読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

チョコ好きなら見逃せない 並ばないマックスブレナー・シドニー店でチョコを満喫

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

MAX BRENNER CHOCOLATE BAR

日本でも超人気のチョコレート専門店。その名もマックスブレナー。

日本では既に4店舗出店しており、それぞれのお店で1時間以上の順番待ちは当たり前。なので、せっかく行きたいと思っても断念した人は多いのではないでしょうか。

私も東京に住んでいた時はその順番待ちの多さに断念した経験があります。

 そのマックスブレナーのシドニー店があるのですが、ここはいつ見ても人が並んでいません。ずっと行きたくてうずうずしていました。

というわけで並ばずにマックスブレナーシドニー店に行ってきたたので、その様子をお伝えします。

目次

マックスブレナーとは

イスラエルのチョコレート・チェーン店

 

本店があるイスラエルだけでなく、アメリカ、シンガポール、オーストラリア、ロシア、日本、韓国の合計7ヵ国に展開している。

 

店舗のレイアウトは一般的なカフェに似ているが、販売はチョコレートを用いた飲料とデザートに特化している。メニューは国、店舗によって若干異なる。

※詳細は下記参照

マックス・ブレナー - Wikipedia

ちなみに下記が店舗の公式な看板

Max Brenner

マックスブレナー・シドニー

前述した通り、マックスブレナーはオーストラリアに展開している。また、主要都市部にはほとんど店舗がある。メルボルン、パース、ゴールドコーストケアンズなど。

私が住んでいるシドニーにも38店舗が存在し、シドニーの中心街には等間隔で店舗が存在する。

※ マックスブレナーの店舗をお探しの方はこちらを参照したください。

Creating a New Chocolate Culture Worldwide | Max Brenner

実際に行ってみた 

私が実際に行ってみたのはシドニーの中心街にある店舗。Westfieldという建物の中の6階に入っている店舗です。

 

 

f:id:jubenonz:20170123060435j:plain

6階にある店舗に上がってみるとお店はほとんど人がいませんでした(人気がないという意味ではない。) 

f:id:jubenonz:20170123060632j:plain

一般的なカフェと同じ形式でカウンターで注文してから席に座るという形式でした。混雑していれば先に席を確保する必要がありますが、前述した通り人があまりいなかったのでその必要はありませんでした。

f:id:jubenonz:20170123060814j:plain

カウンターに並べてある商品のどれもが魅力的なものでした。

f:id:jubenonz:20170123061036j:plain

注文を終えてから商品が出てくるまで、店内のギフトコーナーを見ていたのですが、どれも美味しそうなチョコレートやクッキーがあり、お金があったら全部買いたいと思うほど魅力的お店でした。

f:id:jubenonz:20170123060959j:plain

f:id:jubenonz:20170123061003j:plain

f:id:jubenonz:20170123061007j:plain

f:id:jubenonz:20170123061011j:plain

5分ほどすると私が注文したホットチョコレートとワッフルがきました。それぞれ値段は5.90$と6.90$でした。

また、それぞれのチョコレートの味とワッフルのトッピングを選ぶことが出来ました。

f:id:jubenonz:20170123061333j:plain

f:id:jubenonz:20170123061337j:plain

まずはホットチョコレートの感想ですが、とにかく甘いです。ちょっと甘いどころの騒ぎではありません。とにかく甘いです。正直甘いものが苦手な人は飲めないと思います。私は甘党なので、美味しく頂きましたが、甘い物が苦手な方は注意ですね。

 

そして、ワッフルの方ですが、こちらはさくっとしていてとても食感が美味しかったです。ワッフル自体にはそこまで砂糖は使われていませんでした。また、かかっているチョコレートソースもそこまで甘くはなかったので、これなら甘い物が苦手な方でも食べれられます。また、付け合せのストロベリーとの相性が抜群でした。

 

もう一度このワッフルを食べたい思いと、これだけ美味しいなら他のケーキやチョコも美味しいんだろうなと、食べ終わる前から次のことを悩んでいました。

さすがあの行列を生むだけはあるなと実力を感じさせられました。

 

ちなみに出てきたフキンのおじさんは既に1月後半にも関わらずクリスマスモードでした。

f:id:jubenonz:20170123061921j:plain

まとめ

日本では東京と大阪に4店舗しかない人気店。そのためどこの店舗も行列に並ぶ可能性があります。しかし、ここシドニーではその必要はありません。恐らく、他の店舗でも。その人気店にストレスなく行けるというのはオーストラリア店ならではでしょう。

 

店内の内装もオシャレで味よしとあってはいかないわけにはいきません。

 

皆さんもお時間があれば足を運ばれてみてください。

 

それでは、さようなら!