死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

無心の正義が無心する悪に 高杉俊介(仮面ライダースーパー1)がファンから借金5,000万円

おすすめ人気記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい クレヨンしんちゃんで描かれた友情
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

 憧れのヒーローはいずこへ.....

 どうも、平成生まれなのに昭和仮面ライダー好きのはろーぐっばいです。

 

私は子供の頃、かじりつくように仮面ライダーのビデオを観ていました。

私の幼少期は昭和仮面ライダーシリーズが終了し、平成仮面ライダーシリーズが始まる前でした。

 

いわゆる仮面ライダーの谷間世代なのですが、昭和仮面ライダーに物凄く憧れていました。

姉が仮面ライダーBLACKを観ていた影響もありますが、とにかく子供の頃の私にとって仮面ライダーは最強で最高のヒーローでした。

 

大空に飛べば どこまでも

かならず たすけにきてくれる

爆音高く マシンをとばし

仮面のヒーロー 9人の戦士

1号 2号 V3

ライダーマン X アマゾンストロンガー

スカイライダー スーパー1

 

地球を守れ 宇宙まで

9人のライダー いつまでも

引用: 九人ライダー永遠に 歌手:水木一郎

この曲は『10号誕生! 仮面ライダー全員集合!!』で10人目のライダーZXを9人ライダーを助けに来てくれた時に流れる名曲。

 

かならずたすけにきてくれる、9人のライダーはいつまでも永遠のヒーローだったはずなんです....

 

ところが、仮面ライダースーパー1を演じられた俳優の高杉俊介さんがあろうことかファンから総額5000万円超の借金していたことが報道されました。

 

週刊ポスト」誌上で、80年放送開始の仮面ライダーシリーズ第7作「仮面ライダースーパー1」(TBS系)で主演を務めた俳優・高杉俊介(66)が、ファンから総額5000万円超の借金をしている、と報じられた。

引用:「仮面ライダースーパー1・高杉俊介」5000万円借金踏み倒しヒーローの「無反省余罪」 | アサ芸プラス

 

このことが発覚したのは昨年の2月。

私はこのことを最近知ったのですが、あまりのショックに愕然としてしまいました。

借金は色々事情があって仕方がなかったのかもしれませんが、まさか仮面ライダーファンを利用するなんて....

 

ファンに土下座して謝罪する高杉俊介さんの姿を見た時は言葉もありませんでした。

 

今日はスーパー1とは、私の思い出、借金騒動についての感想を語っていきます。

目次

仮面ライダースーパー1とは

概要

仮面ライダースーパー1』(かめんライダースーパーワン)は、1980年(昭和55年)10月17日から1981年(昭和56年)9月26日に放送された特撮ヒーローもの。

仮面ライダーシリーズ第7作目にあたる。

 

基本カラーは銀色。 モチーフはスズメバチであり。

あらすじ

アメリカの国際宇宙開発研究所で、惑星開発用プロジェクトが進められていた。日本人男性・沖一也(おき かずや)は、自ら志願して改造手術を受け、惑星開発用改造人間・スーパー1となった。


スーパー1の存在を知ったテラーマクロ率いる暗黒国家ドグマ(ドグマ王国)は、スーパー1の引き渡しを要求してきた。プロジェクトの責任者・ヘンリー博士がこれを断ったため、研究所はドグマ(ドグマ王国)によって全滅させられてしまう。一也はスーパー1に変身して生還するが、一也はまだ自力で変身できなかった。


変身の極意を得るため、日本に帰国した一也は、幼少期から老師のもとで鍛えていた赤心寺に身を隠し、赤心少林拳の奥義を身につけるべく、心身を鍛え上げた。そして半年後、老師の指示で100人組手の地獄稽古によって、遂に変身の極意を会得した一也。スカイライダーとともにネオショッカーと戦った谷源次郎から仮面ライダースーパー1=スーパーライダーの名を贈られ、人類の未来のために戦う。

引用:仮面ライダースーパー1 - Wikipedia

 


仮面ライダースーパー1 変身&必殺技集

昭和仮面ライダーの中でスーパー1が最強説

ファンの間ではライダー同士で戦ったら誰が強いのかという議論になります。

平成と昭和ライダーではそもそものスペックが違い過ぎるので、昭和仮面ライダーでくくって話されることもしばしば。

 

その中で、昭和仮面ライダー最強は誰かとなると基本的仮面ライダースーパー1仮面ライダーBLACK RXの二択になります。

 

3形態を駆使して、剣、銃を扱い、車も乗りこなすBLACK RX。

特ににゲル化して不死身状態になるバイオライダーを昭和最強とする人もいます。

 

ただスーパー1も負けていません。

元々赤心少林拳の使い手で生身で怪人を撃破したこともあります。

おまけに拳法だけでなく剣術にも長けます。


仮面ライダー史上初めてバイクの2台持ちをし、スピード用、アクション用を使い分けます。

 

驚くべきはその性能。

惑星開発用に作られただけあって、今までの仮面ライダーになかった宇宙空間でも活動できるように作られています。

 

以下がスーパー1の基本性能です。

【スーパー1の基本性能】

・通常状態で300tのパンチ力
・1万メガトンの威力のパワーハンド
・300億Vのエレキハンド
・氷河期の惑星を温帯にする火炎、灼熱の惑星を温帯にする冷凍ガスを放つ冷熱ハンド
・怪人を一撃で吹き飛ばす威力も併せ持つ追跡レーダーハンド
・両足の重力制御装置により、ジャンプ力は測定不能(重力制御装置を用いない場合は100メートル)

・大気圏突破可能、飛行も可

・循環型酸素ボンベで1か月の連続宇宙活動が可能

・10万度から絶対零度まで耐えられる肉体

ちなみに惑星開発用改造人間は科学の使者であるという理由で魔法の類は通用しません。

 

作中で敵に苦戦したシーンがほとんど描かれず、ほぼ無敵のまま勝利した数少ないライダーです。

 

唯一の欠点がチェックマシンでのメンテナンス。

定期的なメンテナンスが不可欠なため、もしこれを爆破されたり、メンテナンスにいけない場合はかなりのピンチになることが予想されます。

逆に言うとそれ以外の欠点らしい、欠点が見当たりません。

 

閃光キック、月面キックなどの必殺技も多彩で、仮面ライダー本来のカッコよさもありました。

 

高杉さん(沖一也)のアクションの華麗さも相まって、昭和仮面ライダー史上最も美しかったライダーでもあります。

仮面ライダースーパー1で印象に残っている回

仮面ライダースーパー1で一番印象に残っている回は第22話の『怪人墓場の決闘! メガール将軍の最期』です。

 

ドグマの極東司令官、メガール将軍との戦いです。

メガール将軍の正体は5年前に消息を絶った国際宇宙開発研究所の科学者・奥沢正人さん。

スーパー1・沖一也の先輩にあたる人物なのです。

 

沖一也同様自ら改造手術を志願したのですが、手術は失敗し醜い怪人に。

途方に暮れて自殺を考えていたところにドグマの帝王テラーマクロに誘われて、ドグマの一員になったのです。

 

実は奥沢正人さんには婚約者の池上妙子さんがいました。

奥沢さんが疾走してから5年経っても愛しており、スーパー1・沖一也に奥沢さんを探して欲しいと頼み込んだのです。

 

調査を進めるうちにわかったことはかつてアメリカ国際宇宙開発研究所は手術の失敗が公になることを恐れ、奥沢正人に関する記録を全て隠蔽・抹消していたのです。

 

一方その頃メガール将軍は作戦失敗続きの責任をとるべく自ら赴いて打倒スーパー1を誓うのです。

その時、帝王テラーマクロがメガール将軍に『よのために死ねるか?』と不気味に語りかけるのが、なんとも恐ろしかったです。

 

いよいよ対峙したメガール将軍と沖一也。

アメリカ国際宇宙開発研究所先輩・後輩対決です。

 

メガール将軍は怪人死神バッファローに変身します。

この死神バッファローをよく見ると頭部以外はスーパー1と瓜二つ。

 

美しい見た目で人気を博したスーパー1も一歩間違えばこんなに醜くなっていたかもしれない。

そう思うとゾッとしてしまいます。 

 

元々の仮面ライダーは己の醜さに嘆き、悲しむ人間の悲哀を描いたもの。

その醜さゆえに社会に受け入れられない悲劇こそが仮面ライダーの真骨頂。

その悲しみが怪人側にもある設定は子どもながらに胸が痛みました。

 

メガール将軍が『人間が憎い、貴様は美しい、醜い怪物の気持が貴様にはわからない』といったセリフをスーパー1にぶつけていたのは何とも物悲しかったです。

 

そのメガール将軍にスーパー1は今の科学技術なら再生して元に戻すことが出来ると告げます。

そこにかつての婚約者の妙子さんが現れて共に説得し、メガール将軍は歩み寄ったかのように思えました。

 

その時、どこからか怪しい鈴の音が鳴ります。

するとメガール将軍の様子が急変。

実はメガール将軍の脳には服従回路が埋め込まれており、帝王テラーマクロの命令は絶対。

正気を失った死神バッファローの突進により、婚約者の妙子さんは絶命しています。

 

怒りに燃えたスーパー1の手に寄って、死神バッファローは死亡。

その際、婚約者の池上妙子さんの写真の入ったロケットが落ちていました。

 

奥沢正人さんはいつまでも婚約者を愛していた。

そのことが悲しい音色とともに伝えられるのです。

 

ドグマの残虐さ、科学の恐ろしさ、人間の悲哀、儚い愛。

 

ドグマ編が終わった後、スーパー1はコミカルな路線にシフトします。

しかし、私はこのメガール将軍の悲しいストーリーこそがスーパー1の中で最も語られるべき回だと信じています。

ファンから借金5,000万円 高杉俊介の悪徳な手口とは

陸上自衛隊レンジャーの助教出身ということもあって華麗なアクションで沖 一也役を好演した高杉俊介さん。

その高い身体能力から危険な撮影シーンをほぼノースタントで演じました。

 

爽やかなルックスと透き通る声。

体型もスラッとしており、ヒーロー役をやるために生まれてきたような人。

 

そんな高杉俊介さんに関する悲しい報道がなされたのが、去年の2月。

報道によるとファンから総額5000万円超の借金をしているとのこと。

 

中には2,400万円以上の借金をしている女性ファンが二人もいらっしゃると報じられました。

使用用途は不明ですが、借りる際にファンの方に説明したのは以下の通り。

 

「ヤクザから(仮面ライダーの)変身ベルトを取り戻したい」

 

「明日までに金を払わないと東京湾に沈められる」

 

自身が借金するだけでなく、仮面ライダーや沖一也の名前を使っていたそうです。

 

しかも、仮面ライダー時代のファンレターなどを利用したというから悪質です。

頼み方も「あなただけしか頼れない」、「他の人には内緒」などのようなことを複数のファンの方に言っていたとのこと。

少ない単位で数十万円のお金を貸してくれたファンもいたそうです。 

 

そしてファンとして一番見たくなかったのは報道された土下座謝罪。

 

ファンの訴えにより、2016年4月8日に初の裁判が開かれました。

高杉さんが出廷しなかったため大口被害者の女性ファンらが自宅を訪ね、高杉が土下座して返済を約束した場面が複数の情報番組でも報じられました。

 

その土下座する姿に怒りすら覚えました。

 

フジテレビ・とくダネでのインタビューも拝見したのですが、肝心なところをはぐらかして受け答えする様子を見て、相当手馴れているのだなという印象を受けました。

 

何を言われてもああ言えばこういって話をけむに巻く。

典型的なペテン師の語り口。

 

若い頃と変わらぬ、すらっとした体型と引き締まった顔。

しかしそれすらもかつてのファンを騙すためなのではと邪推せずにはいられませんでした。

 

沖一也は無心になることで無敵のヒーロー・スーパー1に変身したのですが、高杉俊介さんはファンにお金を無心するために悪の手先に変身してしまったようです。

 

今後は仕事をして、コツコツとお金を返済していくとおっしゃっていたので、その言葉が本当だと信じたいです。

まとめ

人生色々あって上手くいかないこともあるでしょう。

 

常に成功し続ける人ばかりではありません。

 

でも、自分を信じてくれたファンの心を利用するのは悪質過ぎます。

今回の騒動で、当時からのファンがどれだけ心を痛めたか。

 

スーパー1という無敵のヒーローの名が傷ついてしまったのは本当に悲しいことです。

 

今後、心を改めて借金を返済し、またあの頃のカッコイイ高杉俊介さんの姿をみたいものです。

 

それでは、さようなら!