読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

【WBC】侍ジャパンの第二戦はオーストラリアに快勝 エース菅野が快投、主砲筒香&中田のアベック弾、課題のリリーフ陣は無失点の鉄壁リリーフ

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

Baseballs

難敵オーストラリアに勝利したことで侍ジャパンは2017WBCの第二次ラウンド進出が濃厚になってきた。

開幕前の不安を払拭するように確実にチーム力が上がってきている。やはり勝負の世界で最も欠かせないものは良い結果。これがなくてはチームの雰囲気はよくならない。勝利という結果は最良の特効薬となりえるのだ。

そこで今日は3/8に行われた対オーストラリア戦の結果を観た私の感想を述べていく。

目次

スタメン 

侍ジャパンのスタメン>

1(指)山田

2(二)菊池

3(中)青木

4(左)筒香

5(一)中田

6(遊)坂本

7(右)鈴木

8(三)松田

9(捕)小林

先発P=菅野

大勝したキューバ戦と変わらぬスタメン。良い状態の時は動かすなの定石を守った形。

快投した菅野がやはりこのチームのエース

4チームにより総当たり制の第一・二次ラウンドの特性を踏まえて小久保監督がとった策はエース菅野を二戦目に持ってくる采配。もし仮に一戦目を落としても菅野がいるという安心感、もし一戦目を取れればそのまま連勝して次ラウンド進出へ弾みをつける。その二段構えの戦略から菅野投手は二戦目の先発となった。

その菅野投手は見事チームの期待に応え、球数制限一杯の66球を投じて5回途中1失点の好投。

2死ランナー無しで追い込んでカウントからスライダーが高く浮き、先制ホームランを打たれたのはもったいなかったがそれ以外は味方のエラーにも動じず好投を続けた。

間違いなく今後の侍ジャパンの重要な試合の先発はこの菅野投手に託される。オーストラリア戦以上の投球を期待(それだけの技術はある)して今後の試合を見守りたい。

www.shinumade.com

課題のリリーフ陣が無失点救援 抑え牧田・千賀論争への私の意見

 その菅野投手の後を受けたリリーフ陣はようやく揃って好投。これまでは1試合の中で誰か必ず打たれてしまうケースがあったが、この試合は岡田ー千賀ー宮西ー牧田が無失点で切り抜けるパーフェクトな内容。

同点→一点差→三点差とゲームの流れが動いていく中で日本投手陣はその流れに乗ることなくきっちりと自分たちの投球ができたのは大きい。

ピンチを切り抜けた岡田投手、2イニングをパーフェクトでかつ相手を制圧する形で流れを引き込んだ千賀投手、追加点が入った直後のイニングを完璧に抑え流れを確かなものにした宮西投手、最後に見事火消し役をした牧田投手とそれぞれが見事なまでに自身の役割をこなしたことは手放しで称賛したい。

 

ただここにきて未だ勝ちパターンが決まってきていないことに批判の声が挙がっている。その中で今回好リリーフを見せた千賀投手を抑えにという声が挙がっている。確かに155キロを超える速球と落差の大きいフォークを駆使した奪三振力の高さは魅力的だ。

www.shinumade.com

 ただ私個人としては千賀投手にはこのままロング兼セットアッパーを任せたい。この時期にロングかつ連投を強いるのはソフトバンクファンの悲鳴が上がりそうだが、私は千賀投手にここぞという状況でピンチを脱出する投球をして欲しいのだ。

仮に千賀投手をストッパーに固定してしまうと起用出来る状況が9回リード時もしくは同点、延長時に限定されてしまう。しかしそれではそれ以前の回にピンチが訪れて、どうしても三振が必要な状況がきた時に出す手がなくなってしまう。千賀投手という切り札あるにも関わらず。

 

現在の侍ジャパンのリリーフ陣で千賀投手以外にも高い奪三振率を期待できるのは松井投手くらい。

www.shinumade.com

 ただ、松井選手の場合は同時に四死球の可能性も高い。

千賀投手が元々悪くない制球力(投手の制球力の良さを測るK/BBで好投手の基準とされる3.50に迫る3.42を2016シーズンに記録)を持ち、結果も残していることを考えると現時点でピンチの場面で信頼して送り出せるのは千賀投手のみ。

その千賀投手を7~8回、状況によっては6回からでもピンチの状況で柔軟に出せるようにしておくことの方が侍ジャパンの武器になると私は考えている。 

主砲筒香&中田のアベック弾 新たに増えた勝ち方の引き出し

これまでの日本代表にはあまりなかった勝ち方。中々得点の糸口がつかめないこう着状態を打開する中田選手の勝ち越しの一発。

www.shinumade.com

そしてその後に流れを確実なものにする4番筒香選手の追加点となるとどめの一発。


vsオーストラリア 侍ヒットHR集 中田 筒香2試合連続弾!

 これまで第一回大会の福留孝介選手のホームランなど稀に一本のホームランで流れを引き寄せることはあったものの、同じ試合で複数本本塁打が出て勝利を呼び込むことはなかった。スモールベースボールという言葉が代名詞になる背景には長打力不足という侍ジャパンの弱点の要素があった。その要素を払拭するように2人の主砲が放った貴重なアベック弾。

 

侍ジャパンと今後の日本人スラッガーの新たな可能性を感じさせた得点パターンは日本代表に新たな得点パターンの引き出しを増やした。

今後の課題

緊張感のある一戦目を派手に大勝、二戦目は難敵相手の接戦を投手力と守備を中心に制した快勝と非常に良い流れが侍ジャパンにできつつある。

ただ勝って兜の緒を締めよということで日本代表は緊張感を維持しつつ中国戦に望んで欲しい。

せっかく良い流れできている1・2戦のスタメン組を外したり、打順をいじるのは非常に繊細さが求められるが、この機会にここまで出番が出なかった選手の調整とスタメン組の休養をぜひやって欲しいものだ。

 

また結果が出ている4番筒香選手から9番小林選手とは対照的にいまいち調子がつかめない1番山田~3番青木選手。試合に勝利する上で重要なカギを握る上位陣にこのまま結果がでなればどうるのか。ここはまた1つ侍ジャパン首脳陣の腕の見せ所である。

まとめ

ここにきてチームの雰囲気は良い方向に向かっている。前回大会のドミニカ共和国ように全勝で優勝というのは難しいかもしれないが、序盤から上手く滑り出しただけにへたに勢いが止まってしまうことが怖い。

是非侍ジャパンにはこの勢いを止めずに突き進んで欲しい。

 

それでは、さようなら!