死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

【ガキ使】絶対に笑ってはいけないシリーズおすすめランキング!歴代視聴率も!

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

明日があるさ

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です!

 

本日は【ガキ使】絶対に笑ってはいけないシリーズおすすめランキング!をご紹介します。

今や毎年恒例となった日本テレビの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』「笑ってはいけない」シリーズ。

 

お笑い番組なのに笑うことが禁止され、笑ったら罰ゲーム。

 

このシンプルなルールが色んな意味でウケて、大人気企画となりました。

普段のガキ使は観ないけど、「笑ってはいけない」シリーズは毎年観ているという人は多いのではないでしょうか。

プロ野球は観ないけど甲子園は観る、Jリーグは観ないけどW杯は観る人が多いのに似た現象?(ちょっと違うか)

 

これまで2003年に放送された第一回から2016年までで合わせて14回も放送されています。

そんな「笑ってはいけない」シリーズを個人的に好きな順にランキングしてみました。

歴代の視聴率もご紹介しますので、参考にしてみてください。

目次

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』「笑ってはいけない」シリーズとは

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』のレギュラー放送では、開始初期から松本人志と浜田雅功による対決企画(優勝予想対決や短距離走対決等)を行い、負けた方が受ける「罰ゲーム」を企画の主軸に据えて放送していた。後に対決企画はレギュラー陣(月亭方正・ココリコ)を巻き込んで放送されるようになり、その中で2003年に放送した罰ゲーム『絶対笑ってはいけない温泉旅館一泊二日の旅』が人気を博し、シリーズ化に至った。なお、元来は罰ゲーム企画として始まったが、『病院』以降は全員参加企画へ移行している。

 

テーマに合わせたシチュエーションで昼夜に渡る収録を行うが、収録中に参加者は何があっても絶対に「笑ってはいけない」。もしも笑ってしまった場合は、その場で罰を受ける。笑ったら罰を受けるというアイデアは、松本が発案したものである。

引用:笑ってはいけないシリーズ - Wikipedia

 

元々は松本人志と浜田雅功による罰ゲームをかけた対決企画が派生したもの。

対決の内容は松本個人VS浜田・山崎・ココリコチームの水泳やかけっこなどの対抗戦からはじまり、電気ショックやわさび寿司の当たりを引くまで続ける個人戦に変わっていきました。

 

当初はメンバーの3名前後が参加する形でしたが、笑ってはいけないシリーズが人気になった影響もあり、2007年第五回の『絶対に笑ってはいけない病院24時』からレギュラー五名全員参加になりました。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』「笑ってはいけない」シリーズ一覧

最高視聴率は第13回の『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』の第1部の19.8%です。

毎年終了説、限界説が流れますが毎年高い視聴率を記録しています。

タイトル 放送日 視聴率 参加者
絶対笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅 2003年7月27日~4週に渡って放送 ①15.8%②14.5%③12.8%④16.2% 松本・山崎・ココリコ
笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原 2004年12月28日 17% 浜田・山崎・田中
絶対に笑ってはいけない高校 2005年10月4日 15% 松本・山崎・ココリコ
絶対に笑ってはいけない警察24時!! 2006年12月31日 10% 浜田・山崎・遠藤
絶対に笑ってはいけない病院24時 2007年12月31日 12% 全員参加
絶対に笑ってはいけない新聞社24時 2008年12月31日 15% 全員参加
絶対に笑ってはいけないホテルマン24時 2009年12月31日 16.4%(第1部)/15.4%(第2部) 全員参加
絶対に笑ってはいけないスパイ24時 2010年12月31日 15.3%(第1部)/14.3%(第2部) 全員参加
絶対に笑ってはいけない空港24時 2011年12月31日 18.7%(第1部)/16.6%(第2部) 全員参加
絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 2012年12月31日 16.8%(第1部)/16.5%(第2部) 全員参加
絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時 2013年12月31日 19.8%(第1部)/17.2%(第2部) 全員参加
絶対に笑ってはいけない大脱獄24時 2014年12月31日 18.7%(第1部)/16.0%(第2部) 全員参加
絶対に笑ってはいけない名探偵24時 2015年12月31日 17.6%(第1部)/15.3%(第2部) 全員参加
絶対に笑ってはいけない科学博士24時! 2016年12月31日 17.7%(第1部)/16.1%(第2部) 全員参加

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』「笑ってはいけない」シリーズの面白い定番ネタ一覧

笑ってはいけないの魅力の一つが定番ネタ。

元々ダウンタウンの松本人志さんは「紅白歌合戦」のような番組にしたいという構想があり、観るたびに安心感を与える「定番ネタ」を大事にしていると言われています。

 

【主な定番ネタ一覧】

  • 意外な大物ゲストの登場
  • 引き出しネタ
  • 田中タイキック
  • 遠藤千秋&家族ネタ
  • 山崎VS蝶野

意外な大物ゲストの登場

普段バラエティーには出演されないような大物ゲストの登場は番組の目玉の一つ。

 

個人的には西岡徳馬さんのはじけっぷりと役者魂を感じさせる完コピがツボ。

テツandトモの『なんでだろう』の完コピに始まり、吉本新喜劇名物の"乳首ドリル"など、芸人顔負けのクオリティで笑いを誘ってくれました。

引き出しネタ

毎回中盤に活躍するのが引き出しネタ。

机を開けると何かしらの封筒や写真、玩具、指令などがあり、面白ネタを”引き出し”てくれます。

 

個人的に好きだったのが第四回『絶対に笑ってはいけない警察24時!!』の引き出しに入っていた鉛筆。

引き出しを引いた瞬間の「からん」という物寂しい音がなぜか笑いを誘いました。

友人たちと鑑賞していて、「あの鉛筆は故意だったのか、はたまた偶然だったのか」と議論したほど、私と友人たちとのあいでは伝説の引き出しネタでした。

 

笑ってはいけないシリーズかドラえもんを観るとつい「引き出しを開ける行為」にワクワクしてしまうんですよね(笑)

田中タイキック

基本的な罰ゲームは吹き矢、ケツバット、ハリセンなどです。

ですが、田中に関しては固有とも言っていい「タイキック」の罰ゲームが必ず用意されています。

 

近年の傾向では引き出しに入っているDVDやゲームを鑑賞していると、オチが田中タイキックになるケースが多いです。

第13回の『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』で田中の実子からの感動的な手紙と非情なタイキック通告。

 

涙と笑いって同居できるんだなと教えられました。

田中さんが離婚されたので、ご家族のネタをどこまで使えるのかはわりませんが、また新たな田中タイキックの流れを観たいです。

 

個人的には第15回の『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』のマリオからの田中タイキックも衝撃でした。

遠藤の千秋&家族ネタ

シリーズ途中で結婚した遠藤&千秋夫妻。

離婚後も引き出しネタやサプライズゲストとして、遠藤の元嫁の千秋が出てきました。

離婚後は遠藤の実の家族が一家揃って出演(父・母・弟)。

 

遠藤の女ネタを実の家族の前で暴露されるなど、同じ男として観ていてキツイネタがいくつかあります。

方正VS蝶野

終盤の醍醐味と言えば山崎VSプロレスラーの蝶野正洋。

衣装の中や序盤のイベントが伏線となって、なにかしら方正の罪が発覚します。

 

基本的に動かぬ証拠があるため、方正には逃れる術がありません。

ですが、壇上でなりふり構わぬ姿勢で逃げようとする方正の葛藤が終盤に怒涛の笑いを生み出します。

あれこそまさにプロレス芸ともいうべき、方正&蝶野の組み合わせじゃないとできない芸当です。

【ガキ使】絶対に笑ってはいけないシリーズおすすめランキング!

 全シリーズを観てきた私がおすすめする「絶対に笑ってはいけないシリーズ」のランキングは下記の通り。

  1. 笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原
  2. 絶対笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅
  3. 絶対に笑ってはいけない高校
  4. 絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時

 

笑いを解説することほどダサいことはないので、あえて一つ一つを考察しませんが、最低この四つは観て欲しいですね。

中でも最高傑作候補の一つ第二回の「笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原」は名シーンが非常に多い神回です。

ダイナマイト四国、ヒッチハイクのおばちゃん、中村C-3PO、ふかわりょう&外国人、松本人志のパンツ脱ぎなど、見所満載。

 

近年のシリーズとは違って笑った基準が緩かったり、スタッフのグダグダがあったりと、全体的に雰囲気が緩いのも特徴。

 

個人的には今の若い世代の方には是非通常放送の深夜放送時代の回を観て欲しいです。

特に全員参加ではない第一~四回まではレギュラーメンバーが刺客となって、容赦なくメンバーに仕掛けを施すのが面白いです。

デスラー総統こと浜田が到着した瞬間に勘づく遠藤なども見どころの一つ。

まとめ

バラエティーの常識を次々と打ち破ってきた絶対に笑ってはいけないシリーズ。

 

2017年の大晦日の放送は決定していませんが、あると信じたいところ。

昔はHuluで観られたのですが、今は配信を行っていません。

2017年も放送が決定すれば、過去作一気見があるのではと密かに期待しています。

 

皆さんはDVDやレンタルサービスを使って、もう一度あの笑いを体感してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、さようなら!