死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

ネタバレなしの『バチェラー・ジャパン』のおすすめポイント3選と改善希望、レビュー【Amazonプライムビデオ】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。

 

本日は、まだ観てない人向けの『バチェラー・ジャパン』のおすすめポイント3選をお話します。

※最低限のルール説明だけにとどめ、ネタバレ要素は控えさせて頂きます。

 

気になってるけどまだ『バチェラー・ジャパン』を観てない方は、是非参考にしてください

目次

『バチェラー・ジャパン』とは

世界一の恋愛リアリティ番組「The Bachelor」遂に日本上陸。2002年の放送開始から、瞬く間に全米で最も愛される国民的人気番組に成長した「The Bachelor」。たった1人の理想の男性が、多数の女性の中から最高のパートナーを選び、1人にプロポーズをするという究極の恋愛番組。これにより、まったく新しい仕組みが数々のドラマを生み、現在では全世界30か国でエピソードが製作されています。「バチェラー(bachelor)」とは独身男性という意味であり、本シリーズでは、真の愛を見つけ出すチャンスを得た、ある一人の幸運な独身男性バチェラー(久保裕丈氏)が、25人の女性たちと様々なデートを繰り返しながら、運命の相手となる最後の1人の女性を選び出していくという恋愛サバイバルが繰り広げられます。圧倒的にラグジュアリーで非日常な世界で繰り広げられる、他のどの恋愛番組よりもリアルで、時に残酷な現実をお伝えする究極の恋愛リアリティ番組です。

引用:バチェラー・ジャパン

 

一話あたり50分前後で、シーズン1は全12エピソード。

1エピソードごとに、プレミアム・トークセッションが約20分。

プレミア・トークセッションでは本編を観た感想を総合プロデューサーの今田耕司と女性ゲストが語り合います。

 

シーズン1の公開日は2017年2月17日。

シーズン2の配信も発表されています(2018年春配信予定)。

 

『バチェラー・ジャパン』のAmazonレビューは、☆3.5の評価です。

f:id:jubenonz:20180221201929p:plain


『バチェラー・ジャパン』 予告編 1 | Amazon プライム・ビデオ

最低限知っておいて欲しい『バチェラー・ジャパン』の基本ルールと概要

  • 独身男性バチェラー1人を、25人の女性たちが結婚をかけて競う
  • 各ステージごとに数名(1~5人)が脱落していくシステム
  • 通過者を決めるにあたってゲームやポイント制はない
  • ステージ通過者はステージの全ての日程終了後にバチェラーが決める
  • ステージ通過者数は視聴者にも参加者にも明かされない
  • ステージによって集団、個別デートなどが企画され、参加者はバチェラーが決めたり、参加者の女性が話し合って決める
  • 参加者の女性は途中リタイアすることも可

 

ざっくりこれだけ理解していれば、『バチェラー・ジャパン』を楽しめます。

 

バチェラーから手渡されるローズが次のステージ進出には必要不可欠。

各ステージの全日程終了後に全員の前で名前を指名されるパターン、ステージの途中でバチェラーから直接個別で手渡されるパターンの二つ。 

 

女性からデートをしたいとお願いすることはできますが、デートするにはバチェラーからの誘いが必須になります。

ただ、「女性で話し合って1対1のデート参加者を決める」、「指名された一人の女性が誰が1対1のデートに行くか決めさせる」などのパターンもあるのです。 

『バチェラー・ジャパン』のおすすめポイント3選

完璧な経歴を持つ独身男性を巡る、”豪華な”女たちの戦い

バチェラーの久保裕丈氏は、イケメン、東大工学部卒、元社長のコンサルタント、スポーツ万能という何拍子も揃った存在。

いわゆる”玉の輿に乗る”にはこれ以上ない人物です。

 

参加する女性の職業、年齢、経歴、性格、容姿はバラバラ。

 

最年少は20歳で、最年長は34歳。

学生やインスタグラマー、フリーター、女優、タレントと各ジャンルから集められています。

バリバリのギャルもいれば、清楚系、現役モデル、和服が似合う美女まで揃うバラエティー。

 

特に難しい条件はなく、ただバチェラーから「結婚相手にふさわしい」と認めてもらい、指名されれば良いのです。

 

デート(戦い)の舞台は北は北海道から南は沖縄、はてはタイやお互いの実家(実の親付き)まで様々。

アウトドアのアクティビティから、インドアの部屋デートや料理、更には気球やヘリコプターで空を飛ぶなど、贅沢に費用を使った番組であることも特徴です。

 

女性にとっては夢のようなデートの数々を見ることができます。

結構ドロドロなリアルな女たち 陰口、陰湿な口撃、嫉妬、妨害、独占、噓のオンパレード

一見すると華やかな舞台や煌びやかな衣装に身を包まれた男女の豪華な絵面。

ただ、実態はかなりドロドロとした女の戦いが繰り広げられています。

 

1人の男性に対して、女性は複数人。

従って個別でバチェラーと会話できる時間はごくわずか。

良くて数分、下手したら1秒も会話できない可能性だってあります。

 

そのため、別の誰かが1対1で話していても、お構いなしで妨害したり、割って入ったりして自分の時間を作ろうとするのです。

中には精神的な不安から涙したり、バチェラーからの秘密の誘いを女性陣に秘密にしたり、バチェラーにボディタッチしているところを皆に見せつけたりと、もうめちゃくちゃ。

 

「自分は好かれているのか」、「十分アピールできているのか」、「なぜデートに誘されないのか」、「皆にいい顔してるバチェラーが信用できない...」

目に見えるポイントや勝敗が明確なゲームがないので、ある意味究極のメンタルの戦いです。

 

バチェラーの前では決して見せないような怒声やキレ顔を見せたり、ローズをもらったことを勝ち誇ったように見せつける人すらいる始末。

正直どの女性も怖過ぎて、私にはお付き合いできないです(むこうも願い下げでしょうが)。

 

ある女性参加者が発した「友達作りに来たわけじゃないから」という言葉が、全てを物語っています。

 

シーズン終盤には、参加女性勢揃いの暴露トーク編もあるので見所です。

本編では映し出されていない部屋での裏話や、ぶっちゃけ話、今だから言える本音。

もう振られてしまっているので、ガンガン攻めていく女性たちが観れて面白いです。

 

「あのおしとやかな雰囲気はどこにいったんだよ」と、思わずツッコミを入れたくなりました(笑)

今田耕司と女性ゲストによるプレミアム・トークセッションの分析・考察が秀逸

【プレミアム・トークセッションの女性ゲスト一覧】

  • 道端アンジェリカ
  • 筧美和子
  • 佐野ひなこ
  • 高橋メアリージュン
  • 藤田ニコル
  • 今井華
  • 朝比奈彩
  • 橋本マナミ
  • 吉木りさ
  • IMALU
  • しずちゃん(南海キャンディーズ)
  • 春香クリスティーン

 

「あいのり」や「テラスハウス」を観ている人にはお馴染みの、スタジオトーク。

バチェラーたちの戦っている映像を見ながら、ああだこうだと感想を言い合います。

 

男性の私としては、女性目線の意見は貴重。

裏を返せば、女性の視聴者としては今田耕司さんの男性目線があると貴重。

異性の考えを聴けるのは面白いです。

 

結構女性陣に対して辛辣なコメントをするゲストもいたりして、改めて女性は怖いと思わされました。

 

時間にして20分程度なので、 前回の振り返りとしても役立ちます。

プレミアムトークにならって、是非ご自身の友人知人の異性と一緒に観ると、番組の面白さが増すこと間違いなしです。

残念だった点

良くも悪くも”結婚ありき”

 「あいのり」や「テラスハウス」との最大の違いは、結婚を大前提とした恋愛ということです。

 

そうなると「彼女としては面白いけど、結婚相手としてはどうか...」という基準でふるいにかけられてしまう人がいます。

バチェラーの選考結果を見ていても、その考えが見え隠れしていました。

 

両方の実家に行って両親に会うという斬新な展開がある面白さがある一方で、ある程度最初から勝ち上がりが予想しやすい部分があったのは残念。

 

思いっきりチャラい遊び人をバチェラーにした回があっても面白そう。

意外にチャラバチェラーが結婚に本気になっていくパターンがあったら....

本当に参加者は久保さん(バチェラー)のこと好きなの?

何回出てくるかわからない「好き」という言葉。

ただ、観ていて”なぜ”この人たちは久保さんのことが好きなのかの説得力がありません。

 

自分のことを知って欲しいというアピールが先にきていて、肝心の久保さんの内面を知ろうとしている感じがなかったです。

豪華な施設やデートプランに驚いているばかりで、肝心の久保さんの言動に惹かれていく描写が少なかったですし。

 

イケメン、紳士的、高学歴、お金持ちという”ステータスだけに惹かれている”感じがして、そこはちょっと残念。

 

視聴者層を考えた演出なのかもしれませんが、「久保さんの事業内容、将来の展望などに興味を持つ人はいないのか?」とちょっと不満がありました。

 

「老夫婦になったらこういうデートをしたい」、「子供が生まれたらどんな親になっていたい」のような、どちらかというと女性よりの乙女チック(私は嫌いじゃない)な話が多く、どちらというと久保さんが聞き役に回っていることが多いです。

 

もっと久保さんが描く将来を聞く人がいても良かったのではと、残念な気持ち。

案外そういう目線で見ていた男性は多かったのではないでしょうか。

なんだかんだ男性は自分の野心と将来設計とかを聞いて欲しい人が多いですからね。

 

ひねた見方をするなら、「本気で結婚したいのかな?」と思わされました。

本当に久保さんと結婚するというよりは、番組を観ている同性への好感度アップを狙っているようにも受け取れましたし...。

今後期待されるルール追加・変更要素

女性からも仕掛けられるゲーム要素追加

シーズン1で一番じれったかったのは、女性からのしかけに限界があったこと。

基本的にデートの誘いは待つばかりで、できることといったら皆がいるカクテルパーティーやアクティビティの時に個別の誘いをするくらい。

 

時間の制限があるため、女性から仕掛けるには他の人と1対1で話している時に無理やり割り込む必要があります。

本気度を表す意味では一定の効果があるでしょうが、マイナス印象を与える可能性大。

 

どうしても女性が仕掛けるともれなく、強欲、空気読めない、利己的なような負のイメージがつくシステム。

 

結婚相手として考えた時に、人が個別で話している時にあからさまに妨害行為をする人ってどうなんだろうという気がしてなりませんでした。

 

女性が何かを頑張ればデートの権利を獲得出来たり、自分の得意な領域でアピールできるなど、女性が自然にアプローチしやすいルールの追加を希望します。

そうすればもっと魅力を伝えられる女性がいたでしょうし。

 

特に控えめな女性(この番組に出演している時点で控え目なのかというツッコミはおいといて)への救済措置は何か欲しいところ。

バチェラーのぶっちゃけ中間発表を知りたい

良くも悪くも、バチェラーの久保さんは内心何を考えているのかわかりません。

なぜあの女性を落としたのか、急にデートを誘うようになった理由は何か。

 

もちろん、それらをあれこれ考えるのも番組の魅力なので、さじ加減は難しいです。

ただ、あまりにバチェラーの心情がわからないので、「なんだよ、こいつ誰彼構わず好意を見せてるだけじゃん」という気持ちになる場面がありました。

 

視聴者だけに向けた中間発表を設けて、「後半のあの行動で一気に逆転した!」みたいな見せ場があると、なお盛り上がったのではないでしょうか。

 

何がバチェラーの心の琴線に触れるのかがわからなさ過ぎて、女性たちのアピールの是非を視聴者としては推し量りづらかったです。 

地上波ではできない試みをもっとして欲しい

実は本家アメリカ版では、”あっちの方”の相性も確かめることがあるらしいです。

さすがに日本ではそこまで出来ないでしょうが、ネット配信番組なのだからそれに準ずる試みがあっても良いのかなと。

 

正直地上波では観られないような演出や表現は特にありませんでした。

参加者のプライバシーや放送倫理など色々あると思うので難しいでしょうが、もっとネット配信番組の利点を活かした番組作りに期待したいです。

坂東さんのスピンオフ企画

観ていない人にとっては「誰だよ坂東さんって」という感じでしょう。

坂東さんとは、番組MCの方でバチェラーと参加者女性の間を繋ぐ役割。

基本的にはルール説明や、司会進行を行ってくれます。

 

最初は「胡散臭い喋り方をする人だな」くらいにしか思っていなかったのですが、徐々にその存在感が増していきました。

途中ギスギスするシーンや、待機組の女性が待ちぼうけで不安になる場面があります。

 

そんな時にすっと現れる坂東さんの存在にどれだけ癒されたことか。

 

基本的に坂東さんが登場するシーンは、損な役割が多いです。

タイムアップを告げる、バチェラーからの変な伝言を伝える、雪山でふぶかれながらルール説明をさせられる...。

 

そんな中でも、嫌な顔一つせず大人の対応を淡々とし続ける坂東さん。

 

こういったレビューが散見されるのも頷けます。

面倒くさい女性陣や面接官のような久保サンではなく、MCの坂東さんの大人の色気が光る作品でした笑。

 

最後にバチェラーがバイセクシャルをカミングアウトして、坂東さんにバラを捧げて告白する展開を強く希望したい

 

実際ラストシーンのバチェラーと坂東さんが向き合っているシーンには、BL展開を期待させられる何かがありました(笑)

 

是非坂東さんが主役のスピンオフ企画をやって欲しい。

私はそう思わずにはいられませんでした。

※注 私はバイではありません。

 

ちなみに本家版では、1人の女性(バチェロレット)を25人の男性が奪い合うパターンもあるそうです。

今回脱落した女性参加者が(バチェロレット)になるパターンも面白いでしょう。

『バチェラー・ジャパン』を観たくなったAmazonレビュー一覧

32歳独身男性視聴者のレビューです。
この手のバラエティ番組は頭を空っぽにしてぼーっと観れるので好きでした。
中でもこのバチェラージャパンはシナリオがしっかりしており惹きつけられるものがあります。

ただ、この作品で特筆すべき点はよくできたシナリオや女性同士の争いなどではありませんでした。
私が最も心揺さぶられたのはバチェラーである久保さんの立ち振る舞いです。
同性として久保さんのようになりたいと思うようになりました。
その尊敬の気持ちは回を重ねる毎に強くなり、次第にその気持ちは愛情へと変わっていきました。

この作品と出会えたことで自身の可能性の広がりを感じました。

 

観る前は、「なんか悪趣味な企画」という印象で
バラの花を持った久保さんの画像も気持ち悪く思っていましたが

観だしたらハマってしまい、毎週金曜日を楽しみにしていました。

最後のトークセッションSPを観ていたら
なんだか、もう終わってしまうのが残念に思えるほど面白かったです。

 

「バチェラーを気に入らなければ女性から辞退してもかまわない」というルールがあるにもかかわらず、
自ら辞退する人が1人だったというのは、女性たち自身も途中でやめたくないという意地があったんでしょうが
大前提としてバチェラーが悪魔的にハイスペックかつ人当たりも良い久保さんだからこそでしたよね。
もしかすると辞退しようか悩んでる人には、スタッフの説得なんかがあったのかもしれませんが。

シーズン2ってどうなるんでしょうね。
次のバチェラーがどんな人だろうが、久保さんより性格が良いとか悪いとか、経済力が有る無いなど比較されるんでしょうけど、
男性のスペックや人間性によって「BACHELOR」がどう変わるのか興味があります。

シーズン2をとても楽しみにしています。

 

いいものほど意見がはっきり分かれるものだと思います。
一部に絶大な支持があると反対の性質を好む人はそれを批判しますからね(^^)

全米で超人気番組というだけあって、とても優れた構成の恋愛番組だと思いました。
「ローズをもらえなかったら、今回でこの場を去る」という焦燥感がより女性たちの感情をリアルにしているので、今までの恋愛番組とは一味違うと思います。

多少男性目線になりますが、見所は
バチェラーの思惑(サプライズローズの時など)とその時の女性の受け取り方のズレ。
女性同士の時の話し方や仕草がバチェラーの前とはやはり違う感じ。
女性のタイプ別に時と場合による考え方の違い。(女性がキュンとするポイントが少しわかったりします)
上記を踏まえて、今回は誰が残るのか?!(毎回予想をすると楽しめるのではないでしょうか)
などなどです。

個人的にはやはり「女性の笑顔は素敵だな」と思うのと、ローズがもらえなくて去って行く間際の女性が一部の方を除いては何マジックなのかな?と思うくらいとても素敵に見えます(^^)

涙もろい方は必ずティッシュをご用意ください。終盤は結構感動しますよ(^^)

 

話が進むにつれて女性が減っていき、各々の女性にスポットライトが当たる時間が増えていくので、キャラクターがよくわかるようになり、後半ほど楽しめます。

 

久保さんのスペックがどうのこうのではなく、誰に対しても常に笑顔で敬って接することができる人で、いつも機嫌がいいので本当に魂レベルの高い人だと感じました。さすが原作はメイドインUSA、アメリカドラマが好きな人はがっつりハマるんじゃないでしょうか。

引用:『バチェラー・ジャパン』のAmazonレビュー

『バチェラー・ジャパン』を観る方法

  • Amazonプライム会員になる 

 

 『バチェラー・ジャパン』はAmazonプライムビデオのみの独占配信。

他の動画配信サービスや、地上波では観ることができません。

 

2018/2/21時点でDVDも発売されていません。

 

Amazonプライムビデオなら月額325円。

 初月は30日間無料です。

 

「Fire TV Stick」があれば、テレビでも視聴できますしね。

 

Fire TV Stick」についての詳細は、下記の記事を参照してください。

『バチェラー・ジャパン』シーズン2の情報

話題を呼んだ『バチェラー・ジャパン』のシーズン2の配信が決定。

シーズン2のバチェラーは、京都出身、35歳でIT企業の幹部を務める小柳津林太郎氏。小柳津氏は幼少期をNYで過ごした後、帰国。その後、慶應義塾大学経済学部を卒業し、就職後は持ち前の語学力とビジネスセンスを生かし海外事業の立ち上げにも携わり、後輩たちにも親しまれているプロフェッショナル。休日はアクティブにバスケやフットサルなどを楽しみ、仕事でもプライベートでも時代の最先端を走っているという。

引用:「バチェラー・ジャパン」シーズン2、'18年春プライム・ビデオで配信。新バチェラー決定【エンタメCLIP】


バチェラー・ジャパン シーズン2、新・バチェラー発表!|Amazonプライム・ビデオ

 

2018/2/21時点で正式な配信日は決まっていませんが、2018年春に配信予定。

本配信に先駆けて、ナイナイの矢部氏、岡村氏と柳原可奈子氏、高橋真麻氏がシーズン2のバチェラーと参加女性20人を徹底プロファイリング&予想。 

 

もし既にシーズン1は観た、ネタバレしているのでシーズン2から観たい人は是非ご覧になってください。 

まとめ

【バチェラー・ジャパンをおすすめできる人】

  • 恋愛番組が好きな人
  • 女性のドロドロとした一面を観たい人
  • 豪華な施設、アクティビティ、デートを観たい人

Amazonプライムビデオのおすすめポイントと会員登録方法

www.shinumade.com

 

Amazonプライムビデオを他の動画配信サービスと比較してみて感じたメリットとデメリットをまとめてみました。

Amazonプライムにしかない利点、おすすめポイントをまとめてみましたので、参考にしてください。

 

会員登録の方法やテレビでの視聴方法もまとめております。

アマゾンプライム限定配信動画感想記事一覧