死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

月間5000pvの弱小ブログでも誰かがきっと読んでくれてる 読者からのメッセージがめっちゃ嬉しかった話

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

Happy

ブログを初めて約2ヶ月。

私のブログの月間pvは約5000。

 

人気ブロガーさんたちの景気の良い報告やセンスがあるブロガーさんたちの駆け出しの頃の順調な滑り出しと比べると本当に大したことがない数

 

時に自分のやり方は間違っているのか、センスがないのではないかと悩む時があります。

 

しかし、それでも毎回はてなスターをつけてくれたり、時にコメントをくれる読者の方がいます。

 

それらがどれだけ自分の心の支えになっているか。

 

今日は先日私がTwitterのメッセージを頂いて嬉しかったある話についてお話します。

目次

一通のメッセージと記事

 昨日Twitterでこのようなメッセージを頂いた。

 

 

なんと私のWBCの記事を読んでWBCについて記事を書くことにしたそうです。

 

正直嬉しい気持ちと同時に困惑が私の心の中に現れました。

自分の記事がこんな形で人に影響を与えるのかと。

 

この方が書かれた記事はこちらです。 

 

今回もこれまでと同様に、日本人メジャーリーガーはWBC出場に消極的で、マエケンダルビッシュマー君といったビッグネームの辞退が相次ぎました

WBCがこれからも確実に面白くない理由 - いつから俺はパトロンになったんだ

 

今後のWBCの行方についてサッカーと野球の世界的な広がり方は軸に考察されている非常に面白い記事です。 

読まれてることへの感謝とその実感を活力に

正直人気ブロガーさんたちの収支報告などを見ていると「自分は才能がないんじゃないか」と気が滅入りそうになることがあります。

 

しかし、最近同時に考えているのは上を見すぎても仕方がない。

 

自分のブログは1人でも毎回楽しんでくれる人がいるならそれを喜びに変えていこうと考えるようになりました。

 

素人丸出しの私のブログを読むのに時間を使ってくれる方がいる。

そのことに感謝をしなければいけない。

 

まだ、読んでくれないどこかの誰かを気にして今読んでくれる人への感謝を忘れるのは非常に失礼なことだとも。

 

私は昔からブログを読むがの好きです。

 

中には毎回更新を楽しみにしているブログもあります。

 

しかし、たまに急にブログの更新がなくなり、終わりを迎えるブログがあります。

 

バンドやスポーツ選手のように引退が通知されたり、引退ライブor試合などがあるわけでもなく、いきなり終わることがあります。

 

その時ほど悲しいものはありません。

 

今自分がブログをやめてしまえば、もしかしたら私が感じたような残念さを感じる人がいるかもしれない。

 

そう考えるとまだまだブログを根気強く続けていこうと思えるようになりました。

少しずつ上がっていく1日のpv数目標 

 少しずつではありますが1日のpv数は伸びていっています。

 

昔は1日に100を超えれば大喜びしていました。

 

しかし、そこから100が最低になり、150、200と徐々に目標とする1日のpv数が上がっています。

 

2017年の4月末までに月間10,000pv達成という目標を達成するためには1日350pvは必要になります。

 

※なんとか目標を達成することが出来ました。

www.shinumade.com

 

急には伸びないpv数。

 

しかし、少しずつ成長していくpv数を喜びにしてちょとずつでも良いので成長していきます。

まとめ 

自分ブログが誰かに読まれて、それをトリガーにして誰かが記事を書く。

 

そんな思いもよらぬ連鎖が起きたことに非常に喜びを感じました。

 

ブログを自分が書くようになってから人のブログを読む機会が減りました。

また、元々あまりコメントをするタイプではありません。

 

しかし、今回の件からもっと他人のブログを読んでコメントをしてみようと感じました。

 

その一言がブロガーさんたち励みになるかもしれないからです。

 

www.shinumade.com

 

これからも人に読んでいただいていることを実感しながら、人との繋がりも大切にしていこうと思います。

 

それでは、さようなら!