死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

【レビュー】PS4録画用のキャプチャボード『MonsterX U3.0R SKNET』【アマレコ、設定、使い方】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

f:id:jubenonz:20180514122826j:plain

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。


人気HDMIビデオキャプチャー『MonsterX U3.0R SKNET』。

PS4のゲームプレイ動画の録画と画面キャプチャのために購入しました。

 

 

 

私はYoutubeでゲーム動画を配信しているのですが、最近はPS4のゲームを配信しています。

www.youtube.com

 

それまではPS3のゲームを配信していたので、安い3,000円以下で購入できる『GV-USB2』というビデオキャプチャーを利用していました。

 

『GV-USB2』は安くて便利なコスパ抜群の製品なのですが、PS4に対応していません。

 【『GV-USB2』の対応ゲーム機一覧】

  • PS3
  • PS2
  • PS1
  • WiiU
  • Wii
  • GC
  • N64
  • SFC(スーパーファミコン)
  • NEW FC 

 

PS4に内蔵されているシェア機能や画面キャプチャも便利で良いのですが、画像をPS4からパソコンに移す処理がいちいち面倒。

 

PS4で動画編集できる「シェアファクトリー」は個人的に使いにくく、やはり使い慣れたAvUtil(動画編集ソフト)を使ってパソコンで編集したい思いがありました。

パソコンにゲーム画面を写してテレビを観ながら作業したいというのもありましたし。

 

まとめると、

  • PS4を録画・画面キャプチャできるようにしたかった
  • パソコンで編集作業するための手間を減らしたかった
  • テレビを観ながらゲームをしたかった

 

という上記の目的を叶えるために『MonsterX U3.0R SKNET』を購入したのです。

 

これから『MonsterX U3.0R SKNET』の開封レビューと使用してみて感じたメリット、デメリット、口コミなどをご紹介します。 

YouTubeやニコニコ動画に動画配信したい、PS4のゲームを録画、編集したいと考えている方は参考にしてください。

スポンサーリンク

『MonsterX U3.0R SKNET』の開封と使ってみた感想

 今回はAmazonを利用して注文。

f:id:jubenonz:20180514134631j:plain

 

中身は本体、付属のUSBケーブル、デバイスドライブ/アプリケーションCD、ユーザーズガイド(設定マニュアル)。

f:id:jubenonz:20180514134655j:plain

 

本体はシンプルで、HDMIとUSBの差し込み口があるだけ。

f:id:jubenonz:20180514134950j:plain

f:id:jubenonz:20180514135048j:plain

USB3.0のみ対応ですので、お使いのPCがUSB3.0に対応しているかご確認ください。

USBの差し込み口が青色であればUSB3.0対応です。

 

USB3.0の見分け方がよくわからない方は、下記の記事を参考にされてください。

USB2.0とUSB3.0の見分け方(色、ケーブル、形などで確認) | Go-Nextブログ

 

「PS4(接続したいゲーム機)⇔MonsterX U3.0R SKNET⇔PC」の形で使用します。

HDMIケーブルは付属品にないので、お持ちでない方は別途購入してください。

 『MonsterX U3.0R SKNET』本体のサイズはコンパクトで、ちょうど成人男性の私の手のひらサイズ。

MonsterX U3.0R SKNET


拍子抜けするくらい軽い(本体重量150 g)です。

なので、置き場所に困ったり、設置や模様替えの際に動かすのが面倒になることはありません。

ケーブルも2本だけなので、混線の原因になることはないでしょう。

 

PCとPS4に接続した状態で作業をしてみましたが、発熱しすぎることはありませんでした。

 

設定も非常に簡単で、機器と機器を繋いでCDを利用してドライバをインストールするだけ。

マニュアルに書かれている手順通りに行えば、10分程度で設定は完了します。 

f:id:jubenonz:20180514140341j:plain

 

その後PS4の動画を録画・画面キャプチャして、編集作業を行いましたが、別段不具合はありませんでした。

参考にした『MonsterX U3.0R SKNET』の設定方法と使い方記事と動画

今回私が『MonsterX U3.0R SKNET』を購入するにあたって、参考にした記事をいくつか紹介します。

 

そもそもキャプチャボードとはなんぞや、詳細な『MonsterX U3.0R SKNET』の設定方法を知りたい方は参考にしてください。

キャプチャボードの基礎知識と選び方、おすすめ 

ch.nicovideo.jp

 

とりあえずキャプチャボードについて基礎的なことを網羅したい方は、「【2018年最新】後悔しないキャプチャーボードの選び方 おすすめ紹介!!:GAMERS BLOG - ブロマガ」の記事がよくまとまっています。

 

内蔵型or外付け型やパススルー機能の有無などの基本から、2018年時点のおすすめキャプチャボードが紹介されていて、わかりやすいです。

『MonsterX U3.0R SKNET』の設定方法と使い方

www18.atwiki.jp

 

多くのゲーム実況初心者がお世話になっているサイトです。

ここまで詳しく『MonsterX U3.0R SKNET』について解説した記事は他にありません。

 

万が一うまく動作しない場合の、トラブルシューティングの方法も説明されていますので、参考にされてください。

アマレコTVで使えるようになるまでの設定方法解説動画


SKNET MonsterX U3.0R をアマレコTVで使えるようになるまでの設定方法

 

動画編集は慣れ親しんだアマレコでという方には、上記の動画がわかりやすくまとめられています。

私もアマレコユーザーなので、非常にお世話になりました。

エスケイネットが提供している動画編集ソフトも悪くないですが、やはりアマレコが操作性は高いです。

『MonsterX U3.0R SKNET』のデメリット

安くはない1万6,000円以上するお値段 

正直決して安くない金額です。

ただ、 PS4録画用のキャプチャボードの場合は、相場は2万円前後します。

その相場の中で考えれば、Amazonや楽天、ヤフーショッピングで1万7,000円前後で購入できる『MonsterX U3.0R SKNET』は安い方です。

 

とにかく最低限の機能の製品を安く購入したいなら、『AGPtEK』を約1万1,000円で購入することも可能。

 

悪い評判もないのでお買い得ですが、レビューや設定方法などの記事・情報がないので、機械に詳しくない人は避けた方が良いかもしれません。

格闘、FPS、シューティングゲームのヘビーユーザーには不向きかも 

コンマ1秒が重要になるジャンルのゲームをしている人の中には、動作がカクカクしていると感じる人もいるようです。

 

私自身が格闘、FPS、シューティングゲームを普段プレイしないので責任を持ったことは言えませんが、処理がもたつくといったレビューをしている意見もチラホラ散見されます。

 

シミュレーションやRPGゲームなどしかしない人は、そんなに気にしなくても良いです。

動作不具合の事情がちょくちょく発生している

 

twitterや各種通販サイトのレビューを読んでいると、エラーや動作不良が発生しているという報告もチラホラ。

大半は再起動やケーブルの抜き差し、設定変更で解決するようです。

 

動作不良が起きないにこしたことはないですが、幸いネット上には解決策の情報も多数あります。

万が一の時は解決する手段があるのは不幸中の幸いといえるでしょう。

この辺は使用している人が多い製品を使うメリットでもあります。

『MonsterX U3.0R SKNET』のメリット

『MonsterX U3.0R SKNET』の良い点の一つが、ネットに多くの情報があること。

人気のキャプチャボードですので、設定方法からレビュー、様々なトラブルシューティングの情報があります。

 

人気のない製品だと、何か問題が発生した時に、情報が少ないので自己解決するのが難しいです。

機械に詳しかったり、ガジェット好きの友人や家族がいる人は問題ないでしょうが、私のように機械にあまり強くないタイプの人間は、人気製品を購入することをおすすめします。 

 

1080p/60pfs録画可能でパススルー機能付きの外付けキャプチャボードの中では、価格も安めなので、コストパフォーマンスは高いです。

設置と設定も簡単ですし。

 

初めて外付けキャプチャボードを購入する人の入門機としては、非常におすすめできる製品です。 

『MonsterX U3.0R SKNET』のTwitter口コミとAmazonレビュー

Twitter口コミ

Amazonレビュー

私がハズレを引いただけかもれませんが、
本製品をPCに出力時、1時間に1~2回映像/音声ともに停止します。
2~3秒で復帰しますが対人ゲームなどをしている方ですと戦闘中に画面が止まるのは致命傷になりかねません。
上記の解決として私の場合はUSBケーブルを本製品付属のものから、
AmazonベーシックのUSBケーブルへ交換したところ、上記現象は発生しなくなりました。
もし私と同じような現象でお困りの方はご参考までに。
--------------
使用環境
・PC
win7 64bit
USBポート Intel製ドライバー
・入力環境
Nintendo Switch
switch付属HDMIケーブル
本製品付属USBケーブル→「Amazonベーシック USB3.0ケーブル 0.9m Aオス-Bオス XD4Q」 

 

パソコンでゲームをプレイしたい事や、ゲームをネットに投稿したいという強い夢がありこの機械を購入しました!
キャプチャーボードにも様々なタイプがあるのですが、このキャプチャーボードはHDMI専門でニンテンドースイッチ、WIIU,PS4などのゲーム機に対応しています。ゲーム機本体のHDMIケーブルとパソコンに接続するだけで簡単に接続が出来ます。
設定の事に関しては、CDRが付属していてそれを見て順番に設定することはもちろん。
ゲーム実況wikiで検索すると、シンプルに接続がスムーズにいくのかもしれません
是非参考にしてみればいかがでしょうか?
個人的にはニンテンドースイッチに接続して行っているのですが、問題なく動いていますが、音声が出ない場合もあります。その時は挿しなおしで上手くいきます。
大変満足でした

 

PS4との接続に使用。
画質良し、遅延もほぼ感じず。遅延してるなと思った場合はビューア再起動で治る。
認識しなくなると気があるがUSB抜き差しで治る、これらはこちらのPCの問題かもしれない。
本体付属のビューアであればHDCPを気にしないで良いため映画等も視聴できる。

 

常に接続していても機能しますが、毎回外してつけることでしっかり接続される気がします。(時々機器が反応しない)
HDMIをキャプチャーしたり、別のPCをキャプチャーするなら、私はこの商品選択しかないです。
注意点としましては、ただのUSB3.0に接続すると速度不安定で映像が途切れるので、指定されたチップがついている(私はbuffalo)PCexpressの機器を導入しないといけないところです。これを含めて考え導入検討してください。

 

iPhoneでプレイしているゲームの動画を撮るのに役立ちました。
簡単でした。
ありがとうございます。

 

ハードウェア自体は割と安定して使えています。キャプチャアプリは(CPU等のリソースは余裕あるのにかかわらず)録画開始するとコマ落ちする状態です。代わりにアマレコTVを利用しています。ACアダプタ無しで使えるのが良いと思います。

 

思った以上に軽くてびっくりしたが性能は文句なし。パススルーでモニターでプレイしながら配信しています。モニター側には遅延もなく快適です

 

PS VitaTVで配信するために購入しました
☆4にした不満点である以下の事は購入当初からあることです

時々音が止まる
これはUSBの挿し直し、ソフトの再起動
デュアルモニタならサブモニタにソフト画面を移動させることでも直ります
数時間に1回の時もあれば数分でなることもある謎の現象です
原因は分かりません

また、配信するために起動して表示する画面は
時間的に言えばわずかですがアクションゲームでは致命的になりかねないタイムラグがあります
私はさっさと諦めてデュアルモニタの片方をパススルーでゲームプレイ用にすることで解決しました

なおこの商品は
現時点ではPS3やPS VitaTVの画面表示は問題なくできますが
表示するソフトを使っての録画はできません(PS4はできるそうです)
PS3やPS VitaTVでこの商品を使って録画する場合は、別の録画ソフトも用意しましょう

 

画質はさすがの1080p60fps録画ができるということだけあってきれいです
パススルー機能はとても便利ですし遅延もありませんなので★5つ
値段も相応だと思います
録画ですが付属のソフトでも十分なのですが
自分の声を入れたり いろいろ設定したいときはアマレコTVなどの外部ソフトを使わないといけなくなります
そのときに設定の仕方などがわかりずらいので付属のソフトでもうちょっと簡潔に設定ができればいいなと★4つにしました 

 

とても満足しています。
色々と調べて不安を抱えながらの購入。
しかしその不安なんて一瞬にしてサヨナラ。
やはりHDMIなのでキャプチャーも音も鮮明で取り付けも簡単。
PS4のキャプチャーを考えている方にお勧めですね。
これが壊れたとしてもよほどの機器がでないかぎり、これをまた購入しようと考えます。
買って正解でした。

 

PS4の録画用に購入しました。遅延なく再生されますが、付属のCDソフトでは録画は出来ません。他のフリーソフトを使用してストレスなく録画出来てます。

『MonsterX U3.0R SKNET』を購入してからの変化

1週間ほど使ってみましたが、ネットで報告されているような不具合は今のところ起きていません。

アマレコTVでも使えるようにする過程でちょっとわからないことがありましたが、色々と検索すれば何かしら手掛かりとなる情報が出てきたおかげで解決しました。

 

動画の画質にも不満はありません。

何より、パソコンに写しながら作業ができるので作業効率化が格段にアップしました。

決して安い買い物ではありませんが、日々の作業効率を高められるなら、長い目で見た時に間違いなくプラスです。

2018年5月時点ではAmazonが一番安く購入できました

各大手通販サイト(ECサイト)で購入できる価格は時期によって異なります。

あくまで私が調べた2018年5月時点では、Amazonが最安値でした。 

 

各サイトでの価格差は1,000円前後なので、ご購入の際は3社くらいだけでも良いのでしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

  • PS4録画用のキャプチャボードの価格は2万円前後する
  • 『MonsterX U3.0R SKNET』は1万7,000円前後で購入できるコスパの高さも魅力
  • 設定は簡単で10分くらいで完了する
  • 人気製品なので、設定方法や問題解決の情報が豊富にある

 

とりあえずPS4やNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のプレイ動画を録画、編集してみたい人が購入するにはおすすめの製品。

設定も簡単ですので、是非購入されてみください。


それでは、さようなら!

Amazonで購入する

ゲーム・ガジェット関連記事

【レビュー】Amazonで購入出来るE-WINのゲーミングチェアがコスパ最高【CL-BG1C】

【年間4万円の不労所得】仮想通貨マイニングを「GeForce GTX 1060」持ちのゲーマー友達にすすめてみた

【レビュー】Amazon Fire TV Stickを購入した理由5つとメリット・デメリット【使い方、口コミ、セール】

【ブロック、モデレーター】youtubeライブ配信への荒らしコメントの対策3つと気をつけるべきこと

スポンサーリンク