読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

【書評】松尾 茂起著 『沈黙のWebライティング』はwebマーケティング初心者がたった2時間でSEO対策のライティング技術を学ぶのには最適な本

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

f:id:jubenonz:20170402145137j:plain

webで通用するライティング技術とは何か?

特にwebマーケティング初心者にとっては何から初めて良いかわからないでしょう。

 

かくいう私も通常のライティング技術とweb向けのライティング技術の違いがよくわかっていません。

 ということで手にとったのが先日紹介した『沈黙のWebマーケティング』の続編にあたる 『沈黙のWebライティング』。

 

 前作の『沈黙のWebマーケティング』では主にWebマーケティングの「基本と本質」

について語っています。

www.shinumade.com

 

今回はその中で更に踏み込んだweb向けのライティング技術について書かれています。

特にこの本ではSEO対策について重点的に書かれていますので、「SEOとは何か」、「SEO向けの対策ってなにをすればよいのか」とお困りの方には必見の本です。

 

それでは早速話を進めていきます。

目次

『沈黙のWebライティング』とは

商品紹介

SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。

 

謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、

SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

 

本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

 

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、
Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える

特別解説(約100ページ)を加えました。

 

特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、
より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

 

Webサイトやブログの記事だけではなく、
ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

【あらすじ】

須原にある温泉旅館「みやび屋」。

若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、

Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。
やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。
男の名は「ボーン・片桐」。
重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……! ?
いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!

トーリー 目次

EPISODE 01 SEOライティングの鼓動
EPISODE 02 解き放たれたUSP
EPISODE 03 リライトと推敲の狭間に
EPISODE 04 愛と論理のオウンドメディア
EPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュ
EPISODE 06 嵐を呼ぶインタビュー
EPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・! !
エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし

著者

松尾/茂起

京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」の代表として、様々なWebコンテンツのプロデュースやWebマーケティング支援を行なう。

また、松尾シゲオキ名義では作曲家、ピアニストとしても活動。本質を捉えるプランニングを軸とし、様々なフィールドで活動中

引用:Amazon.co.jp: 松尾 茂起:作品一覧、著者略歴

本の感想と対象読者

前作に引き続き、章ごとに吹き出し形式の会話で物語が進行していきます。

そしてその章で出てきたテーマについて活字で10ページ前後の説明があります。

 

個人的に前回の方がストーリーは面白かったです。主人公が闘う動機、敵が主人公と闘う動機、マツオカの人たちの成長など、クライマックスの盛り上がりなど。

正直今作のストーリーは続編のために無理矢理作られたような感じがしました。

 

ただ元々はストーリーの面白さを売るための本ではなく、あくまでWebライティングについての本。

前回よりはストーリーが面白くなかっただけで、みやび屋の人たちが成長していく様は読者に勇気づけるものであり、とても必要な存在ではありました。

 

一点気になったのは、内容面で前作と被る面がありました。それはwebマーケティング面です。

webマーケティングで通用するためwebライティングの参考書なので仕方ない部分もあるのですが。

 

また前述した通りこれはwebマーケティング通用するためのライティング技術なので、学術的な論文などのためのライティング技術向上を図りたい人には参考になる部分は少ないです。

 

それとwebマーケティングに向けた本であるため、SEO対策をターゲットにしたライティング技術向上について語られます。

もちろんのSEO対策以外の部分でどんなライティングの局面でも必要な書く力についての話もありますが、よりSEOに特化した本であるという認識が必要です。

 

ですのでこの本の対象者はwebマーケティング初心者でSEO対策のライティング技術を学びたい人向けです。

Webマーケティングで成功するライティング技術とは

f:id:jubenonz:20170406073646p:plain

ではここからはこの本で書かれていたWebマーケティングで成功するライティング技術について紹介していきます。

 

SEOを成功させるためには

検索エンジンを使うユーザーの「意図」を満足させるコンテンツが必要だ

 

当たり前のようでいて徹しきれていないのがこの部分。

 

噛み砕いて説明すると検索エンジン使うユーザーの多くは面白いコンテンツや感動する文章を求めているわけではなく「情報」を求めています。

 

ブログを書いていると「こんなことを書いたら面白いだろう」や「こんな書き方をしたら読者には感動的だろう」などという思いが出てくることがあります。

 

それらの考え方は決して悪いことではありません。

しかし、大多数のユーザーはあくまで情報を求めているわけであって、面白さや感動的であることを求めてはいません。

 

もちろんそういうこと求めている方もいます。

ようするに大切なのは自分の記事は何を知りたくて検索するユーザー向けの記事かを意識する必要があるということです。

 

では、情報を求めるユーザーに向けてどんなことを意識すれば良いのか。

本書では三つに分けて書かれています。

 

  • 専門性
  • 網羅性
  • 信頼性

 

要は情報を取得したいユーザーが求める情報を専門的かつ網羅する必要がある。

そして同時にその情報は信頼性を伴う必要があるのです。

最もらしいことを言っても、「なんだか信用できないなこの情報」と思われるようではユーザーは満足しません。

 

ではこれらの三点を満たした情報とはどんな情報か。

この本では結論としてこう書いてあります。

 

それは、検索エンジンで情報を探す人の"手間を省いてあげられるコンテンツ"

 

「何だかこの情報はわかりづらい」、「自分が知りたいことが全て書かれていない」、「ちょっと怪しいから他のサイトも見て比較してみる」、ようなことをさせてはユーザーの手間を増やすだけです。

 

出来るだけユーザーが検索に時間をかける必要がないコンテンツ・記事の作成をすることがユーザーにとっても最も喜ばれる記事であり、検索を集められる記事なのです。

読み手に負担のかからない文章とは

次に大切なのは読み手に負担のかからない文章。

 

先ほどは検索の手間がかからない記事について触れましたが、ここでは読み手に負担のかからない文章についてお話します。

 

この本ではダニエル・カーネマン氏の「ファースト&フロー」という本を参考にして説明されています。

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
 

 

 かなり簡単に話すと人間は物事を理解する時に二段階にわけて情報を処理するそうです。

 

一段階目は直感的な処理

見た目でこの情報はわかりやすいのかを判断します。

例えば使われている語彙や文字数、色使い、改行など。

 

そのためここで書き手は読み手の心理的負担を減らす必要があるのです。

この一段落で処理された情報が第二段階で処理されるのです。

逆に言うとここで読み手に拒絶されては続きを読まれることはないのです。

 

次の二段階目で情報を時間をかけて処理されます。

難しい計算式や語彙、長い論理的な文など。

そのためここで書き手は読み手にとって論理的にわかりやすい文章を書く必要があるのです。

 

これら二段階の情報処理が人間の中で起きることを想定した文字色や改行、論理的な文章を作成する必要があるのです。

細かい方法もこの本で説明されていますので、興味がある方は是非にご覧になってください。

 

かなり細かくライティングの技術について書いてあります。

読者に信頼してもらえる情報とは

SEOを成功させるためには」の項で少しお話しましたが、読者にとっては情報の信頼性も一つ重要な要素です。

そこで大事になってくることがあります。

それはこの本では下記のように書かれています。

 

”誰”が作ったか?という「信頼性」が大事

 

要は記事内で述べられていることにどれだけ信頼性があるかに客観性を持たせる必要があるのです。

 

例えば、この本の筆者が運営している「ナースの仕事術」というコンテンツでは扱う情報の信頼性をピラミッド上にわけて、なるべく上位の信頼性のおける情報元に絞って参考・引用にしているそうです。

 

【信頼性の高い順】

厚生労働省←公的な医療機関民間の医療機関・医師←製薬会社などの民間の医療系会社←テレビ番組(NHK、民放)←そのほか

※左にいくにつれて情報の信頼性は高い

 

みなさんもブログなどで記事を読んでいて情報元はどこなのだろうと気になったことはあるでしょう。

もしそれがその書き手の友達が噂していた、Twitterで見たというレベルの情報だったらあなたは信じますか?そもそもそんな情報を掲載している書き手自体を信用できますか?

 

この本では読み手に情報を信頼してもらうことの重要性を説いています。

この本を読んで感じた過去記事リライトの必要性

f:id:jubenonz:20170406074840p:plain

ここでは私がこの本を読んで感じた危機感について書いていきます。

 

この本を読んで私は今までの自分の記事をリライトする必要性がかなりあることに気づかされました。

私はこれまで書評を書く際に「私が心に残る部分」ということを書いてきました。

しかし、それはその本の書評を読みたい人にとって有益な情報ではないのです。

 

全ての読者が皆同じ目的ではありませんが、実用書や参考書を求めている人が欲しい情報はその本にどんなことが書かれているのか。果たしてそれは有益なものなのかということです。

私の心に残ったかどうかははっきり言ってあまり重要なことではないのです。

 

もちろん私がどんなことを感じたのかを知りたいかたもいるでしょう。

ただここで大事なのは私が情報を求める人に向けて情報を提供したいのか、私の感想を知りたい人向けの記事なのかを分けて考えていなかったことです。 

ましてや普段PVがPVがと言ってる人間なのにお恥ずかしい。

 

www.shinumade.com

 

この本の3章でも書かれている通り推敲・リライトは非常に重要なことです。

目標の300記事に向けて記事を増やすことも大事ですが、過去の記事をリライトしてこのサイトの質を高めていく必要があると痛感させられました。

まとめ

この本と前作に共通して書かれていた重要なこと。

それは自分のコンテンツ、記事が誰に向けて書いているのかを意識することです。

 

私は自分が雑記ブログだからとそのことをあまり意識していませんでした。

しかし、例え雑記だろうと対象の読者を意識する必要はあります。

 

人から読まれる求められる文章とは何か、人が読んでいて負担なく有用な情報とは何か。

 

ただ自分の感想を述べる日記になるのではなく、誰かにとって役に立つ情報を届けられる雑記になるよう、これからは自分のライティング力を高めていきます。

 

それでは、さようなら!

 

現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書

現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書

  • 作者: 松尾茂起,柿内ひとみ,住太陽,寿倉歩,伊藤富雄,妹尾ゆう,伊藤陽介,鈴木良太,坂巻隆之
  • 出版社/メーカー: マイナビ
  • 発売日: 2013/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る