読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

漢気溢れる宮西尚生選手は侍ジャパンのブルペンリーダー!

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

Heat

2016年に日本一に輝いた日本ハムファイターズにあって一番欠かせなかった選手は誰か。二刀流で投打にわたって活躍した大谷翔平打点王の4番中田翔選手、先発に転向して大活躍した増井浩敏選手、切込隊長として活躍した西川遥輝選手。

www.shinumade.com

 

www.shinumade.com

 

www.shinumade.com

 

数多いる貢献者の中で、忘れていけないのはキャプテン宮西尚生選手。

2014年シーズンのオフにFA制度を利用しての移籍が囁かれたもののファイターズ愛を示して残留

それからの彼はより一層チームに忠誠を尽くすようになった。

 

そこで今日は投手としての実力もさることながら、そのキャプテンシーにも期待が寄せされる日本ハムファイターズ宮西尚生選手について語っていく。

目次

 宮西尚生選手とは

2007年のドラフト会議で日本ハムファイターズから3巡目指名を受け入団。

年度 登板 ホールド 投球回 奪三振 防御率
2008 50 8 45.1 25 4.37
2009 58 13 46.2 55 2.89
2010 61 23 47.2 49 1.70
2011 61 14 53.0 56 2.21
2012 66 39 60.0 56 2.25
2013 57 30 46.2 39 1.74
2014 62 41 50.0 46 2.16
2015 50 25 40.0 30 2.70
2016 58 39 47.1 36 1.52
通算 523 232 434.8 392 2.39

一年目から中継ぎ投手として活躍し、防御率4点台ながら数少ない左投手として50試合に登板。

以降は安定した中継ぎ投手としてその存在感を高めていった。

 

2016年に9年連続50試合登板を達成。これは中日岩瀬投手以来史上二入目の快挙。

史上2人目となる通算200ホールドも記録。

39ホールドで自身初となる最優秀中継ぎ投手のタイトルも獲得した。

腕を下げたことでスライダーの成績が飛躍的に向上

宮西尚生選手は投球の組み立てを3球種のみで構成している。その中でストレート以上に投じているのが投球の54.30%を占めるスライダーだ。その威力は抜群で被打率は.0157という数字を叩き出している。投球の54%を超えるボールでそれだけ抑えられていれば成績はもちろん安定する。

 

球種配分
球種 被打率 被打数 被安打 被本 被四死 奪三振 空振率 見逃率
スライダー 0.157 89 14 0 8 23 9.28% 21.04%
ストレート 0.214 56 12 0 13 10 3.85% 21.79%
シンカー 0.133 15 2 0 0 3 10.00% 1.67%

参照:データで楽しむプロ野球

2016年度 宮西 尚生【日本ハム】投手成績詳細(カウント別・球種配分)

 

実は2016シーズン当初、ストレートの状態が上がらずかなり苦労したそうだ。

そこで宮西尚生選手は腕を下げることでよりサイドスローに近い投球フォームに変え、スライダー重視の投球に切り替えたそうだ。そこから活路を見出して、今シーズンの(も)好成績に繋げたのだ。


日本ハム 宮西尚生×建山義紀 対談 岡大海に後頭部を噛まれる!? 2016.12.12 プロ野球

侍ジャパンで期待される役割

基本的にセットアッパー兼左打者封じというのが今回の侍ジャパンでの宮西尚生選手の役割になる。実力は申し分ないので、その投球に是非期待したい。

 

また、宮西尚生選手は投球だけでなくキャプテンシーにも定評がある選手だ。

その頼れるキャプテンシーは若い侍ジャパンの投手陣にあってブルペンリーダーとしての役割が期待できるだろう。

まとめ

 今回の侍ジャパン中でも最も登板数が多いのが宮西尚生選手。

強豪日本ハムファイターズで常に厳しい優勝争いをしてきた男の経験はきっと侍ジャパンに恩恵をもたらすだろう。

 

グラウンド内外で活躍する宮西尚生選手の活躍に期待したい。

 

それでは、さようなら!