死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

2017プロ野球順位&個人タイトル予想 パリーグ編 台風の目はどこになる!?

おすすめ人気記事セレクション1. スタディサプリENGLISHは英会話初心者におすすめの勉強法!
2.全クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト24【2017年最新作除く!】
3.野球好きのための婚活パーティー『社会人サークル球コン』
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

f:id:jubenonz:20170327111904j:plain

WBCの興奮冷めやらぬなか、いよいよ2017年のプロ野球開幕が3/31に迫ってきています。

新聞・テレビ・ブログなどで様々な方が順位予想が出てきています。

 

ある意味あれやこれやと想像できるこの時期が一番楽しい時期かもしれません。(12球団平等に夢を見れるので)

 そこで私も順位&タイトル予想をしてきたいと思います。

半年後のシーズンが終わった時に予想がどこまで当たるのか。

それが今から楽しみです。

 

それでは早速いってみましょう。

目次

2017年 パリーグの見所 

チーム編

日本ハムの連覇か、巨大戦力を誇るソフトバンクの王座奪回か、その他の4球団が台風の目となるか。

2017年のパリーグの大方の予想はこうなるでしょう。

 

やはり昨シーズン共に勝率6割を超える二強が中心になるのは間違いありません。

またその2強から目立った選手流出(日ハムの陽選手くらい)がなく、かつ両チーム若手に伸びしろを抱えるだけにまだ上がり目がある。

どう考えてもこの2強が軸となるでしょう。

 

問題はWBCの影響がどこまであるか。

どうしても前年好調だったチームから代表メンバーは選出されます。

日本ハムからは大野、中田、宮西、増井。

ソフトバンクからは千賀、武田、バンデンハーク、スアレス、松田、内川、デスパイネ

と言った主力選手が多数出場しています。

 

それらの選手の体力面や調整などに不安が残ります。

 

そして対抗となるべき他の4球団ですが、正直に言うとどこも長所と短所がはっきりしています。

むしろ短所のほうが大きい。

 

楽天・ロッテはそれぞれ投手の二枚看板を揃える一方で得点力が乏しく、層も薄い。

西武は頼みの打線にけが人続出で、投手陣の頭数が足りない。

オリックスも糸井流出、吉田怪我とどこも不安を抱える内容。

逆にこの不安要素が解消されれば一気に台風の目になり得る。

 

2016年の上位2球団と比較してWBCに選手を取られていないので、そこは一つのアドバンテージとなり得る。

個人編

大谷翔平 二刀流の最終形態をとくと見よ!

やはり注目は大谷翔平選手。

 

www.shinumade.com

 

 年々進化を遂げる二刀流選手が今年どこまでの進化を見せてくれるのか。

故障の影響で投手としての見通しが立っていませんが、打者としては明らかに長打力に磨きがかかっています。

 

今シーズンオフにメジャー挑戦との噂もありますので、見納めとなる可能性もあります。

チームの連覇、そして個人としても最高の結果をとなることに期待したいです。

柳田悠岐 雪辱を喫するパ・リーグ最強野手

次に期待したいのがソフトバンク柳田選手。

2016年はリーグ唯一のOPS9割越えだったにも関わらず不調と言われているあたりにこの選手への期待値の高さが伺えます。

 

自身が怪我で離脱している内にチームが逆転優勝をくらっただけに喫するところはあるでしょう。

2015年ほどの歴史的な活躍をもし柳田選手が出来るのか。

 

2015年MVPの柳田VS2016年MVPの大谷が両チームの鍵を握っているのは間違いないでしょう。

いでよ! 打てる捕手!

その他注目は若い捕手の成長です。

西武の森選手、ロッテ田村選手、オリックス若月選手など打力がある若い捕手がパ・リーグにはたくさんいます。

www.shinumade.com

 

2強以外のチームから強打の捕手が出てくれば十分対抗となり得るでしょう。

引退をかけた二人の元西武のスーパースター

そして個人的になんといっても注目なのが松坂大輔選手の活躍。

 

www.shinumade.com

 

開幕ローテからは外れましたが、その力は必ずどこかで必要になります。

 

 ソフトバンク松坂大輔投手が、開幕ローテから外れることが25日、決まった。この日の広島とのオープン戦ヤフオクD)で7回無安打の快投を見せた右腕だが、試合後に待っていたのは無情な通告。「松坂と摂津は開幕ローテから外れたと伝えました」と倉野信次投手統括コーチが明らかにした。引用:快投も開幕ローテ落ちのソフトB松坂、無情通告にも「分かっていたつもり」 - エキサイトニュース(1/2)

 

先に挙げた通りソフトバンクのローテーションにはWBC組の選手が多数います。

彼らがシーズンは完全に投げきることは難しいと予想されますので、その時に是非活躍をして欲しいです。

 

そしてもうひとりが松井稼頭央選手。

私が子供の頃から憧れているスーパースターに少しでも長く野球を続けてもらうためにも今シーズンの大活躍に期待したいです。

 

とにかく松井稼頭央選手がカッコよかったです。本当に好きでした。今でも憧れています。いつまでも私の憧れの選手です。

 

www.shinumade.com

 

昨年の二人の対決は死球に終わりあまり楽しいものとはなりませんでした。

二人が万全の状態で対戦する姿を是非この目でみたいです。 

 

www.shinumade.com 

チーム順位予想

では早速私の順位予想です。

1位 ソフトバンク

2位 日本ハム

3位 西武

4位 ロッテ

5位 楽天

6位 オリックス

本命:ソフトバンク 対抗:日本ハム 台風の目:楽天

大本命:ソフトバンク

やはりソフトバンクの選手層がずば抜けています。

特に先発ローテーション。

千賀、武田、バンデンハーク、和田、東浜という他球団でもローテの軸になれる投手がずらりといます。

そこに中田、飯田、松坂、摂津、大隣、笠原とベテラン、若手、右左がまんべんなく揃っています。

 

仮にWBC組が疲労などで一人二人抜けても短期間であればカバー出来るだけのメンバーが揃っています。

 

リリーフ陣にしてもサファテを中心に分厚い選手層を誇ります。

唯一の懸念は森福投手の抜けた穴ですが、それを凌駕できる質と量があります。

昨年の広島のように左のリリーフがいなくても左打者を抑えられる優秀な右がいれば問題はありません。

五十嵐、森を含めたリリーフ陣が豊富にいるのもこのチームの魅力。

 

打線に関してもデスパイネの加入で破壊力は増しました。

あの長谷川選手が控え候補になるのだから驚きです。

懸念点はWBC組の中軸の内川、デスパイネ、松田選手の状態。いずれもベテランの域に差し掛かっているだけにその点が心配です。

 

対抗:日本ハム

対抗となり得るのは連覇を目指す日本ハム

まだまだ若いチームで伸び代があるだけに十分連覇の可能性はあります。ただ日本ハムソフトバンクの最大の違いは選手層の厚さ。

レギュラークラスの質だけなら投打共に引けを取らないのですが、どうしても層の面でソフトバンクに劣ります。

しかも投打の柱である大谷、中田選手が怪我で万全の状態ではない中で開幕します。

 

もし仮に彼らが駄目ならさすがに日本ハムも厳しくなります。

 

特に怪我が心配される大谷選手が開幕当初は打者での出場がメインとなりますので、その間に先発陣がどこまで踏ん張れるか。

 

昨年の日本一に大きく貢献した大谷、増井(抑え再転向)がいない先発陣。

 

 開幕投手有原、新人王高梨、飛躍が期待される上沢、斎藤、上原あたりが大谷翔平選手を焦らせないような投球をしなければ連覇はかなり厳しいでしょう。

 

台風の目:楽天

楽天を台風の目としたのは岸投手の加入と打線のポテンシャルです。

 

ただここにきて期待された安楽投手が開幕出遅れ、岸投手も開幕絶望。

楽天は26日、開幕投手に決まっていた岸孝之投手が東京都内の病院でインフルエンザ(B型)に感染したと発表した。

引用:楽天・岸、インフルエンザで離脱 開幕投手は不可能に:朝日新聞デジタル

 

則本、松井投手らのWBC組も普段と調整が異なるだけにいきなりローテーションが狂うのはかなり痛いところでしょう。

 ※WBCの後遺症など微塵も感じさせない活躍を見せています。

 

岸・則本投手を中心とした先発陣。

外国人で固めた中軸の周りを茂木・島内・今江・藤田・岡島あたりで支えられれば面白い存在になり得えます。

 

梨田監督は近鉄日本ハムでそれぞれ監督2年目で優勝しているので、使えるコマさえ整えば台風の目になり得るでしょう。

不気味なロッテ、打力の西武、バランスのオリックス

その他3チームは優勝争いはどうか。

正直楽天含めたこれらのチームは優勝は厳しいかと思います。

 

その中で可能性を強いてあげるならロッテと贔屓目で西武。

ロッテは涌井・石川の二枚看板に先発転向の西野を中心とした先発陣が強み。

 

 

ただ、デスパイネが抜けたので打線がかなり未知数。

新外国人の二人がオープン戦の通りに活躍をして、その前後を首位打者角中、キャプテン鈴木で挟み、若い選手を伊東監督が上手くやり取りすれば面白い存在です。

が、如何せん馬力が足りないかなと。

 

西武はその逆で打線の馬力は12球団でもトップクラス。

 

www.shinumade.com

 

昨年も日本ハムと並ぶリーグ得点2位と攻撃力は折り紙つき。

 

 ただ森選手、金子選手が骨折、WBC組の炭谷、秋山選手が故障を抱えるなど頼みの野手陣に不安要素満載。

野手に怪我人が出ないことが絶対条件ですが、それは現時点でもかなり厳しいかなと。

 

投手陣に関しても先発で頼れそうなのは菊池投手のみ。

高橋、多和田、十亀投手などポテンシャルの高いドラ1選手はいますが、タラレバを言い出したらどこも強いです。

 

西武を3位としたのはかなり贔屓目(こうでもしないと応援しがいがないので)で、現状はかなり厳しいです。

 

オリックスに関してはチーム戦力の上がり目が今のところあまりないように感じます。

期待の吉田選手も期間未定の離脱。

一つ上げるとするならば金子、小谷野、中島選手といったあたりのベテランの復活ですが、それだけでは戦力の上がり幅は少ないかと。

 

現状かなり厳しい戦いが予想されます。

個人タイトル予想

打者部門

首位打者:柳田

打点王:内川

本塁打王デスパイネ

盗塁王:西川

投手部門

最多勝:武田

最優秀防御率:石川

最多奪三振:千賀

最高勝率:千賀

最優秀中継ぎ:宮西

最多セーブ:サファテ

 

投打共に大谷翔平選手がかなり影響力を与えるだけに予想がとても難しいです。

まず野手ですが、首位打者には復活した柳田選手。

持っている能力を発揮すれば最有力候補です。

次点で角中選手、大穴で西川選手は面白いかなと思います。

 

www.shinumade.com

 

その西川選手は盗塁王候補に。

糸井選手が他リーグに移籍、昨年の盗塁王金子選手が出遅れることを考えて西川選手に十分可能性があります。

二番にバントをあまりしない近藤選手が入る可能性が高いのも一つの予想材料としました。

 

www.shinumade.com

 

本塁打はロッテからソフトバンクに移籍したデスパイネ選手。

ホーム球場が変わるのはかなり大きく影響しそうです。

昨年デスパイネ選手はQVCマリンで281打席、5本塁打ヤフオクドームで47打席、8本塁打

対戦相手が変わるので単純には言えませんが、球場が変っただけでシーズン40本塁打以上打ってもおかしくはない成績です。

 

またその前には出塁率の高い柳田選手、後ろに内川(内川が前の場合もあり)、松田選手ら強打者がいますのでロッテ時代よりも勝負されるケースが増えることが予想されます。

 

打点王の可能性も十分あり得るのですが、そこは内川選手にしてみました。

デスパイネ、内川のどちらを4、5番にするのかは未確定ですが、1番中村、3番柳田、4番内川、5番デスパイネにするのであれば内川選手が打点王になってもおかしくないでしょう。

対抗は中田翔ですが、ちょっと怪我の状態が思わしくなさそうなので外しました。

その他だと西武の浅村、メヒア、中村が穴かなと。

 

投手に関しては武田選手の最多勝を予想します。

 

www.shinumade.com

 

理由は開幕投手から外れたことです。

ローテの3番手あたりを武田投手が担うのであればソフトバンクのチーム力からいって武田選手が勝つ確率はかなり高まるでしょう。

 

これは千賀、バンデンハーク、東浜投手にも言え、和田+もうひとりのカードの頭を投げる投手以外、いわゆる三番手投手が最多勝になる可能性が高いと予想します。

 

最優秀防御率は2年連続で石川投手。

 

www.shinumade.com

 

 規定投球回に届くなら大谷翔平が最有力ですが、怪我と二刀流の影響で投球回に届かない可能性があるので、ここは石川選手にしました。

千賀投手も考えたのですが、球場を考えて石川選手にしました。

 

そして奪三振と勝率は千賀投手。

 

www.shinumade.com

 

 3年連続の奪三振王の楽天則本投手もいますが、そろそろ勤続疲労がきそうな気がするのでここはノリに乗っている千賀投手にしました。

 

www.shinumade.com

 

最優秀中継ぎと最多セーブはチーム状態にかなり左右されるので、上位が予想されるチームから選びました。

ソフトバンクは中継ぎ投手をローテしたり、休養を挟む傾向にあるため日本ハムから選出。

谷元、牧田あたりも面白いのですが、両者とも先発、抑えに回る可能性があったため宮西投手を予想しました。 

 

こうして見ると上位予想チームの選手ばかりですね(笑)

まとめ

 戦力的には日本ハムソフトバンクがかなり抜けた存在です。ただいつも下馬評通りにならないことを長いプロ野球の歴史は証明しています。

 

良い意味で私の期待を裏切る選手が現れることに期待したいです。

 

それでは、さようなら!

www.shinumade.com

プロ野球を観るなら

プロ野球を観るなら月額980円からのスポナビライブ がおすすめです。

初回最大1ヶ月無料なのでぜひ登録してみてください!

見たいシーンだけ即再生、見逃し配信機能付きです。

 

詳しくはこちらのリンクからご確認ください!