死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

【韓国ドラマ好きにおすすめ】動画配信サービス『dTV』を1か月使用してみた感想【メリット、デメリット】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。

 

本日は、動画配信サービス『dTV』を1か月使用してみた感想をお話します。

 

【初回31日間無料/dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブ見放題!

動画配信サービス『dTV』とは

  • 月額料金:500円
  • 無料視聴期間:31日間
  • 動画本数:120,000本
  • ダウンロード視聴:可能
  • 対応機種:スマホ、タブレット、パソコン、テレビ
  • 画質:一部のコンテンツは4K映像、HDR配信対応
  • 決済手段:ドコモ ケータイ払い(ドコモ回線契約者のみ)、ドコモポイント交換、クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB)

 

『dTV』とは、エイベックス通信放送が運営し、NTTドコモが提供する動画配信サービス。

旧名称は、旧名称はdビデオ powered by BeeTV(ディービデオ パワード バイ ビーティーヴィー)。

 

ちなみにですが、auユーザーしか利用できないauビデオパスと違って、ドコモユーザー以外もご利用可能です。

『dTV』の他の動画配信サービスにはない強み

『dTV』の魅力は、何といっても月額料金の安さ。

月額料金500円は、定額動画配信サービスの中では、屈指の安さです。

サービス名 料金プラン 無料期間 特徴
Amazonプライムビデオ 325円(月割) 30日間 国内ドラマ・バラエティの限定配信
Hulu 933円 14日間 英語学習に使いやすい

Netflix

650円〜1,450円 30日間 海外ドラマを限定配信
U-NEXT 1,990円 31日間

男性向けコンテンツも配信

DMM見放題chライト 540円(月割) 14日間 男性向けコンテンツも配信
dTV 500円 31日間 安い&最新作豊富
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 933円~ 30日間 最新作を宅配レンタル
FODプレミアム 888円 31日間 国内ドラマが充実(特にフジ)
auビデオパス 562円 30日間 安い&毎月最新作一本無料

dアニメストア

400円 31日間 アニメが充実
music.jp 500or1,000円 30日間 音楽と漫画も楽しめる
ビデオマーケット 500円 30日間 映画が充実
スターチャンネル 2,484円 30日間 SF・映画が充実
KOCOWA 500円 3日間 韓国最新動画配信

引用:動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

 

また、他の動画配信サービスと違って、映画やドラマ以外のコンテンツも充実。

音楽やバラエティーなどのエンタメ系にも力を入れています。

この辺りはエイベックスが運営していることの影響を感じさせられる部分です。

 

加えて、dTVのオリジナルコンテンツである、「BeeTV」も魅力の一つ。

最近はどこの動画配信サービスもオリジナル番組製作に力を入れていますが、基本はドラマが中心。

その点、「BeeTV」では日本国内のバラエティ番組に力を入れており、ウッチャンナンチャンやさまぁ〜ずといった人気芸人のオリジナルコンテンツを配信しています。

 

「進撃の巨人」「闇金ウシジマくん」などのスピンオフ作品も配信するなど、国内で製作されたエンタメが充実したオリジナルコンテンツが多いのが特徴です。

『dTV』を使って良かったこと、メリット

約120,000作品が見放題 有名どころは網羅されている

1か月視聴してみて感じたのは、思ったよりもコンテンツが充実していることです。

18ジャンルの約120,000作品が見放題。

 

 ただ、動画配信サービスの中には数は多いけど品揃えは微妙な場合もあります。

人気作品が少なかったり、1話だけ無料で2話以降はレンタルor課金だったり。

 

その点、『dTV』は「バックトゥザフューチャー」や「インディ・ジョーンズ」などの不朽の名作映画のシリーズを配信したり、「ウォーキングデッド」や「プリズンブレイク」などの大人気海外ドラマシリーズを扱ったりと、人気作品も充実。

 

他の動画配信サービスに先駆けて、2017年に大ヒットした『美女と野獣』を2018年に配信するなど、新作映画にも力を入れています。

韓流ドラマの充実っぷりはHuluやNetflixを上回る

大の韓流ドラマ好きの私の母親にも利用してもらったのですが、物凄くラインナップが充実しているそうです。

 

「宮廷女官チャングムの誓い」、「イ・サン」、「トンイ」、「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」、「運命のように君を愛してる」、「年の遺産-ククスがむすぶ愛」、「マイプリンセス」、「コーヒープリンス1号店」。

古い有名どころから、新しい人気作品まで、近年の韓流ドラマを代表する作品がズラリと勢揃い。

 

私はこれまでAmazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどを母にも利用してもらったのですが、韓流ドラマのラインナップを見た時の母の反応は一番でした。

 

2話目以降レンタルの商品も少なく、韓流ドラマを好きな人にとっては、1ヵ月では全て観きれないほどの、作品数と品揃えが魅力です。

f:id:jubenonz:20180506172618p:plain

『dTV』の不満が残る点、デメリット

デバイス登録は5台だが、複数のデバイスで同時視聴は出来ない 

一番不便なのは、複数のデバイスで同時視聴出来ないことです。

例えば私のパソコンと、リビングのTVを登録して、同時に観ようとした場合、どちらかのデバイスでしか観れません。

ですので、誰か別の人が観ていない状況で利用する必要があります。

 

一人暮らしをしていて、友人や家族とアカウントを共有しない人にとってはあまり関係ありませんが、アカウントを共有していると不便です。

いちいち相手が利用しているかどうかを気にしなければならないので。

 

家族でそれぞれ別のデバイスで動画視聴したい方には、頂けない点です。

管理画面が使いづらい、わかりにくい、検索しにくい

人によって感じ方はわかれるところですが、個人的には他の動画配信サービスと比べて、管理画面が使いにくいです。

 

検索のしづらさ、動画の表示の仕方など、ごちゃごちゃしていてわかりにくい印象があります。

動画の続きを観ようとすると、途中からではなく最初から再生され、何度か更新ボタンを押すと続きから始まったりする場合があるのです。 

 

各エピソードのあらすじなども表示されないので、おさらいしたりするときも不便。

 

ユーザーの使い勝手という点では、Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどの王手どころには劣る印象があります。

『dTV』をおすすめできる人

  • 安く動画配信サービスを利用したい
  • 韓流ドラマ好き
  • 「BeeTV」でオリジナルコンテンツを視聴したい
  • 音楽やバラエティも観たい
  • 家族や友人と共有せず、1人で利用する

 

正直500円でこれだけ豊富なラインナップを揃えてあるのは、コストパフォーマンスは物凄く高いといえます。

他の作品にはないオリジナルコンテンツも充実しているので、安く済ませたい一人暮らしの人には最適です。

『dTV』をテレビで観る方法は「dTVターミナル」か「Fire TV Stick」を利用する

「dTVターミナル」か「Fire TV Stick」があれば、『dTV』をテレビでも視聴できます。

dTVはゲーム機に一切対応していないので、PS3やPS4を利用してテレビでdTVを視聴するこはできません。

 

「dTVターミナル」はdTV、dアニメ専用のデバイスなので、HuluやU-NEXTは利用不可。

料金的にも「Fire TV Stick」の方が安いので、よほどdocomoに愛着がない限りは、「Fire TV Stick」を購入した方がお得です。

 

「Fire TV Stick」はAmazonプライムビデオ以外の、他社動画配信サービスを数十種類対応しています。

仮にdTVを解約したり、dTVのサービスが終了することを考えると、「Fire TV Stick」の方が汎用性は高いです。

 

Fire TV Stick」についての詳細は、下記の記事を参照してください。

まとめ

  • dTVは月額500円で12万本の動画を楽しめるので、コスパ抜群
  • ドコモユーザー以外も利用可能
  • 韓流ドラマ好きにはおすすめ
  • 人によってはザッピングUIの使いにくさを感じるかもしれない
  • テレビで観るなら「Fire TV Stick」一択

 

『dTV』は他社に負けない安さ、他社にはないオリジナルコンテンツを揃える動画配信サービスです。

正直微妙なところはありますが、500円なら十分満足できる範囲内。

 

管理画面の使いやすさや動画のラインナップへの満足度は好みが分かれますので、一度

dTV』のサイトをご覧になって、ご自身の目で確かめてみてください。

 

それでは、さようなら!

動画配信サービス関連記事

動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

Amazonプライムビデオだけのメリット4とデメリット3 登録方法とテレビ視聴方法も!

【レビュー】Amazon Fire TV Stickを購入した理由5つとメリット・デメリット【使い方、口コミ、セール】