死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

インド旅行の持ち物・必需品リスト 準備時に便利!

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

golden walk

このページではインドに必要な持ち物・必需品をリストにしております。

1ヶ月私が北インドに旅行した際に必要だったものを厳選しました。

 女性でインド旅行された方にもヒアリングしていますので、女性の方も参考にして頂けます。 

持ち物の準備、出発前の持ち物確認の参考にしてもらえると幸いです。

 

また重要度を★でご段階評価しておりますので、あわせて参考にされてみてください。

【重要度目安】

  • ★★★★★→絶対に必要
  • ★★★★→ないと困る
  • ★★★→実は重宝する
  • ★★→意外と役立つ
  • ★→万が一のために

目次

必需品

・パスポート ★★★★★

残存有効期間がビザ申請時から最低6ヵ月以上あり、査証欄の余白が2ページ以上必要。

 

まだパスポートをお持ちでない方はまず先に作成しましょう。

有効期限5年間が9,000円、10年間が14,000円ですので、20歳以上の方やこれからたくさん海外旅行に行きたい方は10年間パスポートをオススメします。

 

※詳細はこちら→パスポート申請先都道府県ホームページへのリンク | 外務省

 

・ビザ ★★★★★

インド旅行目的で入国する場合は観光ビザの取得が必要です。

ビザの種類は3種類ありますので、事前に早めに確認することをおすすめします。

 

またビザやパスポートに関してはルールや手続きが変更されることもありますので、

インド大使館の情報を適宜確認するようにしてください。

https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/visa_on_arrival_jp.html

 

・航空券(eチケット) ★★★★★

ムンバイやデリーであれば直行便があります。

日本からデリ-まではおよそ10時間。

 

ご利用される空港によって移動時間などは当然異なりますので、事前に確認・予約航空券の確認・予約しておきましょう。

  

海外旅行保険証 ★★★★

日本では健康保険証があれば3割負担ですが海外では異なります。

日本では考えられないような高額な医療費を請求されるケースもあります。

 

インド旅行に腹痛は付き物と言われるくらいインドに行った日本人はおなかを壊します。

原因は香辛料や水、衛生環境。

 

それ以外にも日本と異なる気候、狂犬病など、盗難被害、交通自己など様々な危険要素があります。

自分の注意だけではどうにもならないケースを考えて保険をかけていきましょう。

 

海外旅行保険への加入は必須です。

海外旅行保険のAIU

 

・クレジットカード ★★★★★

クレジットカードは海外旅行において必須の持ち物。

 

ドルやユーロなどの主要通貨では両替手数料は3%ぐらいですが、インドルピーのようなマイナーな通貨では両替手数料が10%かかるケースもあります。

これに対してクレジットカードの手数料は1.63%であるものがほとんどです。

お得に海外旅行をするためにも、クレジットカードの方はるかにお得です。

 

一枚でも十分ですが、出来れば2枚持っていた方が安心です。

万が一紛失した時の保険のためにも。

また、海外ではアメックスやJCBが対応していないお店もありますので、VISAとMASTERカードを持っていきましょう。

2枚持ちすることで、使用上限金額の分散ができます。

 

オススメは楽天カードとマルイのエポスカード (VISA)です。

両方とも発行が簡単ですので、学生やフリーターの方でも発行されやすいです。

 

また、エポスカードには両替 (ネット返済機能付き)と海外旅行保険 (90日間分)が付いてきます。

短期(といっても90日間)の海外旅行であれば、エポスカードを持っていれば安心です。

 

・現地通貨 ★★★★★

インドの通貨はルピーです。

 

インドではクレジットカードが使えないお店がまだまだありますので、現地通貨を持っておく必要があります。

現地到着後に早めに両替しましょう。

 

・日本円 ★★★

日本の家から空港までの往復交通費は最低限必要です。

 

また、万が一クレジットカードを紛失した場合などに現地通貨と両替するため持っていた方がよいです。

 

下記のマークが付いたカードならインドの銀行ATMで日本の銀行口座から引き出すことが可能です。 

【キャッシュカード一覧】

  • Cirrus(シーラス)
  • PLUS(プラス)
  • MasterCard International
  • VISA International

 

・財布 ★★★★

当然ながら財布も必需品。

理想は小さな財布を二つ持っていくことです。

万が盗難や紛失した際のためにお金やクレジットカードを二つに分けておいた方が賢明です。

 

また、インドではオートリキシャ、チップなど小銭を利用する機会があるので、小さくて薄い財布などがあると便利でおすすめです。

衣服類

・靴 ★★★★★

動きやすいスニーカーを用意しましょう。

またホテルや列車・飛行機移動時に使える使い捨てのサンダルやスリッパがあると便利です。

 

ちなみにインドでは都市部でも牛の大きな糞が辺り一面にあって、よく旅行者の方で踏んでしまう方がいます。

万が一踏んだ時のショックを考えて、それ相応の値段の靴を持っていくことを色んな意味でおすすめします。。。

 

・トップス、ボトムス ★★★★★

ご自身が旅行される季節に合った服装をしましょう。

また女性の場合は過度な肌の露出は避けるようにした方が無難です。

  

また、海外ではお店によってドレスコードの規定があります。

高級なお店などではTシャツに短パンとサンダルでは入店出来ない場合があります。

旅の計画に合わせてフォーマルウェアを用意しましょう。

 

バックパッカーの方でも襟のついたシャツやポロシャツなどを用意することをおすすめします。

 

・靴下、下着 ★★★★★

忘れるとかなり大変です。

必ず日数分と予備を持っていきましょう。

特にインドは気候が変わりやすく雨季には突然スコールなどが発生しますので、着替え用も持っていくと良いです。

 

おすすめは捨てる予定の物を持っていって、旅先で捨ててくることです。

荷物を減らすことが出来ますし、帰りのお土産のスペースを確保することができます。

 

・タオル ★★★★

インドは基本暑い国なので、よく汗をかきます。

必ずタオルは持参しましょう。

すぐに乾く速乾性タオルなどがあると便利です。

 

現地でストールを購入して、日焼け対策のために首に巻くのも一つの手です。

 

・サングラス ★★★

紫外線、熱射・日射病対策のために持っていきましょう。

3,000円台のメガネ・サングラスを扱っているJIN's オンラインショップ で揃えるのもありです。

 

・雨具(レインコート、折り畳み傘) ★★★

インドは突然天気が変わる事があります。

また海外の傘は日本の傘より質が低いことがありますので、日本の高品質でお手頃価格な折りたたみ傘があると万が一の時便利です。 

電化製品

・変圧器 ★★★★

インドの電圧は220~240V(日本は100V)です。

従って、100Vにしか対応していない電化製品をインドで使用する場合は、変圧器がなければ使用できません。

カメラなどの対応電圧をチェックし、必要なら持ち物に加えましょう。

 

・変換プラグ ★★★★

海外と日本ではコンセントの形が違うので、その国に対応したものを持っていく必要があります。

 

インドのコンセントはB3、BF、B、Cタイプのものが使用されています

念のために2~3個持っていきましょう。

 

・レンタルWiFi ★★★★

インドではまだまだフリーWiFiがない地域があります。

万が一の時にすぐ連絡したり、迷った時に地図を確認できるようにいつでもどこでも使えるWifiレンタル を利用しましょう。

 

一日あたり定額680円で利用できます。

Wi-Fiルーター自体の機器レンタル代はかかりません。

 

うっかり海外滞在中にそのまま携帯を使って高額請求になってしまう、いわゆる”パケ死”の予防対策としても海外WiFiの利用は最適です。 

 

・携帯 スマホ ★★★★

説明不要の必需品。

地図やホテル、飛行機の予約時間確認など、移動中の情報確認など使う機会はたくさんあります。

 

・カメラ ★★★

スマホじゃ物足りない方は持っていきましょう。

海外では写真撮影を依頼してカメラを渡したら、そのまま盗難されるケースもありますのでご注意を。

 

自撮り棒があると便利です。

 

・各種充電器 ★★★★

携帯、カメラ、パソコン、タブレットなど各種充電器を忘れないようにしましょう。

 

・電源タップ ★★★

充電器する機器が多い方は電源タップが便利です。

列車やホテルなどではコンセントが一つしかなかったり、他のお客さんと共同で使わなければいけないので、意外にあると助かります。

 

・電子機器類用バッテリー(スマホ・カメラ・パソコン) ★★★

 電池がなくなった時にあると重宝します。

日用品

・洗剤 ★★

バックパッカーの方でホテルで洗い物をする方の必需品。

また、インドには不潔な場所もありますので、持っておいた方がよいです。

 

・バスセット(石鹸、ボディソープ、シャンプー、リンス)★★★

旅行用の小型が便利。 

 

・ポケットティッシュ ウェットティッシュ ★★★

インドで気をつけるべきは衛生環境。

カレーでナンを食べたときは手がベタつくので、持っていると便利。 

 

・トイレットペーパー ★★★

 インドはトイレに紙がないことが多いので必ず持参しましょう。

トイレットペーパーの芯を抜いて、かさばらないようにして持参しましょう。

ビニール袋などに入れておくと良いです。

 

・女性のデリケートゾーン用ウェットティッシュ ★★★

ウォシュレットがないので、あると便利です。

 

・女性用生理用品 ★★★★

現地でも購入できますが、出来るだけ普段使い慣れているものにしましょう。

 

・化粧品・メイク落とし ★★★★★

女性の必需品。

乾燥しているので、化粧水を多めに持っていくことをおすすめします。

 

・歯磨きセット(歯ブラシ、歯磨き粉) ★★★★

旅行用の携帯できるものがおすすめです。

 

・髭剃り ★★

 刃物は飛行機の中に持ち運びできないから、コンパクトな電動ひげ剃りには重宝してます。

 

・常備薬 ★★★★

胃薬、頭痛薬、風邪薬、ビタミン剤など飲み慣れている薬を念のために携帯しましょう。
特に胃薬は必須です。

 

・虫除け ★★

とにかくインドは虫が多い。

菌を持っている可能性もあるので、虫除けスプレーなどがあると助かります。

 

・日焼け止め ★★★★

インドの日差しは強烈です。

自分の肌にあったものを必ず持参しましょう。

新習慣!まぶしい季節や露出の多い時に1日1粒。

・薬用リップクリーム ★★

砂漠地帯などは非常に乾燥していますので、持参しましょう。

 

・マスク  ★★★

 空気が乾燥しているので、あると便利です。

ちなみにインドでマスクをしている人を見かけたら十中八九日本人です。

 

・飴 

乾燥していると喉を痛めますので、何個かあると助かります。

 

・メガネ・コンタクト ★★★★

必要な方のみ。

海外旅行用の使い捨てコンタクトレンズがあると便利です。

 

処方箋不要コンタクト通販レンズチャンピオン

・メガネ拭き ★★

インドでは空気が汚れていますので、メガネをお持ちの方の必需品。

収用

・スーツケースorバック ★★★★★

インドに行くならバックパックをおすすめします。

 

・携帯用バック ★★

大きなバックとは別によく使うものなどを入れておくと便利。

盗難にはくれぐれも注意を。

 

・圧縮袋 ★★

荷物の大半を占める衣料品をコンパクトにする時に役立ちます。

 吸引不要で、簡単に衣類を約1/2に圧縮できます。

 帰国後も衣替えの際に使えますので、何か便利です。

・ビニール袋 ★★

インドのビニール袋は破れやすいので、日本のものを持っていきましょう。

汚れものや荷物の整理に便利です。

 

・南京錠 ワイヤーロック(電車、ホテルでの必需品です) ★★★

 i正直インドは治安が良くないです。

バックパッカーのロッカーに鍵をかけるためや、列車移動時の荷物の安全のために南京錠を持っていきましょう。

 

必需品です。

あると便利

・ガイドブック・現地の地図 ★★★

スマホがあるとはいえ、やはり紙媒体のガイドブックと地図は便利です。

スマホなどの電子機器類の充電が切れた時などに使えます。

また、列車移動時の読み物としても使えます。

 

タブレット 

インドは列車の待ちや移動時間が非常に長いです。

列車が遅れて5時間待ち、街から街への移動が12時間越えなんてこともざらではありません。

私は電車に24時間乗ったこともあります。

 

なので、暇つぶしのためにタブレットを持っていって動画や電子書籍を楽しめるようにしておきましょう。

ダウンロードしてオフラインでも利用出来るようにしておくと便利です。

 

・エアー枕 ★★★

移動時にあると便利です。

インドに飛行機で片道行くだけで10時間かかりますので、首や肩こりしないように対策した方が良いです。

 

アイマスクもあると尚良しです。

 

・筆記用具 

咄嗟にメモしたい時や英語が通じずに筆談するときに便利。

地図やガイドブックに書き込みたい時にも使えます。

 

・日本食 

万が一インドの食べ物が合わなかった時やインド料理に飽きた時のために。

また、旅先で仲良くなった現地の方にお土産替わりに渡すこともできます。

 

・防水パック 

万が一水に濡れた時にスマホや貴重品を守るためにあると便利。

それとガンジス河で沐浴する時にも使えます。

 

防水トラベル用ポーチを使えば、荷物の整理にもなって便利です。

・便座シート ★★

はっきり言います。

インドのトイレはめちゃくちゃ汚いです。

高級ホテルやレストランを除いてほぼ例外なく汚いです。

特に日本のトイレに慣れている人にはなかなか耐えられないです。

 

潔癖症の方は使い捨てタイプで使用後洗い流せる便座シートを持参しましょう。

まとめ

 荷物の重さと旅行の快適さは反比例します。

 

なるべく必需品だけを持って手軽に旅をしましょう。

重い荷物を持っていると疲労も溜まりやすいですし。

 

皆さんの快適な旅のお役に立てると幸いです。

 

質問事項や「インド旅行してみてこれがあると便利だった!」などあればコメントTwitterなどにメッセージを頂けると幸いです。

 
それでは、さようなら!

関連記事

北インド旅行記まとめ 知っておいて欲しい基本事項10

14ヵ国旅行した私が選ぶ海外旅行おすすめの国ランキング! 

45都道府県旅行した私が選ぶ日本国内旅行おすすめランキング!

日本国内旅行準備の持ち物チェックリスト(あると便利なグッズ付き)