死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

【2018年版】エンジェルス大谷翔平VS日本人選手対決の日程と見どころまとめ【日本人メジャーリーガー一覧も】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

Angel Stadium (of Anaheim)

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。

 

本日は、【2018年版】エンジェルス大谷翔平の日本人選手対決日程【MLB】についてお話します。

目次

スポンサーリンク

【2018年版日本人メジャーリーガー一覧】

()内は所属先チーム名。

※は2018年の大谷翔平選手が所属するアナハイム・エンジェルスとの対戦(レギュラーシーズン)が組まれている選手です。

アメリカンリーグ

投手
  • 大谷翔平投手&野手(アナハイム・エンジェルス)
  • 田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)※
  • 岩隈久志(シアトル・マリナーズ)※
野手
  • イチロー外野手(シアトル・マリナーズ)※

ナショナルリーグ

投手
  • ダルビッシュ有(シカゴ・カブス)
  • 前田健太(ロサンゼルス・ドジャース)※
  • 牧田和久(サンディエゴ・パドレス)※
  • 平野佳寿(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)※
  • 田沢純一(マイアミ・マーリンズ)

【2018年版】エンジェルス大谷翔平の日本人選手対決日程【MLB】

※日程の()内は日本時間

4月

田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)
  • 日程:27日(28日11:07)、28日(29日10:07)29日(30日09:08)
  • 球場:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(アナハイム)

5月

イチロー&岩隈久志(シアトル・マリナーズ)
  • 日程:4日(5日11:10)、5日(6日10:10)、6日(7日05:10)
  • 球場:セーフコ・フィールド(シアトル)
田中将大(ニューヨーク・ヤンキース) 
  • 日程:25日(26日08:05)、26日(27日08:15)、27日(28日02:05)
  • 球場:ヤンキースタジアム(ニューヨーク)

6月

イチロー&岩隈久志(シアトル・マリナーズ)
  • 日程:11日(12日11:10)、12日(13日11:10)、13日(14日05:10)
  • 球場:セーフコ・フィールド(シアトル)  
平野佳寿(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)
  • 日程:18日(19日11:07)、19日(20日11:07)
  • 球場:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(アナハイム)

7月

イチロー&岩隈久志(シアトル・マリナーズ)
  • 日程:3日(4日11:10)、4日(5日05:10)、5日(6日11:10)
  • 球場:セーフコ・フィールド(シアトル)

 

  • 日程:10日(11日11:07)、11日(12日11:07)、12日(13日11:07)
  • 球場:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(アナハイム)

 

  • 日程:27日(28日11:07)、28日(29日10:07)、29日(30日05:07)
  • 球場:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(アナハイム)
前田健太(ロサンゼルス・ドジャース) 
  • 日程:6日(7日11:07)、7日(8日08:15)、8日(9日04:00)
  • 球場:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(アナハイム)

 

  • 日程:13日(14日11:10)、14日(15日08:15)、15日(16日05:10)
  • 球場:ドジャー・スタジアム(ロサンゼルス)

8月

牧田和久(サンディエゴ・パドレス)
  • 日程:13日(14日11:10)、14日(15日11:10)、15日(16日10:10)
  • 球場:ペトコ・パーク(サンディエゴ)
平野佳寿(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)
  • 日程:21日(22日10:40)、22日(23日10:40)
  • 球場:チェイス・フィールド(アリゾナ州フェニックス)

9月

イチロー&岩隈久志(シアトル・マリナーズ)
  • 日程:13日(14日11:07)、14日(15日11:07)、15日(16日10:07)、16日(17日05:07)
  • 球場:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(アナハイム)

10月

※プレーオフの日程決まり次第更新

【2018年版】エンジェルス大谷翔平と日本人選手対決で期待すること

Angels Stadium, Anaheim, 1967

ダルビッシュ有、田澤純一投手との対戦予定はありません。

特に日本ハムファイターズファンの方は、新旧背番号11&元エース対決の試合を観たかったでしょうから残念でしょう。

 

そこは7月に行われるオールスター、もしくは10月以降のプレーオフでの対戦(可能性があるのはワールドシリーズ)に期待

 

しかし、それ以外の日本人選手が所属するチームとの対戦は組まれています。

リーグの異なる牧田和久(サンディエゴ・パドレス)、平野佳寿(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)が組まれているのは、パリーグ好きには嬉しいところ。

 

注目は打者大谷なら4、5月の対田中将大投手。

投手大谷なら対イチロー選手です。

 

田中投手と大谷選手は、2013年の1年間だけ日本でのプレイ時期が重なっています。

その時は打者大谷VS田中投手で、結果はデッドボール。

 

大谷選手自身はまだまだ本格化する前の、高卒1年目のシーズンでした。

実績も実力も十分付けた大谷選手と、今やヤンキースのエースになった田中投手の対戦は非常に見応えがあるでしょう。

個人的には打者大谷としての直接対決を観たいところ。

 

ただ、投手としての投げ合いも面白いものになるでしょう。

記憶に新しいところだと、2017年にダルビッシュ&田中による歴史的な投げ合いがありました。

ダルビッシュ投手は7回2安打10K無失点、田中は8回3安打2四球9K無失点。

 

当時不調に苦しんでいた田中投手でしたが、ダルビッシュ有投手との投げ合いで触発されたのか、快刀乱麻のピッチング。

※田中投手はシーズン終了後のインタビューで、ダルビッシュ有と投げ合っただけが好投の要因ではなく、それまでの修正作業が色々と実を結んだ結果と述懐

 

口うるさいニューヨークメディアをはじめ、アメリカ各誌で歴史的な投げ合いと評されました。

 

田中将大投手の所属するニューヨーク・ヤンキースとは、4と5月に2カード対戦が組まれています。

日本人の理想としては一度は投手の投げ合い、また別のカードでは打者大谷VS田中投手を観れれば最高です。

 

そして、何と言っても注目はイチロー選手との対戦。

イチロー選手がメジャーデビューしたのは2001年。

その時大谷選手はまだ7歳。

 

よもやまさか実現するとは当時夢にも思わなかった、2人の大物”メジャーリーグ”による夢の対戦が実現しようとしています。

運命の巡り合わせか、2人が所属するアナハイムエンジェルスと、シアトル・マリナーズは同リーグの同地区。

 

5月の初対戦を皮切りに、9月の最終4連戦まで含めて年間19試合がマッチメイクされています。

特に5月のゴールデンウィーク時期に行われる初対戦は非常に注目されており、各旅行会社(JTBやH.I.S.)の観戦ツアー企画に申し込みが殺到しているようです。

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

 

イチロー選手は投手イチローとしての、対戦も希望していますが、これだけ試合数があれば2人の直接対決は観られるでしょう。

1試合限りの対戦も楽しみですが、シーズンを通して数十打席対戦するなかで、お互い手を変え品を変えしながら駆け引きをするのもプロ野球の醍醐味。

 

イチロー選手は過去に、野茂、松坂、ダルビッシュ有といった日本人投手と対戦する時は、格の違いを見せつけています。

大谷選手にも激励を込めた意味で、”メジャーの洗礼”を浴びせてくれることに期待です。

 

そして気になるのは岩隈投手との対戦。

2018年は右肩痛の影響で、マリナーズとはマイナー契約。

ディポトGMは「今季ピッチャーとして貢献してくれるかどうかは、まだ分からない」とコメントしており、2018年シーズン中のメジャー復帰は微妙なところ。

ただ、同じ長身フォークボーラーとして、大谷選手は岩隈選手から学ぶことは多いはず。

 

2013年にはサイヤング賞最終候補3名にまで選出された、メジャーでも屈指の好投手。

打者大谷視点からも得るものは大きいでしょうから、是非最終戦の9月までには復活登板をして欲しいです。

ピッチャー岩隈が投げて、バッター大谷が打ち、レフトイチローが打球を追いかける。

 

そんな日本人にはたまらない瞬間を目の当たりにしたいものです。

日本人対決を観たいならおすすめは7月

Safeco Field at night

7月のエンジェルスは試合数は24試合。 

その内15試合は、マリナーズかドジャースとの対戦。

 

特に7月3日~15日は、移動日の9日(月曜日)を挟んで日本人対決6連戦が2回も続きます。

場所も西海岸のシアトル、アナハイム、ロサンゼルスで行われますので、日本人にとっては行きやすいです。

 

この時期に1週間でも滞在すれば、怪我をしていない限り確実に日本人選手の出番を目の当たりにできます。

 

大谷選手はもちろんですが、イチロー&岩隈、前田健太選手ファンなら、ここを行かずしていついくのかというゴールデンウィークです。

ちなみに、前田健太投手は打者大谷ではなく、投手大谷と対戦したいとのこと。

理由は、死球を意識すると内角に全力で投球できないので、全力で投げ合える投手がいいそうです。

 

個人的な願望としては13~15日の、ドジャースタジアムで行われる試合で投げあってほしいところ。

ナ・リーグはDH制度がないため、仮に投げ合いが実現すれば投手としても打者としても対戦が観られます。

ご存知の通り、前田選手は打者としても一流の素質を持つ(元広島・梵選手のお墨付き)ので、1粒で何度も美味しい対戦が観られること間違いなしです。

スポンサーリンク

日本人選手対決を観戦する上で気を付けること

Big Cap, Angel Stadium of Anaheim

メジャーリーグをあまり知らない方向けに、少しだけ注意点もお話しておきます。

投手の登板予想は難しい 

投手の試合を観るうえで一番の悩むの種が、登板の有無。

基本的にメジャーは中4~5で回るため、5、6試合に1回しか登板がありません。

ですので、1ヵ月で観られるチャンスは5試合前後。

 

加えて怪我や疲労、相手チームや球場との相性から、登板回避する可能性もあります。

中継ぎ投手になれば、毎試合登板の可能性がありますが、あっても1イニング前後。

 

投手を目当てに1試合だけピンポイントで観戦しに行くのは、お目当ての投手を観られない可能性が大いにあります。

幸いメジャーリーグはある程度登板日程を、1~2週前に球団や監督が発表してくれるので、ニュースや球団からの発表をチェックしておきましょう。

大谷選手が休養日(登板調整日)の可能性がある

野手はある程度毎試合出場するので、計算が立ちやすいです。

ただ、大谷選手は例外。

 

シーズン開幕時点ではまだ調整方法が確立していませんが、基本的に大谷選手は投手として登板する前後の試合は出場しません。

ですので、投手大谷の前後の試合は野手大谷を観られないと想定しておきましょう。

 

6連戦の場合の例:火曜日→野手、水曜日→野手、木曜日→休養、金曜日→投手、土曜日→休養、日曜日→野手

 

単純計算ですが、4試合連続で行けば、投手or野手としての出場を観られる可能性があります。

 

リアル二刀流(投手と野手の当時出場)を期待して、DH制のないインターリーグを観に行く手もあります。

ただ、その場合の注意点として、DHがないので野手としての出場がない可能性が高いです。

運よく登板日を観られればよいですが、そうでない場合は欠場する可能性大。

 

もしかしたら日本ハム時代のように、投手の日もDH制を使わずに登板する可能性はありますが、現時点では未定です。

移籍して所属先が変わっている可能性がある

メジャーリーグ観戦で一番の悩みの種は、移籍が頻繫に行われること。

メジャーの場合は、移籍期限の7月末まで頻繫にトレードが行われます。

 

日本のプロ野球と違って、チームの看板ともいえる大物選手も移籍する可能性があるので、日本人選手も例外ではありません。

大谷選手が2018年のシーズン途中に移籍する可能性はほぼあり得ませんが、他の日本人選手は何が起こるかわかりません。

 

チーム状態が悪ければ、地区優勝、プレーオフ進出、ワールドシリーズ制覇を狙う球団に移籍する可能性もあります。

日本では実力を発揮できない選手がトレード対象になるケースが多いですが、メジャーの場合は優勝請負人、債務整理のためにトレード候補になる可能性大。

 

上記で日本人選手対決カードとして挙げている試合も、いつ日本人がいなくなるかわかりません。

確実に日本人対決を観たいなら、トレードが活発化するシーズン序盤の5、6月までに行った方がいいです。

 

恐らく、イチロー選手と大谷選手の移籍はないと思うのですが、その他の選手はチーム状態によっては本当に何が起こるかわかりません。

まとめ

  • ダルビッシュ有、田澤純一投手と大谷選手の直接対決はない(レギュラーシーズン)
  • イチロー選手との対戦は数多く観られる可能性大
  • おすすめは7月(24試合中15試合が日本人所属チーム同士の対決)
  • 投手の登板試合を観る&予想するのは難しい
  • 移籍があるのでシーズン終盤に日本人がどこに所属しているかは読みづらい
  • オールスターやプレーオフでも日本人対決の可能性はある

 

投手としても、野手としても順調なスタートを切った大谷翔平選手。

これから手強いメジャーのスーパースターとの対戦や、過酷なメジャーの日程&移動、厳しい攻めが待ち構えています。

 

しかし、常に不可能を可能に変えて、常識外れを現実のものにしてきた選手です。

世界最高の選手になる挑戦は始まったばかり。

 

これからの二刀流メジャーリーガー大谷翔平選手の活躍に期待です。

 

なお、試合の日程や所属先は随時更新していきますので、また本記事を読んで頂けると幸いです。


それでは、さようなら!

エンジェルスの試合観戦チケットを購入するなら

試合観戦チケット

viagogoは、世界60ヶ国以上でウェブサイトを展開する世界最大規模のチケット売買サイトです。

 

メジャーリーグ以外にも、サッカーのUEFAチャンピオンズリーグやテニスのウィンブルドンなど、日本国内外のスポーツチケットを扱っています。

日本語にも対応していますので、メジャーリーグの観戦チケットをお探し場合は、一度ご覧になってください。

 

試合観戦ツアー

自分で個別にチケットやホテルを予約するのが面倒な方は、試合がパッケージされたツアーが便利。

 

とりあえず往復航空券とホテルだけ抑えて、現地の移動や観戦はツアーを申し込む手もあります。

最悪日本人選手が怪我した際も、オプショナルツアーなら別の日程に変更も可能ですしね。

゜:*★ロサンゼルスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

海外旅行関連記事

【旅好きにおすすめ】最大16%還元のBooking.comカードのメリットまとめ

年会費無料の海外旅行・留学におすすめなカードとサービス3選【外国での換金不要!】

スポンサーリンク