死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

2018年2月20日からYouTubeの収益化条件が変更!内容と今度の動向を予想!

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

youtube

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。

 

本日は、2018年2月20日からYouTubeの収益化条件が変更!内容と今度の動向を予想します。

目次

スポンサーリンク

2018年2月20日からYouTubeの収益化条件が変更

2018/1/17、YouTubeから衝撃的な発表がありました。

広告などを掲載して、Youtubeを収益化するための審査条件が変更したのです。

 

その条件は、下記の二つ。

  • 過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数が1,000人以上

f:id:jubenonz:20180117131441p:plain

引用:YouTube パートナー プログラムの概要 - YouTube ヘルプ

 

この条件は2018/2/20から適用されます。

それ以前に収益化が有効だったチャンネルも、2018/2/20以降条件に達していない場合は、広告の掲載ができません。

 

※変更点に関するyoutube公式ブログを全文読みたい方は、下記のリンクからどうぞ。

youtube-creators-jp.googleblog.com

審査条件変更の背景とは?

youtubeは2017/4/16に、YouTube パートナー プログラムの審査条件を総再生回数10,000万回と設定。

 

そこから1年も経たぬうちに、審査条件をハードルの高いものにしました。

背景にあるのは、不適切な動画が広告収入を得ていることへの批判。

 

人種差別や、未成年が出演する動画への不適切なコメント、子ども向けではない動画が表示される問題...。

 

これらに対応すべく、YouTubeは機械学習による問題コンテンツ検出と、1万人の審査員増員の人海戦術での対応を表明。

Googleは6月、こうした問題に対処するために機械学習による問題コンテンツ検出システムの強化を約束した。

 ウォジスキ氏によると、6月以来、機械学習システムは従来の5倍以上人間のレビュアーをサポートしたという。機械学習のサポートを得て、15万本以上の動画を暴力的過激主義だとして削除した。現在では、暴力的過激主義だという報告の98%は機械学習によるもので、そうして報告され、実際に問題だと人間のレビュアーが判断した動画の70%は投稿から8時間以内に削除されている。

 

機械学習システムの強化を継続しつつ、最終的な判断をする人間のレビュアーも増やす。2018年中にレビュアーチームを1万人以上にする計画だ。ちなみに米Facebookは5月、年内に人間のレビュアーを7500人にすると発表した。

引用:YouTube、不適切動画チェック担当者を2018年に1万人以上に - ITmedia NEWS

 

広告主の相次ぐ撤退への懸念から、YouTubeの適切化に踏み切ったのです。

新条件の難易度は? 新規参入組には難しい?

新たな審査条件は、はっきり言って新参者には厳しい条件です。

特に厳しいのが、「チャンネル登録者数が1,000人以上」。

 

ぶっちゃけ、「過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上」はそんなに難しいことではありません。

仮に視聴時間が5分の動画を作ったして、それが48,000回再生されれば条件クリア。

 

下記は私が、2017/11/24 に公開した動画。


松井秀喜が生涯巨人なら王貞治の通算本塁打868を超えられたか検証【パワプロ2017】

 

約一ヶ月半の間に、45,759 回再生(2018/1/17時点)。

実はそのほかにも累計万単位再生の動画が6個ほどあります。

 

youtubeチャンネルを開始して、2、3ヶ月の私でも出来たのでそんなにハードルは高くありません。

ましてや”過去12ヶ月間の合計”なので、ハードルは低いと言えます。

 

問題は「チャンネル登録者数が1,000人以上」。

ソースは不明の記事で恐縮なのですが、いくつかのネットの記事にチャンネル登録1,000以上は全体の5%という話がありました。

 

その裏付けにはなりませんが、Kamuitrackerのチャンネル登録数グラフを観ても、1,000以上のチャンネルはかなり少ないです。。

f:id:jubenonz:20180117134754p:plain

 

HikakinTVのように、チャンネル登録者数500万超えを見慣れている人にはピンとこないかもしれませんが、「チャンネル登録者数が1,000人以上」は非常に難易度が高いのです。

 

実際私のチャンネルはチャンネル登録者数が大きく不足しています...。

f:id:jubenonz:20180117143738p:plain

※2018/1/17時点 

 

下記の記事にも書かれているのですが、駆け出しの頃のyoutubeチャンネルのチャンネル登録者数の伸びは本当に悪いです。

YouTuberは6段階にランク分けされてる?ランクごとの解説とランクアップの為のヒント - YouTube デビュー!

 

一日に1、2人増えればいいほうで、下手したらチャンネル登録解除でマイナスということもあります。

仮に毎日一人なら1,000日、5人なら200日、10人でも100日。

 

もちろん一気にどっと増えるかたもいるので、一概には言えません。

ただ、よほどインパクトのある動画や元々知名度が高い人でもない限り数ヶ月、下手したら1年以上かかる可能性があります。

スポンサーリンク

収益化条件はyoutuberにとって追い風か?逆風か?

2017/11中旬~2018/1にかけて、収益化審査が滞っており、新規youtuberからは不満の声が続出していました。

そこに追い打ちをかけるような、審査条件の厳しい変更。

 

ここで一気に気持ちが滅入った人もいるでしょう。

確実に新規参入組の数は減ることが予想されます。

 

2年前は初めてすぐに広告を掲載できたのが、数ヶ月かかってようやく審査に辿りつけるわけですから。 

 

ただ、個人的には悪いことばかりではないと思っています。

大きな理由は二つ。

  1. ライバルが減る
  2. 広告収入が増加するかもしれない

1.ライバルが減る

確実に言えるのはライバルは減ると思います。

正直以前の10,000回再生ならビギナーでも可能性は大いにありましたが、チャンネル登録者数1,000人超えは難しいですし、時間がかかります。

 

手軽に収益化したい人は確実にYouTubeからは撤退するでしょう。

また、審査する対象が減れば、youtubeの審査側としてもじっくり審査ができます。

そうすると、ブラックな動画(コピーやテレビ番組転載など)を排除しやすくなるでしょう。

 

そうした審査の厳格化が、違法動画がup主を遠ざけていきます。

いやがおうにも既存や新参のライバルの中には、やめる人が増えるでしょう。

2.広告収入が増加するかもしれない 

これはあくまで推測ですが、広告収益が増加する可能性はあります。

 

今までは数多のyoutubeチャンネルに広告収益が流れていたので、一人一人に渡る分配が少なくなっていたでしょう。

ところが、広告収益をもらえるチャンネルが減れば、一つ一つのチャンネルに振り分けられる分が増える可能性があります。

 

youtube側としても、自分たちの広告収入をよりハイクオリティーなチャンネルに振り分けたいでしょうから。

 

つまり、今までは違法スレスレや不正なチャンネルにまで広告収益が流れ、クオリティーの高い動画を挙げていた人が損をしていたわけです。

 

そうした正直者が馬鹿を見る状態が改善され、人気のチャンネルはより潤う展開が進むことが予想されます。

ちょっとした懸念点も...

ただ、良いことばかりではないとも思ってます。

ざっと挙げると下記の懸念材料が..

  1. 審査基準は厳しいか、緩いのか
  2. チャンネル登録を買収と解除祭り
  3. youtubeの不人気化

1.審査基準は厳しいか、緩いのか

一番気がかりで不透明なのが、審査基準。

いざ、審査条件をクリアしたとして、果たして審査は承認されるのか。

 

こればっかりはまだこの審査を受けた人がいないのでわかりません。

ただ、ひょっとすると今までは許されていた(黙認)チャンネルまで、審査が通らない可能性もあります。

 

この機会にyoutubeチャンネルの適正化を図っていると思うので、かなり厳しい審査基準が内部に設けられている可能性も否めないです。

 

Googleは広告主に対し「もちろん、チャンネルの規模だけではそのチャンネルが広告に適しているかどうかを判断すには不十分だ。コンテンツがポリシーに準拠し、スパムや嫌がらせのようなシグナルを出していないかを厳重に監視する」と説明する。

 

 また、広告主向けの予約型広告商品「Google Preferred」の対象チャンネルの選定に際し、コンテンツが広告ガイドラインに沿っているかどうかを人間がチェックする。これは2月中旬にまず米国でスタートし、3月末までにすべての地域で実施する。

引用:YouTubeの広告掲載基準厳格化、人間によるチェックも - ITmedia NEWS

2.チャンネル登録の買収と解除祭り

一番引っかかるのは、チャンネル登録数が収益化の条件になっていること。

これをやると、不正でチャンネル登録者数を売り買いする人が現れる気がします。

 

結果的に今まで人気チャンネルかどうかを推し量る一つの目安が悪用されるのではないでしょうか。

 

また、某youtuberに行われたチャンネル登録解除祭りも恐ろしい懸念材料。

ネット上で恨みを買った人が、ユーザーたちから意図的に大量チャンネル登録を解除する流れです。

 

今までは収益化の基準が再生回数だったので、ユーザー側にコントロールする術がありませんでした。

ところが、チャンネル登録数はユーザー側でも多少コントロールできます。

 

チャンネル登録が収益化に関わってることを知ったユーザーの中には、色んな思いからチャンネル登録を解除する人が現れるかもしれません。

 

既に数十万単位のチャンネル登録を集めているチャンネルは良いですが、ギリギリ1,000前後のチャンネルにとっては死活問題。

 

その他にも、こういった情報商材に手を出す人が増えていくかもしれません。

YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

 

審査条件にチャンネル登録が組み込んだことが、悪手にならなければ良いのですが...

3.youtubeの不人気化

まぁ、正直なところ違法動画を視聴しているユーザーはいると思います。

見逃したテレビや、人気の映画やアニメ...。

 

こうしたコンテンツを目的に、YouTubeを利用している人は一定数いるでしょう。

そうしたユーザーへの関連動画表示で、再生回数を伸ばしていたホワイトなチャンネルもあったはず。

 

それが完全に違法動画が排除されれば、そもそもYouTubeを利用しない層が一定数いると思います。

 

もちろんYouTubeの適切化という意味では正しいアクションなのでしょうが、youtubeとしては既存ユーザーを離れさせる遠因になりかねないのではないでしょうか。

収益拡大の可能性大!俺は燃えている!

では、今回の騒動を受けて、私のテンションが下がっているのか。

答えは否です。

 

むしろテンションが上がってきました。

元々2018年の目標はチャンネル登録10,000人超え。

「年間500万再生&チャンネル登録10,000人超え」が現実的なギリギリの目標かなと考えています。

 

既存のルール上でも、チャンネル登録1,000人以上にはメリットがあったので、目指すべきところだったのは変わってません。

【チャンネル登録1,000人以上のメリット】

  • Super Chatの有効
  • スポンサーシップの有効

 

広告収益増加と、ライバル減少の可能性を考えれば、モチベーションは高まる一方。

今までの全チャンネルへのボーナスステージが終わって、人気のチャンネルに適切な収益が分配されるあるべき形にはなっと思います。

まとめ

  • 2018年2月20日からYouTubeの収益化条件が変更
  • 「過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上」は比較的簡単
  • 「チャンネル登録者数が1,000人以上」は難易度高くて時間がかかる
  • 広告収益増の可能性有り
  • 審査基準は現段階では不明

 

2018年2月20日以降に私のチャンネルが審査を受けたら、審査結果について記事を作成します。 

いつになるかはわかりませんが...。

 

私のチャンネルに興味がある方は、是非一度ご覧になってみてください。

できればチャンネル登録もよろしくお願いします(切実) 

 


それでは、さようなら!

スポンサーリンク