読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

【WBC】再びキューバに勝利し大会参加チーム唯一の5戦全勝! 遂に目覚めた山田哲人の2発、頼りになる4番筒香2打点、打撃職人内川決勝犠飛!

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

Fire

徐々に強く、そしてたくましくなっていく侍ジャパン。チームとしての成長度合いは加速度的に伸びている。

キューバに勝利したことで4大会連続の準決勝進出へまた一歩前進した形になった。

15日のイスラエル戦に勝てば1次リーグに続いて全勝での突破となる。

 今日は一次ラウンドに続いて再戦となったキューバ戦を振り返っていく。

目次

結果

チーム
キューバ
日 本 ×

【日】菅野、平野、増井、松井、○秋吉、S牧田

【キ】バノス、イエラ、●ラエラ

【本】山田1号ソロ、2号2ラン(1、8回)グラシアル2ラン(2回)

スタメン

【日本】

1(指)山田=ヤクルト

2(二)菊池=広島

3(右)青木=アストロズ

4(左)筒香=DeNA

5(一)中田=日本ハム

6(遊)坂本=巨人

7(三)松田=ソフトバンク

8(中)秋山=西武

9(捕)小林=巨人

先発P=菅野=巨人

日本は大会初戦のオーダーに似た打順でこの試合に望んだ。

決勝ラウンド進出条件

本日行われた試合でオランダがキューバに勝ったため、日本が決勝ラウンドに進出する条件は下記の通り。

 【日本の決勝ラウンド進出条件】

本日のイスラエル戦に日本が勝利するか、4点差以内で敗戦した場合決勝ラウンド進出。

※もし5点差以上で敗戦した場合はプレーオフ

日替わりでヒーローが出てくる好調野手陣

WBCの日本史上ここまで攻撃力、とりわけ長打力が目立つということはありませんでした。いわゆる空砲というものがなく、ここというところで効果的な一発が飛び出す。またビハインド時などにもここというところで一本のタイムリーが飛び出すなど本当に勝負強く頼もしい打線が出来ている。

また、特定の打者だけが活躍するのではなく日替わりでヒーローが出てくる辺りにもチーム力の高さが表れている。

生き返った山田哲人選手! 目覚めの一発、とどめの二発目!

とうとう目覚めました。二年連続トリプルスリー男。

また目覚め方がド派手で、初回先頭打者本塁打を含む3安打3打点2本塁打

昨日こんな記事を書いて恥ずかしい限りです。

www.shinumade.com

 ひとつだけ言い訳させてください。

もし今日のキューバ戦でも山田選手に復調が見られないなら私は首脳陣に山田選手外しを決断して欲しい。

私はいたずらに山田選手外しを望んだわけではありません(笑)

 

まあそんなことはどうでもよく、今日の活躍で怪我がない限りは山田選手はスタメン起用されるでしょう。

菊池選手が怪我しない限りは指名打者起用となりますので、同時に私が構想した筒香選手の指名打者起用もなくなりました。

とにかく頼りになる選手がまた1人目覚めたことは今後の侍ジャパンにとって収穫です。

頼りになる主砲筒香選手 勝負どころで見せた巧打

そしてこの試合で光ったのは単打に徹した筒香選手の勝負強さ。

放った3安打は全てセンター前のシングルヒット。ここまで2本の本塁打を放っていた主砲には本塁打が期待されてしまいがち。ただ、ここ2試合は本塁打を出ておらず、チャンスで凡退する姿が目立った。

後ろを打つ中田翔選手が本塁打を連発し、勝負どころでタイムリーを放っていただけに筒香選手にはおもうところはあったのでしょう。

 

その中田翔選手がノーヒットに終わった昨日の試合で筒香選手が長打を捨てての3安打2打点。後ろの中田翔選手が好調、そこで自分が何を求められているのか。それを考えてとにかくランナーを返す打撃に徹し、そして結果を残したことに感心させられた。

 

2人の主砲がお互いを刺激しながら助け合うのはチームにとって非常に大きい。今後もチームメイト、WBC終了後はライバルとしてもお互いを高め合っていって欲しい2人だ。

代打の切り札内川選手 WBCの仮はWBCで返す! 

そしてこの試合で一番のポイントなったのが同点で迎えた8回1死1・3塁打者小林選手の局面で代打内川選手。

ここまで打撃好調でかつこの試合でも2安打を放っていた守りの柱である小林選手に代打を送った采配はもし失敗していれば流れを大きく変えかねない采配。

そこで迷いなく代打を送れた小久保監督の采配とそれに応えた内川選手。

特に8回には打率5割でこの日、タイムリーを含め2安打放っている小林に代打・内川を送った。「迷いました。ラッキーボーイの小林に代打は勇気がいった。でも、ここは勝負と思った」と采配がズバリと当たった。

 ベテランの存在に助けられた。「普段は自分のチームで4番を打っているベテランが、代打の1番手で文句も言わず、全身全霊で戦ってる姿は選手を勇気づけたと思う」と称賛した。

引用:侍・小久保監督 絶好調小林に代打内川「迷いました。でも、ここは勝負と」 - エキサイトニュース

 

内川選手と言えばWBCで天国と地獄をこれ以上ない形で味わった選手。

www.shinumade.com

山田選手が調子を取り戻した今、今後内川選手に期待される役割は代打の切り札。大会序盤こそ当たりがでなかったものの、ここ二次ラウンド以降は二度の代打出場で1安打、1犠飛と結果を残している。

今後もここというところでの代打が予想されるが、内川選手の技術ならWBCで味わった屈辱をWBCで返すことが必ずできるだろう。

はっきりいってライオンズびいき 遂に拝めた西武三銃士による代表センターライン

昨日の9回の侍ジャパンのマウンドには牧田投手、捕手はその回から守備についた炭谷捕手、センターには秋山選手。菊池・坂本の夢の二遊間と共に西武の三選手が共に侍ジャパンのセンターラインを形成している姿は西武ファンとしては鳥肌ものでした。

 

特に牧田-炭谷バッテリーの阿吽の呼吸から繰り出される高速テンポのサイン交換からの投球、返球の繰り返しは最高でした。最後に高めのボールで三振を取るあたりはさすがです。ここまで小林選手の活躍が目立っていましたし、恐らくこれからも小林捕手が正捕手。ただこれから小林捕手に代打・代走が送られるケースも出てくるでしょう。その時に炭谷捕手が使える目処がたったことは牧田投手が抑えとして起用される侍ジャパンにとっては非常に有用なオプションとなりえるでしょう。

 

そして見逃せないのは秋山選手のつなぎの打撃。

6回の同点、8回の勝ち越しとなったいずれの回もランナーがいる状況で秋山選手が後ろに繋いだことから生まれたチャンスを活かしてのもの。

長打力を打てる力がありながらあくまでつなぎに徹する。特に6回に見せた四球には秋山選手の技術の高さが凝縮されていました。左の変則投手が外のスライダーと内のシュートでコースを幅広く付いてくるのをものともせずにもぎ取った価値ある四球。

 

出場した3試合いずれも結果を残すつなぎの選手がいることは侍ジャパンの武器の一つでしょう。山田、菊池、筒香、中田のように派手に活躍する選手がいる一方で青木、坂本、秋山のような選手がしっかり塁に出る繋ぎの役割をできていることもここまでの侍ジャパンの好調の要因でしょう。

不調の先発陣、好調な救援陣

大会前の予想を良くも悪くも裏切る侍ジャパン。投手陣に関しては先発陣がここにきて不調、逆に救援陣は好調。

調子があがってきたリリーフ投手陣 もう抑えは牧田しかいない

初戦のキューバ戦こそ救援陣が5失点してしまったが、その後のオーストラリア、中国戦を無失点リレー。二次ラウンドでもオランダ戦を8回1失点。キューバ戦を5回1失点。と初戦のキューバ戦を除くと23回2/3を投げて僅か2失点。防御率は0.76。

間違いなく今の侍ジャパンの快進撃を支えているのがこの救援陣。

 

特に平野・松井佑樹投手は二次ラウンド以降の2試合にそれぞれ登板しいずれも無失点。結果だけでなく内容でも相手を圧倒する姿は非常に頼もしい。

更に投手陣を楽にしているのは抑え牧田投手の存在。もはやこの人が打たれてまけたら仕方ないというところまでの存在になりかけています。

 

まだまだ明確な起用方針が示されているわけではありませんが、間違いなく牧田投手の存在感が投手陣だけでなく、チーム全体に安心感を与えています。

遂に菅野投手まで... 深刻な先発陣の不調はあの男に託された

と調子が上がってきた救援陣とは対照的に調子を落とした先発陣。石川投手が3回5失点でKOされたのに続き菅野投手まで4回4失点でKO(球数制限上交代したが実質上)。

 

野投手に関しては制球力という一番の武器が影を潜めている。昨日喫したツーランと2点タイムリーはいずれもスライダーが抜けて打たれたもの。初戦のオーストラリア戦でも抜けた変化球を本塁打にされており、打者のレベルが更に上がる決勝ラウンドに向けて不安を残す内容となった。

 

その結果ここまで中継ぎで結果を残してきた千賀投手に白羽の矢が立った。

12日のオランダ戦で好リリーフをみせたことで、中2日での抜てきが決定。オランダ戦後、権藤投手コーチから伝えられたという。

 「今年は先発の練習は1度もしていないですが、後ろには素晴らしい投手陣がいるので、長いイニングを考えて点を取られるよりも、しっかり短いイニングを1人1人ゼロで抑えたい」

引用:侍千賀が先発!お化けフォークでイスラエル料理だ - WBC : 日刊スポーツ

昨日の展開で千賀投手が出てこない時点で恐らくとは思っていましたが、まさかイスラエル戦に先発とは予想外。

私の予想の斜め上をいく采配に少し驚かされました。

そこで私が提案するのは千賀投手の先発起用。

www.shinumade.com

中二日の先発ということで恐らくそんなに長いイニングではないでしょうが(そうでないと千賀投手の故障が心配)、ここまでぴりっとしない先発投手陣の救世主となることを期待している。 

まとめ

まだまだこのチームが強くなっていく様を見ていたいが残り試合は最大3試合(プレーオフは除く)。

名残惜しさがある一方で決勝戦に勝って歓喜する姿を早く目の当たりにしたいという思いが強くなってきた。

 

今日のイスラエル戦も厳しい試合になることが予想されるが、これまで同様チーム一丸となっての戦いに期待したい。

 

それでは、さようなら!