死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

【大谷翔平との対戦消滅】マリナーズ・イチローが球団特別アドバイザー就任で2018年は残り試合出場なし【実質準引退】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

ichiro hits!

恐れていたことが現実に...

イチロー選手が2018年中の残り試合を出場しないことがわかりました。

米大リーグで歴代21位の通算3089安打を放ったマリナーズのイチロー外野手(44)が球団の特別アドバイザーに就任し、選手としては今季の残り試合に出場しないことが3日、複数の球団関係者の話で分かった。

 ベンチ入りの25人枠から外れるが、球団と生涯契約を結んでチームに同行し、練習しながら選手らをサポートする。来季以降は試合出場も可能という。米国時間3日(日本時間4日)に発表される。

 関係者によると、メジャーでも極めて異例の契約内容。本人は従来50歳まで現役続行を公言するなどプレーをする意欲は高く、来季以降にマリナーズの一員として故障者が出た場合などに選手としてプレーする可能性があるという。この契約を結ぶことで日本球界に戻る可能性はなくなった。

引用:イチロー今季出場せず、球団特別アドバイザーに就任 - MLB : 日刊スポーツ

衝撃的なニュースを目にした瞬間は、現役引退かと思いましたがそれは早とちり。

 話を整理すると、下記の通りです。

 

【イチロー選手がマリナーズ球団特別アドバイザー就任することの影響】

  • 現役引退ではない
  • 2018年中の試合出場なし

  • 球団と生涯契約を結んでチームに同行し、練習しながら選手らをサポート
  • エンジェルス・大谷翔平選手との初の直接対決の可能性は消滅 

  • 2018年中の日本球界の可能性もなし

  • 2019年以降に試合出場の可能性あり

  • 本人は50歳までの現役続行を希望

 

一つ一つ整理していきます。

スポンサーリンク

イチロー選手がマリナーズ球団特別アドバイザー就任することの影響まとめ

マリナーズ・イチローが球団特別アドバイザー就任で2018年中の試合出場なし

一番重要なのは、現役引退ではないということ。

あくまで2018年の試合出場の可能性がなくなったのです。

 

米国時間3日(日本時間4日)に発表され、その後ベンチ入りの25人枠から外れます。

通常はマイナーで調整、もしくは他球団へのトレードが一般的。

 

どこも引き取り手がなかった場合は、日米からのオファーを待ち、オファーがなければ引退します(翌シーズン以降もオファーを待つ可能性あり)。

 

ところが、今回のイチロー選手の場合は、他球団への移籍する可能性はなく、 一旦2018年シーズンの選手としての活動は終了します。

 

前例のない契約ですが、マリナーズと生涯契約を結んだのです。

色々と日本との違いをこれまで見てきましたが、こんな契約は記憶にありません。

エンジェルス・大谷翔平選手との初の直接対決の可能性は消滅 

早ければ米国時間3日(日本時間4日)にベンチ入りの25人枠から外れます。

従って、日本人が待ちわびたエンジェルス・大谷翔平選手との日本人選手対決が消滅しました。

マリナーズは4日(日本時間5日)から本拠地シアトルでエンゼルス3連戦を予定しているが、大谷翔平との対戦もなくなった。

引用:イチロー今季出場せず、球団特別アドバイザーに就任 - MLB : 日刊スポーツ 

 

【2018年版】エンジェルス大谷翔平VS日本人選手対決の日程と見どころまとめ【日本人メジャーリーガー一覧も】」でも記事にしましたが、今季のメジャーリーグで最大の注目対決だったため、落胆するファンは多いでしょう。

www.shinumade.com

 

せめて、せめてエンジェルス戦までは試合に出場して欲しかった....。

2018年中の日本球界の可能性もなし

今後のイチロー選手はチームに帯同。

球団特別アドバイザーの役割が具体的にはわかっていませんが、監督やコーチ業とは異なる役職になるようです。

豊富な経験やムードメーカー的な言動で若いチームメートらを支え、ここまで17勝12敗とチームの好スタートに貢献。首脳陣や選手間での存在感はフロント陣の期待以上だという。かつての球団の象徴、将来の米国野球殿堂入りが確実な功労者という意味もあわせ、生涯マリナーズの一員として働いてほしいという声が球団内で強まっていた。

引用:イチローと球団の思惑合致、来季以降選手で出場可能 - MLB : 日刊スポーツ

 

あくまで選手たちと一緒に練習を続けながら、サポートをする。

WBCでも見せた通り、イチロー選手は時にはチームを鼓舞したり、ジョークで笑顔をもたらしたりなど、背中だけでなく、言動でもチームを引っ張ることが可能です。

 

日本人選手だと、かつて川崎宗則選手が2016年のシカゴカブス時代に、出場選手登録枠としては外れながらも、チームのムードメーカーとして帯同し、チームのワールドシリーズ制覇に大きく貢献しました。

10月26日より開幕したMLBのワールドシリーズ。

71年ぶりのワールドシリーズ進出、優勝すれば108年ぶりというシカゴ・カブスと、68年ぶりの優勝がかかるクリーブランド・インディアンズという歴史あるチームの偉業がクローズアップされているが、その裏側で昨年のブルージェイズに続き、今年も出場登録枠から外れながらも、モチベーターとしてチームに同行し続けている川崎宗則の存在に再び話題が集まっている。

引用:試合に出なくても絶対に必要な選手、川崎宗則が最強シカゴ・カブスのワールドシリーズに帯同し続ける理由 - AOL ニュース

 

その川崎選手とは違った形になるでしょうが、グラウンド外の部分でチームメイトを支える役割が期待されます。

2019年以降に試合出場の可能性あり 本人は50歳までの現役続行を希望

あくまで本人意向は50歳までの現役続行。

2019年以降に試合出場する可能性はあります。

 

2018年シーズンは、開幕直前まで所属球団が決まらず、実戦での調整機会が不足。

加えて、右ふくらはぎ故障などもあり、コンディションは万全ではありませんでした。

 

その結果、29試合のうち15試合に出場して打率は.205。

先発出場は13試合で9安打と、精彩を欠く結果。

 

さらに、開幕前に故障していた正レギュラーが怪我から続々と復帰して、5月以降は出場機会の減少が予想されていました。

伸び盛りの若手外野手かイチロー選手がマイナー落ちすることが噂されており、チームとしてもイチロー選手の扱いが難しくなっていたのです。

 

現地メディアからは、イチロー不要論の声もチラホラあがり始め、今後の選手起用が注目されていました。

 

一応、今回の球団特別アドバイザー就任はイチロー選手も合意の上でのこと。

イチロー外野手が半永久的にマリナーズにとどまることになった。練習を継続し、来季以降は選手として試合にも出場可能。ユニークな契約内容は、本人と球団双方の思惑が一致したものだ。

引用:イチローと球団の思惑合致、来季以降選手で出場可能 - MLB : 日刊スポーツ

 

どんな形であれ、まだまだ”選手”イチローの活動は見られそうです。

イチロー選手への感謝の思いと一言

昭和日本野球界最高のスター選手が、王貞治&長嶋茂雄ならば、平成最高のスターはイチロー&松井秀喜選手。

 

イチロー&松井秀喜選手のメジャーでの活躍は、日本人選手がFAやポスティングを利用して、メジャー挑戦することを当たり前のものにしました。

 

平成が残り1年で終わるという2018年5月になって、こんな事態が起こるとは...。

平成元年生まれの私にとって、常に野球界にはイチロー選手が存在していました。

イチロー選手のいない野球界など、想像できません。

 

私は松井秀喜選手が現役引退したニュースを知った時、今までの人生で味わったことがない喪失感を経験しました。

 

今回のイチロー選手のニュースを聞いた時も、同じような喪失感を感じいます。

2018年は松井稼頭央選手が古巣西武に復帰したり、上原浩治投手が日本球界&巨人復帰したり、松坂大輔投手が日本球界復帰後初勝利をあげるなど、ベテラン選手の話題が数多くありました。

 

まだまだ子どもの頃のヒーローたちの活躍を観ていたいと思っていただけに、残念でなりません。

 

ただ、イチロー選手の現役生活は終わったわけではないです。

2019年以降も、グラウンドを駆け抜けるイチロー選手の姿を観られるでしょう。

 

今回は少しだけイチロー選手を観られない時間が長い、少し長めのシーズンオフだと思うことにします。

 

2018年に試合に出場しないことで、2019年に活躍するのは無理だと笑う人がいるかもしれません。

ただ、イチロー選手はかつて『常に無理だって笑われてきた野球人生だった』とコメントしたことがあります。

 

今回も、「無理だ、無理だ」とせせら笑う人達が出てくるでしょう。

そんな周囲の雑音を、これまで通り結果で黙らせてくれる。

私はそう信じています。

 

常に不可能を可能にしてきた不世出の天才選手が、また私たちを驚かせてくれる日はそう遠くないはずです。

またイチロー選手の雄姿を観れる日を、楽しみにしています。

www.shinumade.com

関連記事

平成元年生まれが選ぶ平成プロ野球歴代ベストナイン【2018年版】

歴代最高のショート&スイッチヒッター!松井稼頭央伝説ベスト32

【勉強も野球の成績も凄い男】平成最強捕手・古田敦也伝説27

【生涯現役】破天荒なバットマン中村紀洋伝説66

スポンサーリンク