読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

時間がなくて困っている人へ 時間をシンプルに4分割すれば時間は生み出せる

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

TIME

 時間は誰にでも平等に与えられているというのはよく聞く話でしょう。

そんな中で時間がないと悩む人も多くいることでしょう。

 しかし、世の中にはこの人いつ寝てるんだろう?どうやってそんなに色んなことをする時間を捻出しているんだろうか?と思わせる人がいます。

スポーツ選手、実業家、副業をしながら稼ぐ人たちなど。

みなさんの周りの友人・知人の中にもそういった方がいるでしょう。

 

私はここ2、3年くらい時間の使い方について

 色々と試行錯誤してきました。

そんな中で、私なりにたどり着いたシンプルな時間の分割法があります。

この分割法をもとに時間を考えるようになってから時間の捻出が上手くなりました。

 

そこで、今日は私が実践している時間の分割法についてお話します。

目次

 時間の4分割

 私は時間をシンプルに4つに分けて考えています。

【時間の4分割】

1.生活必須(睡眠・食事・生理現象・家事など)

2.労働・生産(労働・就学・通勤・通学など)

3.投資(語学・資格・人脈作り・旅行など)

4.浪費(ギャンブル・無駄な衝動買い・意味のない飲み会など)

時間の4分割の詳細と考え方

1.生活必須(睡眠・食事・生理現象・家事など)

1は人間が生きる上で必ず発生する時間です。これなしでは絶対に生きられません。ですのでこの時間をいかに削られるかが時間を生み出す鍵になります。

 

睡眠時間をゼロにすることは出来ませんが、10時間も寝る必要はないでしょう。自分が日々活動的に過ごせる睡眠時間を見極める必要があります。私の場合は7時間程度です。

そのほかの家事なども毎日発生することなので自分ができる限り時間を削らなければいけません。

 

例えば、私の場合は料理が趣味ではないので、食事のメニューは各曜日ごとに決まっています。そしてなるべく簡易的に済ませられるようにしています。料理を作る・考える時間を作りたくないのです。

ですので、始めに栄養・費用・速度を意識したメニューを設定しているのです。

よくアスリートの方がルーティンを持っているのはこの考えからきているところもあります。集中したり、頭を使う時間をなるべく本業にいれたいのでしょう。


このようなに自分が削られる時間は徹底的に削ることも大切です。

2.労働・生産(労働・就学・通勤・通学など)

2に関してはやらなくてもすぐに死にませんがいずれ死にます。最低1を満たす(食事や住処)お金を稼ぐ必要があります。

また若い人たちは勉強をしたり、学校に行っていなければ後にお金を稼ぐ力がないことになり、死に近づきます。

てすので、ここは生まれつき死ぬまで遊んで暮らせるお金を持っている人以外は必ず発生する時間です。

 

そこで忘れていけないのは労働や通勤をするために発生する移動や準備時間もここに含むということです。

よく時給いくらや年収いくらという話が出ますが、そういった話をするときに移動や準備時間を考慮していない人がいます。

 

例えばAさんが時給1200円のところで8時間働いて9600円稼ぐとします。

一方Bさんはと時間1000円で8時間働いて8000円稼ぐとします。

 

これだと一見Aさんの方が多く稼げて効率的に時間を使えているように見えます。

しかし、もしAさんは通勤に往復2時間かかっていて、Bさんは往復10分だとしましょう。

そうするとAさんの時給は960円、Bさんの980円となります。ですので、Bさんの方が効率的に働いてると言えます。

仮にAさんが通勤の往復に勉強していたりなど有効に時間を使っているなら問題ないじゃないかと言う人はいるでしょう。ただ、その移動時間のながら作業で果たしてどこまで集中出来ているのかは疑問です。基本的にマルチタスクは集中力を落とす傾向にあります。

生産性が低いマルチタスクをやめ、シングルタスクに変換する4つの方法 | Todoist公式ブログ

 

ならば、目先の手に入れる金額は減ってもいいからその後に役立つ勉強のために時間を使った方が後に得られるリターンは大きいでしょう。学生ならなおさらです。

 

年収の件でも、仮にCさんは年収500万でDさんが450万だったとします。Cさんは毎日9時~23時まで残業続き、Dさんは毎日9時~5時まで定時上がりだとしたら時間辺りはどちらが稼げているでしょうか。

 

時間を有効に使う意味で考えれば確実に後者です。後者なら余った時間を使って、勉強、運動、読書する時間に使えます。そこで得た知識やスキルを活かして昇級したり、よりよい会社に転職をするほうが効率的ではないでしょうか?

目先の70万にとらわれて後の大きな差になる方が損といえるでしょう。

それこそ過労がたたって、心身に異常をきたし、休職や病気になってしまっては大変なことです。

 

人生の中でかなりの時間を費やす行為なので、時間の使い方をしっかり意識する必要があります。

3.投資(語学・資格・人脈作り・旅行など)

 3に関しては後に説明する4との分類分けが人によって異なります。

まずここでは3についてお話します。

ここの時間は1、2のように死に直結するものではないので、必要性はあまりありません。なくとも直接的に生活に支障がでるものではないからです。恐らく、この部分が最も時間をかけている人が少ないでしょう。 

 

しかし、ここに時間をかけておかないと後に仕事で行き詰まったり、収入面で悩むことになるでしょう。

 

例えば、今の仕事に約立つ資格や業界についての勉強、語学学習などで自身のスキルを高める。あるいは色んな人とコミニュケーションを取れるようになるために美術館に行ったり、映画を見たり、読書をしたり。特に自身が今までやったことがないような分野に触れて知識の幅を広げると良いでしょう。

 

また、人脈作りも大切な投資です。直近の仕事に関わる人だけでなく(日本人はここに時間をかけすぎる)、他の業界の人との人脈を作っておくことは後に思わぬ形で自分を助けてくれたりします。 

このように自分にとって必要なものや時間をかけたいものを明確化しておけば、何をすれば良いのかわからずに悩むということが少なくなるでしょう。

4.浪費(ギャンブル・無駄な衝動買い・意味のない飲み会など) 

4に関しては前述したとおり、3との分類分けが難しいです。人によって価値観や考え方が異なるからです。それ自体は仕方ないことです。

私が上記で上げたギャンブルからお金の流れを学んだり、そこで出会った人との人脈が形成されたり、中には勝負に勝ったり、果てはプロになる人もいるでしょう。なので、他人があれこれいう必要はありません。

大事なのは本人の中で3と4を明確に区別して、より3の時間を増やして、4の時間を減らすことです。

自分が意思決定をする時に本当に自分のためになることなのかをスムーズに考えられるようにしておくのです。

そうすれば、無駄に考える時間が少なくなるので、そういった面でも時間を短縮することが出来ます。

まとめ

時間がないと嘆く多くの人は自分の時間配分を把握していない人が多いでしょう。

まずは自分がどんな時間の使い方をしているのかを知る必要があります。

その上で、無駄な時間を削って、自分が必要だと考えることに時間をかける。

それだけで今までとは違った結果が現れ出すでしょう。

 

是非自分の考え方と時間の使い方を見直してみられてはどうでしょうか。

 

それでは、さようなら!

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする