読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

【WBC】2017WBC侍ジャパンの強力打線が誕生した最大の要因 今見直す、統一球がもたらしたもの 

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

balls

ここまで負けなしの6連勝で勝ち進んできた2017WBCの侍ジャパン。数ある勝因のなかで最も重要な要因となっているのは好調な打線。

ここまで1試合平均7.7得点と爆発的な攻撃力で何度も逆境を跳ね除けてきた。強豪国との対戦が続いた二次ラウンドでは全3試合いずれも8得点と高いレベルの相手にもその攻撃力が通用することを証明した。

なかでも目を引いたのが長打力。勝負ところで本塁打で流れを引き寄せるスタイルは今までの日本代表になかったスタイル。

 

私はこの結果をもたらした最大の要因は2011~2012年に導入されたいわゆる『飛ばない統一球』なのではないかと考えている。

そこで今日はその統一球がもたらしたものについて話していく。

目次

WBC大会別にみる打撃成績の比較 

まずこれまでのWBC大会別の打撃成績の比較からここまでの侍ジャパンがいかに強力な打線かを振り返ってみる。

WBC大会別のチーム打撃成績】

大会年度 試合数 得点数 平均得点 本塁打 本塁打平均 打率
2006 8 60 7.5 10 1.33 0.311
2009 9 50 5.6 4 0.72 0.299
2013 7 44 6.3 8 1.27 0.279
2017 6 46 7.7 10 1.30 0.319

試合数、対戦相手などに違いがあるため単純に比較できない部分もあるがこの表からわかる通り、今回の侍ジャパンの打線は非常に強力な打線であることがわかる。

2006年も好成績をおさめているが、一次リーグの格下中国、チャイニーズ・タイペイ戦で18、14得点を上げている分通算成績は高くなっているがその2試合を除くと平均得点は4.6にまで落ち込む。

 

逆に言えば2017年はまだ決勝ラウンドの強豪国と対戦していないためこれから下がる可能性もあるが、それを考慮しても今回の侍ジャパンの打線がいかに強力であるかは十分この数字からも見て取れる。

あの強力オランダ打線が日本と同じ6試合で45得点ということを考えると、日本が世界の強力打線と比較してもひけをとらない打線であることを物語っている。

 

なかでも一番目を引くのが本塁打。現時点で既に歴代一位タイの本塁打数を放っている。これまではどちらかというと機動力や小技を絡めて得点するスタイルが中心だった歴代日本代表にあって、本塁打で流れを引き寄せるスタイルは今までになかったものだ。

統一球問題とは

ではなぜここまで強力な打線が形成できたのか。私はその原因が2011~2012年に導入された『飛ばない統一球』にあると考えている。

2011~2012年にかけて下記の理由から統一球が導入された。

球団ごとに異なるボールが使われていたことに対する批判や、WBCなどの国際試合で採用されるボールに近づけるという目的などから、2011年度から12球団全てでミズノ製の低反発ゴム材を用いた統一球を採用した。

引用:ボール (野球) - Wikipedia

しかし、野球の華である本塁打数が激減したことによるファンからは批判の声が上がった。

また統一球が実際に国際試合で使用されているものと異なったため本来の目的を果たしたとは言い難く、反発係数の隠蔽問題などがあり、プロ野球ファンにとっては忌まわしい記憶となってしまった。

統一球に苦しめられたスラッガーたち それを乗り越えて掴んだ確かな技術

この統一球問題はとりわけ野手に大きな影響を与えた。

統一球導入前の2010年と2011年を比較すると両リーグあわせて1605本から939本に激減した。また2001年~2005年のいわゆる『飛ぶボール』時代と比較するとその減少数は約半分~3/4にまで及ぶ。

NPB年度別本塁打数と侍ジャパン野手のプロ1年目】

年代 セ・リーグ パ・リーグ 合計 侍ジャパン野手プロ一年目
2000 818 753 1571  
2001 781 1021 1802 内川
2002 826 869 1695  
2003 987 1000 1987  
2004 1074 920 1994 青木
2005 920 827 1747  
2006 821 632 1453 松田(1)、平田
2007 818 642 1460 坂本
2008 728 752 1480 中田(3)
2009 769 765 1534 大野
2010 863 742 1605 筒香(3)
2011 485 454 939 山田(2)、秋山
2012 454 427 881 菊池
2013 714 597 1311 鈴木
2014 738 623 1361 田中、小林(1)
2015 571 647 1218  
2016 713 628 1341  

※1 赤掛けは飛ぶボール、青掛けは飛ばないボール時代

※2 赤字は2017大会で本塁打を放った選手、()内は本塁打

 

この表の一番右を見てわかる通り、ほとんどの侍ジャパンの選手が飛ぶボールを経験しておらず、若い時期に飛ばないボールを経験している。

恐らく若い時期に飛ばないボールを経験したことで彼らは高い打撃技術の取得を目指さざるを得なくなったのだろう。

 

特に中田、筒香の両者は入団直後から長距離砲として期待されていたにも関わらず、ちょうど統一球が導入されたことで持ち味の長打力を発揮できない時期が続いた。

【中田、筒香年度別本塁打数】

年度 中田 筒香
2009 0 -
2010 9 1
2011 18 8
2012 24 10
2013 28 1
2014 27 22
2015 30 24
2016 25 44

 しかし、そこで本当にボールを飛ばすにはどうするべきかを真剣に悩んだことが彼らの打撃技術は高まったのだろう。

結果的に彼らの成績は飛ばないボールを利用しなくなってから上昇しているが、その原因は彼らが若い時期に真剣に打撃練習に取り組んだことも関係しているだろう。

 

このことは他のスラッガーにも言え、坂本、山田選手らも若い時期に試行錯誤しとことが国際大会でも通用する高い打撃技術取得につながったのだろう。

まとめ

全ての事象はその時や短いスパンだけでは判断出来ないことがある。

確かに統一球導入時は異常なほど本塁打が減ってしまい、長距離打者と言われる選手の育成の弊害になってしまった側面もある。しかし、長期的にみるとあのボールを経験したことで打者の技術向上に繋がり、国際舞台での打撃好調に繋がったとも言える。

 

統一球導入からまだ6年。この先野球の歴史が続いていく中で20年、30年後に統一球導入の是が非(反発係数の隠蔽などの暗部も含めて)が再考されていくことだろう。

もしかしたらその時は『あの統一球があったから打者の技術向上に繋がった』と評価されているかもしれない。

 

それでは、さようなら!