死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主に野球(西武ライオンズ中心)、英語学習について書いています。youtubeでパワプロのゲーム実況もやってます!

【東京・新宿】『長崎県対馬市美津島町 しろや』の穴子づくしコース!【一休.com使えばお得に!】

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト25【2017年最新作含む】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.動画配信サービス(VOD)比較表と選ぶ際のポイントと注意すべき点4つ

f:id:jubenonz:20171217121330j:plain

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。

 

本日は、【東京・新宿】『長崎県対馬市美津島町 しろや』の穴子づくしコース!【一休.com使えばお得に!】を紹介します。

※本日の記事の情報は2017/12/17時点のものです。

目次

【東京・新宿】『長崎県対馬市美津島町 しろや』

f:id:jubenonz:20171217122718j:plain

西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分ほどのところにある『長崎県対馬市美津島町 しろや』。

人々が入り乱れる歌舞伎町の煌々と照りつける看板の中に、『長崎県対馬市美津島町 しろや』の文字。

 

※写真の左最下部

f:id:jubenonz:20171217122926j:plain

 

あらかじめ席とコースを予約していたため、待つことなく席に案内されました。

私が来店したのは金曜日の19時15分。

実は19時30分からの予約だったのですが、店員さんに「早めに着いてしまったのですが大丈夫ですか?」と確認すると快くOKしてくれました。

   

ちなみに、『長崎県対馬市美津島町 しろや』は食べログ評価3.5超えのお店です。

f:id:jubenonz:20171217120542p:plain

引用:鯛塩そば 灯花 (とうか) - 曙橋/ラーメン [食べログ]

【東京・新宿】『長崎県対馬市美津島町 しろや』 店内へ

f:id:jubenonz:20171217123446j:plain

おしゃれな内装と、やや暗めの照明が雰囲気を良くしてくれています。

 

コートを店員さんに預けて、私たちはL字型のカウンター席に案内されました。

f:id:jubenonz:20171217124406p:plain

引用:一休.comレストラン

 

店内には現長崎県知事・中村法道氏の認定証も飾られていました。

f:id:jubenonz:20171217123755j:plain

 

最初にドリンクを注文して、いよいよコース料理が開始。

f:id:jubenonz:20171217123942j:plain

私はある程度コースの内容を把握していたのですが、連れの女性にはほとんど明かしていません。

その女性が絶品料理に心躍らせてくれることを期待して、ワクワクしていました。 

 

ちなみに、店内の客層はサラリーマン風の方々が中心で、静かに会話と料理を楽しむ方が多かったです。

落ち着いた空間でゆっくり食事と会話を楽しむのに最適なお店でした。 

f:id:jubenonz:20171217124455p:plain

引用:一休.comレストラン

【東京・新宿】『長崎県対馬市美津島町 しろや』の穴子づくしコースを実食!

f:id:jubenonz:20171217124238j:plain

最初に出てきたのは前菜の季節の三点盛り。

いきなり穴子が出てくる贅沢品。

 

じっくりと、それでいて確実に食欲を刺激させられました。 

 

穴子の背骨を利用した穴子チップは、料理の合間合間に食べるのに最適。

f:id:jubenonz:20171217124629j:plain

コリコリ感とサクサク感に、抜群の塩加減。

いわゆる「やめられない、とまらない」タイプの一品。

酒の肴にはちょうど良かったです。

 

私が来店した日は気温が10℃を下回る寒空。

そんな日に出されたお吸い物は身も心も温めてくれるものでした。

f:id:jubenonz:20171217124918j:plain

少しだけ入っている柑橘系の皮が、香りと味わいで絶妙なアクセントになっていました。

 

次に出てきたのは穴子の薄造り。

f:id:jubenonz:20171217125132j:plain

新鮮な魚だけでなく、梅や人参なども付け合せてあり、魚との相性が抜群。

梅の酸味が白魚の良さを引き出していて、特に好きでした。

 

前菜の数々だけでも十分満足出来そうなクオリティ。

しかし、メインディッシュはここから。

 

メインディッシュの第一弾として、最初に繰り出されたのは伝助穴子の岩塩白焼き。

f:id:jubenonz:20171217125322j:plain

穴子の柔らかさを残しつつ、かつ香ばしく焼き上げられた穴子。

その下には肉の旨味を引き出す岩塩プレート。

 

まずは何も付けに、素のままで味わうことをおすすめします。

柔らかな穴子のホクホク感と、絶妙な旨味。

人によっては穴子へのイメージが180℃変わりかねないほどの絶品です。

 

味わいの楽しみ方を多彩に用意してくれているのも『長崎県対馬市美津島町 しろや』さんの魅力。

f:id:jubenonz:20171217125551j:plain

 

藻塩やレモン、柚子胡椒といった様々なちょいたしアイテムが登場。

どれを付けても、穴子本来の旨味を損なわず、かつ引き出してくれる役割をしていました。

 

個人的には、レモンが一番美味しかったですね。

f:id:jubenonz:20171217130005j:plain

 

つぎにおわしまするのは、穴子と野菜の天ぷら。

f:id:jubenonz:20171217130031j:plain

 

「こんなに穴子を食べて良いのか?」とコース料金の見間違えを心配するほどの、怒涛の穴子攻勢。

穴子はもちろんのこと、群馬県の名産品・下仁田ネギの天ぷらも絶品でした。

 

藻塩、藻塩を連れて帰りたいぜ!

f:id:jubenonz:20171217130404j:plain

 

とまぁ、ここまででも十分大満足なコース料理。

少し箸休めにプチ情報を。

f:id:jubenonz:20171217132207j:plain

 

今回はカウンター席でしたので、料理人の方とお話する機会がありました。

話の上手な大将で、絶妙なタイミングで私と友人の会話に加わってくれました。

饒舌に語り尽くすというタイプではなく、ポイントとポイントで面白いコメントをしてくれるタイプの方。

 

手短に料理もしながら、面白いエピソードを話してくれるので、料理と酒とトークで酔わせてくれました。

なんでも、今度某キー局でテレビ出演のお仕事があるそうです。

もし、見かけた方は「これが噂の大将か」と思ってみてください。

 

ちなみに、私たちがやや深刻な話をしている時は、会話に入らない自然な配慮もある方でした。

 

さてさて、話を戻しますが、いよいよメインのメインデッシュが登場。

西のとろあなご重。

f:id:jubenonz:20171217130451j:plain

 

神々しいほどの鰻の照り!

f:id:jubenonz:20171217131001j:plain

お重の蓋を開けた瞬間の私が、どれほど興奮と感動を覚えたかは言うまでもありません。

 

説明はいらないですね。

美味しい、美味しいのただ一言です。

f:id:jubenonz:20171217131103j:plain

 

穴子のふわふわ感、タレと穴子とご飯の相性、柔らかな味わいの錦糸玉子、抜群の炊き加減のご飯...。

三重奏でも、四重奏でもない、幾重にも折り重なった絶品食材たちのハーモニー。

 

 

幸せ

 

 

の一言です。

 

そして終わらないメロディーは歌い続けます。

次なる刺客はひつまぶし。

f:id:jubenonz:20171217131341j:plain

 

お好みの量の穴子重をお椀に移し、絶品出汁をかけます。

穴子重のタレが出汁に溶け合って最高のアシストをしてくれました。

f:id:jubenonz:20171217131345j:plain

 

満腹中枢何処へやら。

お腹いっぱい、腹八分目などの言葉を置き去りにして、ひたすら食べることに没頭していました。

頭空っぽの方が夢詰め込めます。

 

一緒に行った友人との会話を忘れるほどに(笑)、一人穴子ワールドの中に引きずり込まれてしまったのです。

 

いやぁ~、これまた美味なる。

最近は追い飯系に恵まれた日々が続いております。

 

良きかな、良きかな。

 

最後は気分と腹を落ち着かせてくれるアイスまでついてきます。

f:id:jubenonz:20171217132030j:plain

 

あれが美味しかった、これも美味しかったとあれこれ語らいながら、至福のひとときを過ごしました。

新宿『長崎県対馬市美津島町 しろや』の穴子づくしコース。
最後のひつまぶしに至るまでの過程も珠玉の逸品が目白押し。 pic.twitter.com/vgNnec0Fnz

— はろーぐっばい@はてな&youtube&WordPress (@jubenonz) 2017年12月17日

 

大将から聞いたところによると、のどぐろやクエといった稀少な高級魚もリーズナブルな価格で頂けるそうです。

 

一般的には数万円以上する高級魚のコースを、一万円以下の価格で食べられるコースもあるとのこと。

 

少し長いですが、『長崎県対馬市美津島町 しろや』がネット記事で紹介された内容を一部掲載しておきます。

同店が高級料亭と変わらぬ品質の希少な魚を、一年通して安定的に提供することを可能にしたのは、代表の今田氏が試行錯誤の末行き着いたある秘訣のためだ。その秘訣は、仕入れ、加工、冷凍にある。当然のように思えるシンプルな答えだが、氏はこの3つに絞って深く研究したのだった。まず仕入れについていえば、対馬沖合でとれる良質なクエ、のどぐろ、穴子を漁師から直接大漁に買い取る。漁師からすると大漁でも不漁でも安定的に一定の価格で常に買い取ってくれるという大きなメリットがある。次に加工の段階では、釣った魚をすぐに活け締めにして、地元の職人が手早く正確に部位ごとにおろす。そして、最後に冷凍。加工した魚を特殊な冷凍方法で凍らせる。この技術は同社が独自に開発したもので、半年後も高い鮮度を保っていられるそうだ。魚の宝庫である対馬沖合で取れた魚を本土まで運ぶ方法として、特殊冷凍したものを陸路で店まで運び、板前が手間を加えて私たちの口に入るという具合だ。この仕入れから店までの強固なスキームを地道に築き上げてきたからこそ、一般的には3~5万円するクエのコースが1万円以下で提供できるのだ。

引用:天然クエ・のどぐろ・穴子をメインとした割烹料理「しろや新宿」対馬の水産会社直営で驚きのコストパフォーマンスを実現 - フードスタジアム フードスタジアム

【東京・新宿】『長崎県対馬市美津島町 しろや』の穴子づくしコースを一休.comでお得に利用!

『長崎県対馬市美津島町 しろや』の穴子づくしコースを、一休.comレストラン」で予約すれば 5,000円で頂くことができます。

 

メニュー
■一休限定特典 選べる1ドリンク(下記よりお選びください)
・生ビール
・グラスワイン(スパークリング、白、赤)
・チューハイ各種
・ハイボール
・ソフトドリンク各種


■先付
・穴子チップのサラダ

■前菜
・季節の三点盛り

■御造り
・穴子の薄造り

■焼き物
・伝助穴子の岩塩白焼き

■蒸し物
・レンコン饅頭

■天ぷら
・穴子 野菜

■食事
・西のとろあなご重

■甘味
・本日の甘味


※メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。
【元値内訳】
(コース・料理)5,400円 + (ドリンク)1,640円 = (合計)7,040円

 

一休.comレストラン」はオンライン上で、お得にお店を予約することができます。

f:id:jubenonz:20171217133101p:plain

引用:一休.comレストラン 

 

日付、時間帯、人数、予算、食べたい料理などを選択できますので、手間を少なく検索することができます。

しかも、予約可能な店舗だけが表示されるため、電話して時間を消費することもありません。

 

それでいてお得な割引サービスもありますので、利用しない手はないです。

 

私の場合は、12月の新宿(忘年会などで忙しい時期)、金曜日、二日前という悪条件の中で検索したのですが、都内に1000件近く予約可能店舗がありました。

 

幹事の方や、デートの急な予定が入った方などは、一度「一休.comレストラン」を利用すると、思ってもない名店を格安で予約できるかもしれません。

ちなみに、店舗によりますが、席のみの予約も可能です。

 

興味がある方は下記の公式サイトから↓↓

【東京・新宿】『長崎県対馬市美津島町 しろや』のアクセスと営業時間

f:id:jubenonz:20171217122017j:plain

営業時間

  • [日~木・祝日]
    11:00~15:00(L.O14:30)
    17:00~23:00(L.O22:30)

  • [金・土・祝前日]
    11:00~15:00(L.O14:30)
    17:00~24:00(L.O23:15)

    ※日曜営業

定休日

  • 不定休 ※2018年1月1日(月)~2018年1月2日(火)休館日

禁煙・喫煙

  • 分煙

席数

  • 48席(個室 1~4名様迄(4部屋有) )

電話番号

  • 03-6265-9102

住所

  • 郵便番号:〒160-0021
  • 住所:東京都新宿区歌舞伎町1-18-9 WaMall歌舞伎町 2F
  • 店名:長崎県対馬市美津島町 しろや

交通機関

  • JR 新宿駅東口 徒歩5分

  • 西武新宿線 西武新宿駅 徒歩3分

  • 地下鉄丸ノ内線 新宿駅 B13番出口 徒歩5分

    ※西武新宿駅から218m

グルメ関連記事

シドニー半年滞在で50軒以上外食した私のグルメ記事まとめ【シドニーグルメ】

【長崎・佐世保市】おすすめハンバーガー『ミサロッソ』!オリジナルサルサソースとパンズが魅力!

【福岡・博多】『ごはん家 椒房庵』の焼き立て玉子焼き御膳と博多明太子ランチ!