読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

味方捕手でも捕球が困難!? 千賀滉大選手のお化けフォークは大魔神級

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

Zombie Bride

 昨年行われた侍ジャパンの壮行試合。そこで小林捕手の捕球ミスがかなり話題に上がったが、その原因の1つには千賀滉大選手のフォークの落差が大きいことにもあると私は思う。

古田敦也まで「喝!!」 小林誠司のキャッチング

無論小林選手にも非があるが、それだけ千賀滉大選手のフォークの落差が想像以上に大きかったとも言える。

目次

千賀滉大選手とは

高校時代は無名の投手だったが、2010年の育成ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから4巡目指名を受けて入団。

「アマ球界に詳しい」という愛知県のスポーツショップ経営者からの薦めで、ソフトバンクが獲得を決めたという逸話が残る。

 

2011年は支配下登録されることがなかったが、2012年にキャンプでの好調が買われて、支配下登録される。結果一軍公式戦2試合の登板(オール先発)を果たす。

 

2013年は中継ぎ要員として自身初の開幕一軍入りを果たした。開幕から好調を維持し、

救援投手による公式戦連続無失点イニングを34回と3分の1まで伸ばし、パ・リーグタイ記録を樹立。

初めて出場したオールスターゲームでは2イニングを無失点・(クリーンナップから4者連続を含む)5奪三振と好投を見せた。

最終的には51試合に登板し、防御率2.40と安定した成績を残した。

 

2014年、2015年は右肩の不調から思うような結果が残せないシーズンが続いた。

 

2016年は先発投手として開幕からローテーション入り。開幕から無傷の8連勝を記録した。いずれも初めてとなるNPB育成ドラフト出身投手のオール先発によるシーズン10勝と、パ・リーグ育成ドラフト出身投手によるシーズン10勝を果たした。

12勝3敗で勝率は.800だったものの、規定の13勝にあと1勝届かず、勝率第一位投手のタイトルを逃した。

落差抜群のフォークと意外な厄介球スライダー 

千賀滉大選手は主に3球種で投球を組み立てている。最速156km/のストレートを中心に代名詞のフォークボール、そしてスライダー。

球種配分
球種 被打率 被打数 被安打 被本 被四死 奪三振 空振率 見逃率
ストレート 0.263 316 83 11 35 57 5.70% 17.93%
フォーク 0.12 183 22 0 8 105 29.26% 6.85%
スライダー 0.198 96 19 5 10 19 9.69% 25.00%
カーブ 0.125 8 1 0 0 0 4.08% 32.65%

参照:データで楽しむプロ野球

2016年度 千賀 滉大【ソフトバンク】投手成績詳細(カウント別・球種配分)

2016シーズンに奪った181個の三振のうち実に58%(105個)をフォークで奪っている。投球の20%にしか満たない球種でそれだけ三振を取れるところに彼のフォークボールが決め球としていかに有効なボールであるかを表している。

また、通常失投した場合ホームランボールになりやすいフォークボールで被本塁打0という数字からいかに上手くフォークボールを扱えているかも伺える。

 

また、このデータを見て意外だったのはそのスライダーの有効性。フォークボールよりも多い23.70%の割合でスライダーを投じているのだ。

また、その見逃し率は25%にまで昇る。しかもバットに当てられた場合の被打率も.198と低く、カウント球としても勝負球としても有効なボールであることを表している。

高い奪三振率と高水準の制球力

これらのボールを駆使して千賀滉大選手は高い奪三振率を誇る。

通年で成績を残したのが2013、2016年しかないがリリーフ・先発時も両方で高い奪三振率を誇っている。

年度 投球回数 奪三振 奪三振 四球数 K/BB
2013 56.1 85 13.64 26 3.27
2016 169.0 181 9.64 53 3.42
平均 112.6 133 11.6 40 3.34

2016年シーズンの両リーグの最多奪三振王の則本昴大選手9.97、菅野智之選手9.28であることを考えるといかに千賀滉大選手の奪三振率が高いかがわかる。

 

また、投手の制球力の良さを測るK/BBも好投手の基準とされる3.50に迫る値を出しており、ただ三振が多いだけの投手でないことも魅力のひとつだ。

 

実はこの制球力向上の背景には厳しいトレーニングと投球フォームの改良が関係しているようだ。

興味がある方は下記の動画をご覧下さい。


ソフトバンク 千賀滉大 育成から侍ジャパンへ「飛躍のワケ」

侍ジャパンで期待される役割

現時点の構想では中継ぎ(ロングリリーフ兼任)の役割が期待される。

リリーフ経験があり奪三振率の高い千賀滉大選手であれば、例えば前の投手が球数制限の問題でランナーを塁に残した状態で登板してもその状況を断ち切ることが容易だろう。また、その後ロングリリーフとして長いイニングを任せることも出来る。

 

先発・中継ぎ両方の経験がある千賀滉大選手の存在は球数制限があるWBCにおいて非常に貴重な存在だ。

まとめ

今回の代表メンバーのなかでアマチュア時代最も無名の存在だったのは千賀滉大選手だろう。しかし、実力だけが求められるプロの世界にあってアマチュア時代の実績は関係ない。そのことを彼がNPBの世界だけでなく、今回のWBCでも見せてくれることに期待したい。

 

それでは、さようなら!