死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

おめでとう2000本安打! 球界屈指の守備&走塁職人・中日荒木雅博選手のまとめ10

おすすめ人気記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい クレヨンしんちゃんで描かれた友情
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

「荒木雅博」の画像検索結果

中日荒木雅博選手が2000本安打を達成しました。

中日一筋22年のベテランがまた一つ球史に残る偉業を成し遂げたのです。

 

中日の黄金時代を支えた名二塁手・荒木選手。

打撃だけでなく、犠打、走塁、守備など様々な局面で高い技術を発揮するまさにいぶし銀の選手です。

 

そこで今日は中日荒木選手のプロ野球選手生活を振り返りながら、荒木選手の魅力を10個紹介します。

目次

苦労に苦労を重ねた苦労人

1995年のドラフト会議で、後に同僚となる福留孝介原俊介を抽選で外した中日ドラゴンズから1位指名を受けて入団。

 

いわゆる外れ外れ1位です。

 

ポジションは遊撃手だけでなく、一塁手二塁手三塁手、外野手など様々なポジションを経験。

打撃も持ち前の俊足を活かすためにスイッチヒッター、左打者専念など様々な試行錯誤を重ねたそうです。

 

レギュラー定着(規定打席到達)までに7年かかりました。

 

レギュラー定着後も努力を重ね、2011年まで監督をつとめられた落合博満氏からは、その練習姿勢を高く評価されました。

 

「監督、本当に殺したいと思っていましたよ」

 フフッと笑った落合、すぐさまこう切り返した。

「ようオマエ、泣き言言わんかったなぁ」

引用:二宮清純レポート中日ドラゴンズ 荒木雅博 内野手34歳「名手の誇り、職人の意地」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

 

歴代2位の6年連続ゴールデングラブ賞

荒木選手の最大の持ち味と言えば卓越した守備

 

落合監督から「井端との二遊間コンビは12球団一、二塁手単独ならメジャーの超トップクラス」と高く評されるほど。

 

2004年~2009年にかけて6年連続で二塁手ゴールデングラブ賞を獲得

これは通算獲得数でも、連続受賞記録共に歴代単独2位の記録です。

1位はコーチとして共にプレイした辻発彦氏の通算8回、連続7回。

 

歴代1位の辻氏の記録に迫ることから、いかに荒木選手の守備が卓越していたかがうかがえます。

 

また、広島の菊池選手に更新されるまで、二塁手の補殺記録保持者でした。

 

二塁手歴代補殺記録 2016年終了時点】

1位 2014年 菊池涼介 144試合 補殺数535 1試合あたり3.72
2位 2013年 菊池涼介 141試合 補殺数528 1試合あたり3.74
3位 2016年 菊池涼介 141試合 補殺数525 1試合あたり3.72
4位 2005年 荒木雅博 145試合 補殺数496 1試合あたり3.42
5位 1949年 千葉 茂 134試合 補殺数495 1試合あたり3.69

 

アライバ伝説 併殺打記録

荒木選手を語る上で、外せないのが元チームメイトの井端弘和選手との通称「アライバ」コンビです。

 

落合博満監督が率いた8年間で、8連続Aクラス、4度のリーグ優勝、1度の日本一を達成した常勝ドラゴンズの象徴的な存在でした。

 

www.shinumade.com

 

アライバコンビは2007年~2016年間で最も併殺を完成させた二遊間です。

併殺打奪取コンビランキング】

1位 荒木雅博井端弘和(中日) 261併殺 
2位 片岡易之中島裕之(西武) 256併殺
3位 田中賢介金子誠日本ハム)211併殺

 

2017年の3月18にNHKBS1で放送された『球辞苑』のゲッツー特集で荒木選手はゲッツーのコツを下記のように語っています。

 

【荒木選手・ゲッツーの技法】

  • 二塁ゴロは身体の右側で補り、そこを軸に回転して送球する。
  • 二塁で送球を受ける時は壁のイメージ。
  • 一塁への送球は右足の股関節を使った体重移動だけで行う。
  • グラブトスは手首を使わず、ひじを抜く。

 

プロ22年間で培った究極のゲッツーの技法です。

 

アライバコンビはその他にも2塁ベース付近に転がった打球を二塁手の荒木選手が遊撃手の井端選手にトスして、井端選手が一塁に送球する通称「アライバプレー」は2人の技術の高さとコンビネーションが融合したプレーでした。

 


アライバファインプレー集2004〜2007

 

1・2番としても二遊間としても、平成屈指のコンビ、それが”アライバ”なのです。

アライバコンビコンバートの真相 落合監督が荒木選手に期待したこと

6年連続でゴールデングラブ賞を受賞していたアライバコンビですが、2010年にコンバートとなりました。

井端選手は遊撃手から二塁手、荒木選手は二塁手から遊撃手に。

 

落合博満氏は後年、「2人が横着しはじめた」ことを理由として挙げています。

また井端選手の亜細亜大学時代の監督と話して、井端選手は本来二塁手適正が高いこと、荒木選手に遊撃手を経験させた後に二塁手に戻すことで、最高の二塁手にする構想があったこともコンバートをした要因だそうです。

 

 

元々荒木選手は高校時代遊撃手。

しかし、プロ入り後のコンバートは非常に戸惑うことが多かったそうです。

 

その頃は、冗談ではなく落合さんを恨みました。〝オレの野球人生、どうしてくれるんだ!?〟って。悔しくて眠れない日が続きました・・・・・・

引用:二宮清純レポート中日ドラゴンズ 荒木雅博 内野手34歳「名手の誇り、職人の意地」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(2/7)

 

荒木選手は遊撃手守備を通して、足を使って守備をすることの大切さを再認識したそうです。

それがイップスと言われていたスローイングの矯正、走塁などに活きるようになったそうです。

 

コンバート当初は批判が多かったですが、荒木選手が40歳になった今でも守備・走塁に衰えがないところを見ると、落合博満氏の判断は正しかったと言えます。

 

盗塁王 盗塁の中日球団記録の保持者

「荒木雅博 盗塁」の画像検索結果荒木選手が守備と並んで高く評価される走塁。

2007年に盗塁王、14年連続2桁盗塁、2016年には高木守道氏が持つ369盗塁の球団記録を更新して、中日歴代最多盗塁を記録しました。

 

2017年5月12日現在の通算盗塁数は376個で歴代11位。

残り24盗塁で史上7人しか達成していない通算400盗塁となります。

 

セリーグ記録の6連続盗塁王の記録を持つ赤星憲広選手が381個(歴代9位)であることを考えれば、いかにこの記録が凄いかがうかがえます。

 

荒木選手はここ3年間(2014~2016年)39盗塁して、盗塁成功率が脅威の.948(失敗2)。

2016年は13回走って全て成功しています。

 

荒木選手は最近の盗塁に関するインタビューで、一塁ランナーの時のリード時に7割は帰塁する意識を持っているそうです。

絶対に牽制アウトにはならない意識を持っていながら、確実に2塁も陥れられるのは、長年の経験がなせる、盗塁の究極形です。

 

荒木選手の脚は全く衰えていません。

 

「脚が衰えたら引退」、「脚力を維持することは出来る」と語っているだけに、まだまだ記録を伸ばしていけます。

 

「下半身や足のベースは失わないです。僕は盗塁はスピードや脚力が3割、技術が7割だと思っている。3割を満たすだけの事をトラ(荒木のニックネーム)はこなしていますよ」。

引用:【中日好き】荒木雅博、27.431メートル : コラム | J SPORTS

 

絵になるヘッドスライディング 走塁の上手さは天下一品

盗塁以上に荒木選手のプレーで印象深いのは走塁の上手さ。

 

単純なトップスピードの速さだけでなく、打球判断、思い切り、スライディングの上手さが光ります。

特にヘッドスライディングで捕手のブロックをわずかにかいくぐ技術は何度も劇的な得点を生み出してきました。

 

ただ速いだけじゃない、プロの技術を全て濃縮したようなプレーが荒木選手の走塁です。

 


【プロ野球、走塁集 #1】荒木雅博の超超超絶神走塁集! 誰も真似できない超絶ヘッドスライディング!

 

竜のバント職人 中日球団最多犠打記録保持者

「荒木雅博 守備」の画像検索結果

2017年5月12日現在、荒木選手はプロ野球歴代11位の280犠打を記録しています。

これは中日ドラゴンズ球団最多犠打記録です。

 

歴代10位の記録は282犠打ですので、ほぼ確実にトップ10入りします。

 

盗塁だけでなく、犠打でも球団記録を持ち、そしてプロ野球歴代トップ10級の記録を持っているのです。

 

荒木選手がバントをする際に最も意識しているのは通常のバッティングと同様ミートポイントです。

 

「一番難しいのは点で合わそうとして、ミートポイントだけをイメージしてしまうこと。

ですので、投手がリリースしてからバントをするところまで線を引いて、その中にバットを入れてあげる。

 

それがバントです。

引用:中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【前編】「バント成功の秘訣は『間』と『コース』」 | 2016年インタビュー | 高校野球ドットコム

 

ちなみに犠打とは関係ありませんが、荒木選手が2005年に記録した年間674打席、623打数は両方とも中日の球団記録です。

 

固め打ちの鬼 日本プロ野球記録 年間9度の1試合4安打以上

荒木選手の打撃の特徴は打ち出したら止まらないことです。

2004年に日本プロ野球記録となる年間9度の「1試合4安打以上」を記録

それまでイチロー選手が持っていた、8回を上回る記録です。

 

また、通算でも31試合の「1試合4安打以上」を記録。

これは歴代プロ野球の3位の記録。

 

1位は張本勲氏が持つ37回。

もしかしたらプロ野球記録を更新する可能性があります。

 

荒木選手が猛打賞を記録したら、その次の打席にも期待してみてください。

47打席連続無安打のセ・リーグ野手ワーストタイ記録

荒木選手は固め打ちする一方で、47打席連続無安打のセ・リーグ野手ワーストタイ記録を持っています。

 

2016年シーズンの 6月9日のオリックス戦から7月8日のヤクルト戦までの約一か月間安打がピタリと止まってしまったのです。

 

固め打ちがある一方で、全く打てない時期があるから野球選手は面白い。

 

ただ、これだけヒットが出なくても試合に出続けられたのは打撃面以外に魅力があるからです。

 

前述した抜群の守備、走塁。

またこのヒットが出なかった47打席中には8四死球と3犠打も含まれています。

 

ヒットがなくてもチームに貢献できる荒木選手だからこそ試合に出場出来たのです。

ある意味荒木選手の勲章とも言える記録なのです。

2000本安打達成 

2017年6月3日に地元ナゴヤドームで対楽天戦。

楽天美馬投手からヒットを放ち、見事通算2000本安打を達成しました。 

 

中日だけでの2000本安打達成は史上4人目。

立浪和義(2480安打)、高木守道(2274安打)、谷沢健一(2062安打)らのそうそうたるOBと肩を並べたのです。

 

安打、試合数、犠打、盗塁、ゴールデングラブ賞など、数々の記録で中日と球界のレジェンドになった荒木選手。

 

この記録達成を通過点として、これからの走・攻・守で熟練の技術を発揮して欲しいです。

まとめ

 外れ外れ1位の選手から始まったプロ野球人生。

しかし、外れどころか球史に残る大当たり選手となった荒木選手。

 

2013年から2016年にかけて、4年連続のBクラスに低迷している中日ドラゴンズ

 

11年連続のAクラスと4年連続のBクラスをの天国と地獄を知る荒木選手だからこそ後輩に伝えられることがあるでしょう。

 

2000本安打達成を通過点として、強いドラゴンズ復活に貢献して欲しいです。

 

最後に、荒木雅博選手、本当におめでとうございます!

 

それでは、さようなら! 

 

www.shinumade.com

プロ野球を観るなら

プロ野球を観るなら月額980円からのスポナビライブ がおすすめです。

初回最大1ヶ月無料なのでぜひ登録してみてください!

見たいシーンだけ即再生、見逃し配信機能付きです。

 

詳しくはこちらのリンクからご確認ください!