死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

【長崎にかつやがない理由!?】リンガーハットグループのとんかつ専門店・『濵かつ』佐世保駅前店

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

f:id:jubenonz:20171020144711j:plain

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。

 

本日は、リンガーハットグループの「とんかつ」専門店・濵かつ佐世保駅前店の食レポについてお話します。

 

目次

長崎県民のとんかつ専門店事情

20070419 ランチとんかつ

長崎といえばちゃんぽん、ちゃんぽんといえばリンガーハット、ということで、私が長崎出身と聞くと「リンガーハットの長崎!?」みたいなノリで質問をしてくる方が結構いらっしゃいます。

 

確かにリンガーハットにも行くのですが、長崎県民の私は東京でリンガーハットの話題が上がると、『濵かつ』のことが頭に浮かびます。

 

九州以外の人には馴染みがないかもしれませんが、この『濵かつ』は株式会社リンガーハットが手がけるとんかつ専門店。

長崎県内のリンガーハットの横には大抵『濵かつ』が隣接されています。

 

ちなみに、2017/10/20現在、長崎県には大手とんかつチェーン店の『かつや』がありません。

従って、長崎県民の中でとんかつチェーン店といえば、『かつや』ではなく『濵かつ』とイメージする人が多いはずです。

 

『濵かつ』がある限り、『かつや』の長崎進出は実現しないかもしれません。

とんかつ専門店・『濵かつ』とは

f:id:jubenonz:20171020150241j:plain

 

【濵かつの概要】

  • 会社名:浜勝株式会社
  • 本店所在地:長崎県長崎市鍛冶屋町6番50号
  • 本店:長崎県長崎市鍛冶屋町1-14

 

株式会社リンガーハットが展開する「とんかつ」の専門店。
九州を中心にチェーン展開しており、近年は首都圏にも積極出店中。
主要な商品はとんかつのセットメニュー。

『濵かつ』の店舗

f:id:jubenonz:20171020150614p:plain

引用:店舗検索TOP:とんかつ濵かつ:リンガーハットグループ

※数字は2017/10/20時点

 

最多は福岡県の37店舗、次点で長崎の13店舗、3位が東京の7店舗です。

 

全国に合計107店舗展開しています。

そのうち九州に75店舗。

約3/4は九州に店舗があります。 

 

北海道、東北、四国、沖縄には店舗がありません。

 

私が学生時代にはじめて状況した時に、御茶ノ水で『濵かつ』を発見した時はびっくりしたものですが、今は東京に7店舗もあることが驚きです。

リンガーハット オンラインショップ

【食レポ】とんかつ専門店・『濵かつ』佐世保駅前店

f:id:jubenonz:20171020152000j:plain

久しぶりに長崎に帰ってきたこともあり、約2年以上ぶりに『濵かつ』に行ってきました。

 

平日の20時過ぎでしたが、店内は混み合っていました。

5分ほど待ってから席に案内され、テーブル席に。

 

すぐに温かいお茶とおてふき、メニューが運ばれてきました。

 

季節メニューには九州の雄・「福岡ソフトバンクホークス」のリーグ優勝を祝うものがありました。

 

長崎のお店ということもあり、メニューには長崎県のご当地料理がちらほら。

角煮やミルクセーキといった定番料理が並んでいました。

f:id:jubenonz:20171020152341j:plain

f:id:jubenonz:20171020152609p:plain

 

広島ほどではないですが、長崎県は牡蠣の名産地。

せっかくなので母は牡蠣フライとヒレカツセット、私は豪勢に濵かつスペシャル定食を注文しました。

f:id:jubenonz:20171020152740j:plain

濵かつスペシャル定食はロースかつ、ヒレかつ、オランダかつ、エビフライのスペシャルセット。

ちなみに、オランダかつとはオランダの名産品であるゴーダチーズをかつの中に入れたものです。

 

濵かつの魅力は選択肢の多さ。

  • ご飯⇒ごはんor黒米入り麦ごはん
  • 味噌汁⇒白or赤味噌
  • キャベツ⇒千or角切り

f:id:jubenonz:20171020153210p:plain

 

しかも漬物含めておかわり自由。

長崎県民の高校生にとって『濵かつ』はお腹をいっぱいに満たしてくれる良心的なお店です。

人それぞれご飯のおかわり戦術を色々持っています。

「最初は味噌汁で一杯、次にとろろで一杯、かつで一杯」のような感じです。

 

なんてことを回想していると、お食事の準備が着々とと進みます。

f:id:jubenonz:20171020154003j:plain

 

塩分控えで食前にはちょうど良い漬物が結構くせになるんですよ。

f:id:jubenonz:20171020154211j:plain

 

ある種『濵かつ』名物なのが、ゴマすり。

「僕、私がやる!」というお子さんをよく店内で目にします。

 

かくいう私もその1人。

そのせいか、大人になってからは上司やお客様へのゴマすり上手になってしまいました(涙)

 

もとい、童心に帰ってゴマすりに集中。

まずはごまをミニすり鉢に適量入れます。

 

そしてすりこぎでごまを潰します。

 

f:id:jubenonz:20171020154346j:plain

 
人によって好みは分かれますが、粉々にならないくらいが私は好きです。

 

潰し終わったらお好みでタレをすり鉢に入れます。

 

『濵かつ』が良い意味で悩ませてくれるのがタレ選び。

厨二病をくすぐる「秘伝」のタレと、食欲をそそる「辛口」のタレ。

f:id:jubenonz:20171020155351j:plain

 

見た目は秘伝のタレの方が辛そうですが、味はやや甘口です。

f:id:jubenonz:20171020155507j:plain

 

待つこと10分もしないうちに料理が到着。

濵かつスペシャル定食↓↓

f:id:jubenonz:20171020155959j:plain

 

牡蠣フライとヒレカツセット↓↓

f:id:jubenonz:20171020160010j:plain

 

メニューの写真通りたっぷりのゴーダチーズが。

f:id:jubenonz:20171020160247j:plain

 

そのままでも美味しかったのですが、辛口タレにつけると更に絶品に。

f:id:jubenonz:20171020160329j:plain

 

もちもちの黒米との相性も抜群。

 

これだけで十分満足出来るのですが、私はいつも+100円でとろろセットを注文します。

 

少しだけ醤油だれをかけて軽く混ぜます。

 

そしてご飯の上にとろろをドッキング。

 

そのままふわふわ感を楽しむもよし、混ぜ合わせてネバネバ感を楽しむもよし。

f:id:jubenonz:20171020161124j:plain

 

食育活動を掲げるだけあって、様々な食の楽しみ方を堪能できるのが『濵かつ』最大の魅力。

お腹も心も満たされます。

 

大ぶりで中身はプリプリだった牡蠣やエビなどの海鮮類もとても美味しかったです。

おかげでついご飯をおかわりしてしまいました。

f:id:jubenonz:20171020161442j:plain

f:id:jubenonz:20171020161451j:plain

 

寒くなって季節には最適なおしるこも美味しそうでしたが、さすがに食べ過ぎたためにぐっと我慢。

時間はご飯を少なめにしておしるこも堪能したいところです。

まとめ

お腹も心も満たしてくれる『濵かつ』。

少しずつですが、日本全国に展開されています。

 

興味がある方はお近くの店舗に足を運んでみてください。

店舗検索結果:とんかつ濵かつ:リンガーハットグループ

 
それでは、さようなら!

関連記事

長崎県民が選ぶお土産に喜ばれる長崎の珍おすすめお菓子・スイーツベスト10

長崎 カテゴリーの記事一覧 - 死ぬまで生きる問題

グルメ カテゴリーの記事一覧 - 死ぬまで生きる問題