読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

新生『死ぬまで生きる問題』 ブログのヘッダーとアイコンにイメージキャラクターを追加しました

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

f:id:jubenonz:20170305155459p:plain

ついにこのブログにイメージキャラクターが誕生しました!

とブログ運営主本人だけが一人で勝手に盛り上がっています(笑)

 昨日から新たに追加したブログのヘッダーとアイコン、そしてそのキャラクターについて、更には作成経緯にも少し触れていきます。

目次

このブログのイメージキャラクターについて

f:id:jubenonz:20170305155934p:plain

と、一人地球の上で何かを考えているのがこのブログのイメージキャラクターであります。まだ名前はありませんが。

まぁ、名前はないと言っても何を隠そう彼は私の分身なわけです。というわけで必然的に名前ははろーぐっばい(仮)となるわけです。

 

もし、こんな名前はどうですかってのがあればアイデアを頂けると嬉しいです。

なければはろーぐっばい君とかになると思います。

ヘッダーとキャラクターに込められた意味

では、このヘッダーとアイコンに込められた意味ですが、実は私はほとんどアイデアを出していないんです。後述するのですが、このヘッダーとアイコンは自作でもなければプロに依頼したわけではありません。とある私とかなり近しい方に作成してもらいました。その方が私に持っているイメージを元にこのヘッダーとアイコンを作成してもらいました。

 

で出来たのがこのヘッダーとキャラクターなわけです。

f:id:jubenonz:20170305160521p:plain

込められた意味としては以下が挙げられます。

  • 何かを探し回ってるイメージ
  • ブログを編集(ネタを考える)するイメージ
  • 野球好き
  • 無機質な表情や服装は読者の皆さんに考える余白を与えたかったから

というものが挙げられます。

『人はいつか死ぬんだからそれまで色々やってみよう』を信条として、色んなことに挑戦していく様子を込めて左側の彼は何かを探し回っています。そしてそこで得た何かを形にする様子が右側の彼なわけです。

何かを探すインプットと何かを形にするアウトプットの両面をここで表しているわけです。

 

あとは右側に浮遊しているのは私が野球好きなところから来ています。やっぱり自分は野球なしには生きていけないなと。

 

最後は彼の表情や服装などが無機質な理由。これはあくまで記事・私自身がどんな人物なのかを読者の皆さんに考える余白を与えたいなという意味が込められています。

まぁ興味がある方はいないと思いますが、私は今後自分の顔を公開する予定はありません。私が他の方のブログを見ている時に仮にその方が顔を公開していない場合、どんな方なのかを想像したりします。その想像を邪魔せず、かつブレ過ぎないイメージを与えたいということでこのようなキャラクターを作成してもらいました。

キャラクター&ヘッダー作成経緯  誰が作ったの?

でそもそもこれは誰が作ったのって話です。恐らくこのヘッダーやアイコンを見て興味を持った方はいらっしゃると思います。作ってもらった私自身かなり満足しており、凄いなと感心しているので。

 

名前は明かせないのですが、私とかなり近しい方に作成してもらいました。本来であれば独学で色々と勉強して時間をかけて作成する、もしくはプロに依頼しなければいけないものを無償で作成してもらいました。本当に感謝してもしつくせません。これを作ってくれた人の好意に人気ブロガーになるという形で恩返しをしていければと考えています。

 

まだその方とお話していないのであれなのですが、いつか私のブログのヘッダーやアイコンに興味をもって自分も作成して欲しいという人が現れて、私の近しい人に仕事として紹介出来たらなんて勝手に想像したりしています。

 

そのためには何よりもまず私がこのブログの認知度を上げていく必要があるので、より一層今後ブログ活動を頑張っていきます。

まとめ

ブログにイメージキャラクターが出来ると何だかイケてる気がしてきます。それと心なしか徐々に愛着が沸いてきました(笑)

ただ、外観を整えても肝心の中身(記事の内容)が薄くては単なる見掛け倒しです。

そうならないためにも良い記事をお届けしていきますので、今後ともよろしくお願いします!

 

それでは、さようなら!