながらみんなでワイワイスパチャを楽しめるため、編集動画とLIVE配信の良いとこ取りが出来るのです。

※下記の動画はプレミア公開機能を利用されています。


新機能YouTubeプレミアの衝撃とアマゾンスーパー #580 #4k #α7iii

 

なお、プレミア公開後も動画はいつでも視聴可能で、チャットのリプレイ表示も可能です。

公開時間には駆けつけられなくても、どんな会話がされていたのかを、後で確認することができます。

スーパーチャット(投げ銭)機能も利用出来る

LIVE配信同様、スーパーチャット(投げ銭)機能も利用可能。

動画が面白かったり、クリエイターを応援したいと思えば、スパチャを利用してコメントを残せます。 

 

ちなみに、チャット欄に配信者がコメントすることも可能。

LIVE配信だと、ゲームしたり、企画を説明したりしながらなので、なかなか全てのチャットに返信出来ません。

その点、プレミア公開機能だと、配信者はチャットに専念出来るので、リスナーとの交流もしやすいです。

頭の良い配信者ともなると、先の展開をワクワクさせるチャットを投稿出来るので、動画の魅力を更に引き出すことも可能。

公開予定日時を告知することで、リアルタイムユーザーを増やせる

通常のライブストリーミング同様、事前に公開時間とサムネイル、動画タイトルを告知することが可能。

編集した動画を公開する場合は、いつ動画が公開されるのかを知ることは出来ません。

もちろん投稿時間を決めているチャンネルもありますし、twitterで告知されている配信者さんもいます。

ただ、中には把握していないリスナーさんもいるでしょう。

 

その点、プレミア公開機能を使えば、YouTube上で全てのリスナーが公開される動画について確認出来るので、ユーザーの利便性は高まります。

配信者側にとっても、公開前から人を集められるので、初動の視聴者数が増加し、視聴者維持率も高まるため、動画自体の評価が高まりやすいメリットが生まれます。 

 

視聴中は動画を早送り出来ないので、最後まで飛ばさずに見てもらえるのも特徴です(離脱されなければ)。

プレミア公開の開始時:

プレミア公開の最初の 2 分間はカウントダウンが表示されます。カウントダウンが終わると、視聴者がリアルタイムで動画を同時に視聴できます。
視聴中は動画を早送りできませんが、巻き戻すことはできます。
同時に見ている視聴者の数が表示されます。
コメントやチャット、または Super Chat(有効な場合)で視聴者と交流できます。

引用:YouTube Premieres - YouTube ヘルプ


【使ってわかった】プレミア動画のメリットデメリット

スポンサーリンク

YouTubeプレミア公開機能を使う上で危惧すること

確かにメリットは多そうなのですが、使いこなせるチャンネルは少なそうな印象です。

少なくとも、下記の条件を満たしてないと、なかなかうまくメリットを活かせないかなと。

  • 初動で人が集まるチャンネル
  • 事前告知が上手い
  • コメ返しスキルが高い

 

どれくらいの長さの動画をプレミア公開するかですが、仮に5~10分の動画を19時に投稿したとして、19時~19時10分の間に視聴者さんが集まらなければ意味がありません。

私の動画の場合は、投稿後1時間で100人に見られれば良い方なので、投稿後即視聴という人はほとんどいません。

なので、投稿した瞬間に人が集まる集客力、動画やSNSで告知して人を集める力がないと、なかなかプレミア公開の旨みを活かせません。

かといって、30分~1時間くらいの動画をあげてしまうと、せっかくの編集動画の良さが活かせなそうです。

LIVEでもない、編集動画でもない、プレミア公開動画ならではの良さを活かした動画を作らないと、私のような弱小チャンネルではあまり有効活用できない気がします。

 

それと、肉声でコメ返すするのとチャット欄に文字でコメ返しするのとでは、微妙に求められるのが違います。

抑揚をつけたり、長尺で説明出来ないので、チャット欄を利用したコメ返し力も必要なのかなと。

※プレミア公開は配信者が必ずチャット欄を見ている必要はありません。

まとめ

  • 編集動画をチャットしながら見られる
  • スパチャで配信者を支援出来る
  • 動画の再生回数や視聴者維持率を高められる
  • リアルタイムで見たくなる動画作りも大切

 

それぞれのYouTubeチャンネルの投稿動画の内容やスタイルによって、プレミア公開が合う合わないはあるでしょう。

ぱっと見た感じだと、新企画の発表や告知、企画の最終回などの動画と相性が良さそうです。

「新企画スタートします!!」と銘打って、公開前にチャットでリスナー同士が予想し合ったり、「遂に最終回!意外な結末が待っていた...」ってな感じでワクワクさせたり。

 配信者としても、編集とコメ返しに専念出来て、動画評価(視聴者維持率など)も高まりやすくなるので、 かなりメリットは多そうです。

 

ただ、初動が元々そう多くないチャンネルにとってはあまりメリットは多くないのかなと思います。

「みんなで一緒に時間を共有したい」と思わせる企画やコミュニティ作りが出来ているるチャンネル向きの機能という印象です。

 

YouTube関連記事

【レビュー】PS4録画用のキャプチャボード『MonsterX U3.0R SKNET』【アマレコ、設定、使い方】

YouTube動画投稿初心者におすすめのファン獲得・コミュニティ運営術を学べる本3選

【2018年4月更新】2018年2月20日からYouTubeの収益化条件が変更!内容と今度の動向を予想!

スポンサーリンク
関連記事