死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

千葉ロッテマリーンズの2018年ドラフト指名予想と2019年の編成【野手編】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.【レビュー】Amazon Echo Dotの感想、できること、使い方、おすすめポイント【セールで安い】
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

seagull

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。

 

本日は、千葉ロッテマリーンズの2018年ドラフト指名予想と2019年の野手編成についてお話します。

12球団の編成を分析するシリーズの第八弾。

今回は井口改革が少しずつ進みつつある・千葉ロッテ編です。 

 

千葉ロッテマリーンズの方、アマチュア野球ファン、ドラフト好きの方向けの記事です。

※本記事のデータや数字は、2018/8/24時点のものです。

スポンサーリンク

2018年の千葉ロッテマリーンズの野手一覧

捕手

選手名 投打 年齢 2018年の契約

田村龍弘

右右 24
吉田裕太 右右 27

金澤岳

右左 34
宗接唯人 右右 24
江村直也 右右 26
柿沼友哉 右右 25

内野手

選手名 投打 年齢 2018年の契約
根元俊一 右左 35

藤岡裕大

右左 25

安田尚憲

右左 19
鈴木大地 右左 29
中村奨吾 右右 26

福浦和也

左左 42
平沢大河 右左 20
三木亮 右右 26
ドミンゲス 右右 28
井上晴哉 右右 28

香月一也

右左 22
細谷圭 右右 30

李杜軒

右右 30
大木貴将 右左 26

外野手

選手名 投打 年齢 2018年の契約

荻野貴司

右右 31
清田育宏 右右 32

角中勝也

右左 31 △FAの可能性あり

加藤翔平

右両 27
菅野剛士 右左 25
伊志嶺翔大 右右 29
岡大海 右右 27

三家和真

右両 25
肘井竜蔵 右左 22

※和田康士朗選手は育成枠。

スポンサーリンク

2018年千葉ロッテマリーンズの野手状況とオーダー

打順 ポジション 名前

1  中     荻野(岡)

2  遊     藤岡

3  二     中村

4  一     井上

5  指     角中(安田、福浦)

6  三     鈴木(ドミンゲス)

7  左     根元(菅野、伊志嶺、細谷)

8  捕     田村

9  右     平沢(清田、加藤) 

 

7月中旬に荻野の離脱はあったものの、1~4番&センターラインは固定できたロッテ。 

選手層と下位打線の厚みに課題はあるものの、主力は20代と働き盛りの選手が多いため、2019年以降にも期待が持てる。

 

1試合平均得点がAクラスの3チームと大きな差があるため、得点力の増加が2019年の優勝には必要不可欠。

【パリーグのチーム得点数ランキング】

  1. 埼玉西武:612(110試合)
  2. ソフトバンク:498(107試合)
  3. 日本ハム:482(111試合)
  4. ロッテ:417(108試合)
  5. オリックス:417(113試合)
  6. 楽天:398(111試合)

 

パリーグポジション別攻撃力を見ると、内野手は高い攻撃力があるものの、外野手と指名打者は大きな課題。

外野手は攻撃力があってなんぼのポジションなので、大いに改善する必要がある。。

 

チーム別野手WARでは、12球団全体で7位、パリーグでは4位。

 

オフの課題は角中の慰留と、外野手の補強。

チームで数少ない打力に期待できる外野手だけに、角中は何としてでも引き止めたい。

 

あとは2018年は監督方針で積極的に獲得・起用しなかった外国人選手をどうするか。

 

2018年は育成重視で日本人中心に起用したが、手っ取り早く攻撃力を高めるには外国人選手の存在は重要。

球団買収の話が噂されるなど、フロントの本気度は不透明だが、出来れば外野と指名打者候補の外国人選手を獲得したい。

 

なお、2018年の戦力外・退団候補は下記の通り。

【2018年オフの戦力外・退団候補】

  • 金澤岳
  • 福浦和也
  • マット・ドミンゲス
  • 高濱卓也
  • 岡田幸文
  • 肘井竜蔵

 

ドミンゲスは93打席でOPS.757と潜在能力は高そうだけに、残留させたいが、現状の起用方針を見るに微妙だろう。

外野手の高齢化が目立つだけに、多少入れ替えはあるかもしれない。

【まとめ】

  • 上位打線とセンターラインは中堅選手で固定できた
  • 外野手と指名打者の打力は大きな弱点
  • 角中の去就と、フロント及び首脳陣の意向がチームの行方を左右する
スポンサーリンク

2019年の千葉ロッテマリーンズのポジション別編成予想

2019年の千葉ロッテの編成について、「1ポジション4人制」で考察。

「1ポジション4人制」の見方は、下記を参照。

各ポジションをレギュラー、対抗、バックアップ、育成の4つの枠に分けてポジションごとの充実度を分析。

パ・リーグの場合は指名打者があるため、重複する選手もいるがあくまで1ポジション4人ずつとする。

 

充実度が低いポジション=補強ポイントになる。

 

【ポジション充実度判定】

充実度A:補強の優先度低
充実度B:補強の優先度中
充実度C:補強の優先度高
 

一応現有戦力を全員当てはめてみたが、青字の選手は戦力外候補。

従って、そのポジションにドラフトもしくは外国人を補強する可能性がある。

引用:西武ライオンズの2017ドラフト指名予想と2018年の編成【野手編】 

※今回はFA移籍の可能性がある選手も、青字にしております。

捕手 充実度B

レギュラー :田村  (25)
対抗    :江村  (27)
バックアップ:吉田  (28)、金澤(35)
育成    :宗接  (25)、柿沼(26)
 

ここまで108試合全てに出場している田村が不動の正捕手。

総合指標War2.1は、パリーグ全体16位、捕手では西武・森に次ぐ2位。

まだ年齢的に若いことを考えれば、むこう10年間は正捕手を任せられる。

 

問題は田村が負傷した時のバックアップ。

正直かなり力量が劣る面々しかいないため、捕手の登録人数的にももう1枚バックアップを加えておきたい。

一塁手 充実度A

レギュラー :井上   (30)
対抗    :安田   (19)
バックアップ:(根本) (36)、 (細谷)(31)
育成    :

 

チーム内で相対的に見ると、比較的充実したポジション。

4番に定着した井上のWar3.0は、パリーグ全体13位、一塁手では西武・山川に次ぐ2位。

まだ通年して働いたことがないため、2019年以降も同等の成績を残せるかは不安だが、守備範囲も広いため、レギュラー筆頭候補。

 

井上級のバックアップはいないものの、平沢、根元、細谷が一応控える。

井上が一軍定着したことで、二軍に大砲候補がすくなくなったため、出来ればドラフト下位で1人は獲得したい。

安田が2019年は1軍に活躍の舞台を移すであろうことを考えるとなおさらだ。

二塁手 充実度A

レギュラー :中村   (27)
対抗    :(三木) (27)
バックアップ:大木   (27)
育成    :(香月) (23)

 

充実度はBよりのA。

2018年から二塁再転向となった中村がレギュラーに定着。

安定して3割前後の打率を残し、守備範囲も一定のものはもつため、2019年以降もレギュラー候補。

 

IsoDが1割近くあることを考えても、監督同様に安定した成績を残すタイプと予想する。

 

懸念点はバックアップメンバーが不足していること。

中村級の打力がないことを仕方ないにしても、ディフェンス力を含めてもやや心許ないメンバーしかいない。

年齢的にも中村と近い選手が多いので、出来れば高卒か大卒で二遊間を任せられる人材を獲得したいところ。

三塁手 充実度B

レギュラー :鈴木   (30)
対抗    :安田   (19)
バックアップ:
育成    :香月   (23)

 

安田の今後の成長次第のポジション。

2018年のレギュラー・鈴木大地は、三塁コンバートでUZRを良化させた。

 

ただ、三塁手にしては攻撃力が物足りない。

チームの青写真としては、鈴木が安泰のうちに安田を育てたいところ。

ただ、現状の安田を見る限り、1軍での本格化はあと2~3年はかかりそう。

鈴木大地のリーダーシップなどを考えると、2019年も鈴木がレギュラー、安田が対抗の形になると予想。

 

面白そうなのは、高卒4年目の香月。

二軍では183打席ながら、10本塁打、OPS.823と結果を残している。

鈴木、安田と同様に左打ちなのは編成上気になるが、二塁や一塁も守れるので、2019年以降はそれなりに出番を与えられそうな存在。

 

大嶺翔太の退団で、三塁手を守れる右打ちの選手がいないので、1塁の大砲候補として右打ちの内野手を獲れるとバランスが良くなる。

遊撃手 充実度B

レギュラー :藤岡   (26)
対抗    :(平沢) (21)
バックアップ:高濱   (30)
育成    :三木   (27)

 

ルーキーの藤岡が全試合出場したポジション。

攻守に課題を残すものの、首脳陣の信頼は厚く、2019年も引き続きレギュラーに据えられるだろう。

気になるのは、伸びしろの部分。

個人的には、プロで遊撃手を務めるポテンシャルはないと感じており、本来の適性は三塁手か外野手。

将来的には平沢ショート、藤岡ライトの方が良いのではと考えている。

 

平沢の今後の育成方針、層の薄さを考えると、ロッテにとってまだ安泰とは言えないポジション。

もし平沢を完全にコンバートするなら、二遊間を任せられる選手をもう1枚加えておきたい。

左翼手 充実度B

レギュラー :角中?  (32)
対抗    :菅野   (26)
バックアップ:伊志嶺  (30)
育成    :和田   (20)

 

FA移籍の可能性がある角中を、一応レギュラーに据えた。

2018年は開幕前の故障の影響で出遅れたものの、安定してOPS7割後半、出塁率.370前後を打てる打者は貴重。

守備走塁面でプラスがないことと、年齢が32歳になるのは微妙だが、

優勝を狙うには引き留めておきたい。

 

角中と比較するとバックアップメンバーは心許ない陣容。

細谷がスタメンで出る現状を考えると、外野手の層をもっと厚くしたい。

中堅手 充実度B

レギュラー :岡   (28)
対抗    :荻野  (32)
バックアップ:岡田  (35)
育成    :三家  (26)

 

荻野の故障の影響で、シーズン途中に日本ハムから岡を獲得。

荻野がセンターのUZR-6.2、加えて故障がちで年齢的にも下り坂なことを考えると、岡にはレギュラーを奪取して欲しい。

 

とはいえ、岡も故障が多く、安定感がないため、2018年は荻野と岡がレギュラーを争う形になるだろう。

仮にレギュラーを奪えなくとも、レフトやライトでも起用できることを考えると、だぶついているわけではない。

 

バックアップに岡田、二軍では三家がそこそこな成績を残しているので、チーム内比較では充実度したポジションと言える。

右翼手 充実度C

レギュラー :平沢   (21)
対抗    :加藤   (28)
バックアップ:清田   (32)
育成    :肘井   (23)

 

シーズン途中から外野挑戦した平沢が、暫定的にポジションを奪った。

219打席で、打率こそ.206だが、出塁率.329でIsoDは0.103と好成績。

徐々に一軍の投手に対応出来るようになってきた。

本来ならショートで育成したいが、ショートには藤岡がいるため、2019年は外野手として出場機会を得る方が、本人のためになる。

 

バックアップに清田、加藤がいるものの、安定感や実績を考えると層は不安。

チーム全体の戦力を総合的に見ると、平沢の2019年は外野手として過ごすことになるだろう。

指名打者 充実度C

レギュラー :新外国人?
対抗    :(安田)  (20)
バックアップ:(李)   (31)
育成    :

 

ぽっかりと空いたポジション。

2018年は角中が務めることが多いが、指名打者にしては長打力が物足りない。

出来れば中軸を任せられる大砲候補を確保したいところ。

もし角中や鈴木大地が、下位打線を打てるようになれば、打線の厚みは一気に増す。

 

もしフロントと首脳陣が純日本人にこだわるならば、安田が指名打者を担う可能性大。

スポンサーリンク

2018年の千葉ロッテマリーンズ野手補強ポイント

【野手補強ポイントの優先順位と狙い】

  1. 即戦力の外野手
  2. 中軸を任せられる新外国人選手
  3. バックアップを任せられる大卒捕手
  4. 二遊間のバックアップ(出来れば大卒)
  5. 大砲候補の一、三塁手(出来れば右打ち)

 

レギュラー陣の質は高まったものの、層と外野の質には課題が残るロッテ。

長年レギュラーとして期待され続けてきた、岡田、清田、荻野、伊志嶺らの外野手は定着出来ずに30代に突入。

唯一レギュラーに定着した角中も2019年は32歳を迎え、高齢化が進む。

 

一気に大量解雇はないだろうが、今後を見据えて優先的に外野手を獲得したい。

※地元千葉出身の丸を獲得出来れば一気に戦力はアップするが、現実的には有り得ないだろう(ボヤキ)

スポンサーリンク

まとめ

  • レギュラー陣の質は高まった(特に内野陣)
  • 課題は外野手!攻撃力を高められる選手を獲得したい
  • オフの補強次第では、2019年の台風の目になりえる

 

若いレギュラー陣の伸びしろと、明確な課題を残す現ロッテの野手陣。

逆に言えば、西武や日本ハム、ソフトバンクと比べると成長の余地が大きく、面白いチーム。

フロントの補強次第では、2019年の台風の目になりえる。

久々に本気のロッテ(フロント)を見たい。

www.shinumade.com

 

仮想ドラフト会議


【パワプロ2018】どこよりも早い2018年プロ野球ドラフト会議【根尾、藤原、吉田輝星はどこに行く!?】

12球団の2018年ドラフト指名予想と2019年の編成記事

福岡ソフトバンクホークス

www.shinumade.com

埼玉西武ライオンズ

www.shinumade.com

www.shinumade.com

東北楽天ゴールデンイーグルス

www.shinumade.com

オリックスバファローズ

www.shinumade.com

北海道日本ハムファイターズ

www.shinumade.com

千葉ロッテマリーンズ

www.shinumade.com

広島東洋カープ

www.shinumade.com

阪神タイガース

www.shinumade.com 

横浜DeNAベイスターズ

www.shinumade.com

読売ジャイアンツ(巨人)

www.shinumade.com

中日ドラゴンズ

www.shinumade.com

東京ヤクルトスワローズ 

www.shinumade.com

スポンサーリンク

関連記事

【2018夏の甲子園】プロ注目のドラフト候補出場選手一覧(1~3年)!プロスカウトの評価付き【第100回記念大会】

【読書感想】野球の打撃のコツと正しいフォームを知りたいなら『落合博満 バッティングの理屈』を読め!

プロ野球12球団本拠地一覧と行って良かった球場ランキング

スポンサーリンク
関連記事