読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

オージーとの付き合い方に悩む人へ 『オーストラリアでうまくやる法』から見るオーストラリア人の欧米人との違い

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

Sydney Opera House at night Close up HDR Sydney Australia

海外に行くとその国の地元民との交流は一つの楽しみです。ただ交流するすべての人が自分と相性が良いとは限りません。また、旅行の中の一時的な関係ではなく、長期滞在時の持続的な人間関係に悩む人は多いでしょう。特に私たち日本人は他国の人と生活を共にする機会に慣れていないので、戸惑うことが多いです。

 私もここオーストラリアにきて、オーストラリア人って一体どんな人達なのだろうかと迷いを含みながら考えるようになりました。

その迷いを少しでも解消するために書店に行って、オーストラリア人について書かれた本をいくつか読みました。

 

そこで今日は『オーストラリアでうまくやる法』という本から学んだオーストラリア人との接し方についてお話しします。

オーストラリアでうまくやる法―内から覗いたオージー文化

オーストラリアでうまくやる法―内から覗いたオージー文化

 

 目次

『オーストラリアでうまくやる法』とは

オーストラリア人の性質や扱い方について25章にわけて紹介している方法。

1章は短いページで(だいたい3、4ページ)書かれている。また、ところどころイラストもついている。

 

具体的な内容はオーストラリアでオージー(オーストラリア人)とうまくやってゆく秘訣:質問はよせ、目立つな、批判は禁物、褒めるのも考えもの、結論はだすな、など。

本の全体的な感想と印象

基本的には他国の人とオージーの性質を比較して、オージーとはこんな人たちだから、日本人の我々はこう対応しようみたいなことが書かれています。

 

統計に基づいた数字は使われておらず、登場する各国の人のイメージはほとんどが典型的な(抽象的な)イメージで語らている。ただ、オージーとの出来事は筆者の実体験に基づいて語られている。How to本のようなものをイメージしていると拍子抜けします。

気になった章と感想

ここからは全部で25章あるうちの私が気になった章をいくつかピックアップしてお伝えします。

批判は禁物

私の勝手なイメージだと英語圏、西洋圏の方は議論好き。そのため批判もいとわないという印象がある。しかし、この本によると違うらしい。

ヨーロッパの他の国々でもそうだが、時にドイツでは批判しなければ馬鹿だと思われる。だが、オーストラリアでは批判してはいけない。

 

フランス人に至っては馬鹿にするどころの騒ぎではないようだ。

フランスでは他人の間違いを軽くたしなめるなんてことはありえない。中途半端な批判しかできない人は二級の人物とみなすのである。とにかく批判の対象になるようなことをするやつは殺してやると誓いをたてるのである。

率直に怖いですね。実際にここまで過激なのかはおいてといて、西洋人は当然のごとく批判をする性質のようです。ところが、オーストラリアは西洋諸国とは違うようです。

オーストラリアではそんなことをしてはいけない。批判をする時は次の二つを覚悟すること。

一.批判をしたら、許してもらうのに何年もかかる。

二.批判をしたら、二度と便りはもらえない。

なぜ、批判をしたらこんなことになるのか。理由はオーストラリア人にとって批判は侮辱と同等の行動にあたるからです。なので、事前に批判の意図を伝えておかないと大変

なことになるようです。

 

西洋諸国では批判が当然の分、受け入れ体制があるので反応が返ってくるのです。しかし、オーストラリア人にとっては批判されることが前提にないため、そんなことをしようなら侮辱行為とみなされるようです。

 

英語・西洋圏の人たちは議論好きだと思って、批判などしようものなら大変なことになりかねませんのでみなさんお気をつけください。

ローキー気質

ローキーとはだれもが認めるあなたの才能を、ずっと劣っているようにみせつことです。オーストラリアではこの行為が美徳とされるようです。

不器用さ、間抜けさ、学の無さなども、無理をして疲労しなければいけないそうです。

また、服装に関してもあえて不似合いな服を着るそうです。

 

実はこの行為には決して控えめという意味はないそうです。では、なぜこんなことするのか。理由は相手に自慢話をさせないためだそうです。

俺は自慢なんてしないんだから、お前もするなよというのがローキー気質の隠れた本質だそうです。

ですので、英会話するときは自信をもっていこうと思って自慢話なんて披露しようものなら大変なことになりますので、ご注意ください。

目立つ服装はだめ

この章は前述の章と繋がってくる面がある。そのため、オージーが目立つ服装を避ける意味は既におわかりだろう。ここで私が気になったのは西洋人の異常なまでの服装へのこだわりだ。以下にいくつかの性質が語られている。

外国では服装で生まれが分かる。オーストラリアでは服装で、生まれや育ちを隠す。

 

ヨーロッパでは金持ちというものは死んでもみすぼらしい身なりを他人に見せはしない。上品華麗は彼らの妄執なのだ。

 

所有している物、身に備わっているものがその人のすべてであるとする考え方を大方のヨーロッパ人は持っている。

西洋人にルーツを持つオーストラリア人がこの性質を引き継いでいない理由は明確に描かれていない。が、おそらくオーストラリアにわたってきた先祖たちが役人か罪人しかいなかったことが影響しているのだろう。

 

街を歩いているオーストラリア人をみるととにかく服装がラフだ。短パン、Tシャツ、サンダルという姿で歩いている人をよくみかける。

もしかしたらそれは先祖たちが服装で自分の身分・出生を隠すために行ったことが現代のオーストラリア人の慣習に影響を与えたのかもしれない。

だんまり戦術

最後はオーストラリア人との具体的なやりとりについて紹介されています。

 オーストラリアでは平和共存を最も邪魔するのは、はっきりとした意見を持つ連中で、いろいろな事実にもとづく主張や説明は危険すぎるし、また自分の主張を曲げない人は問題を起こすおそれがあるから自重すべきだと考えられてきた。

 

会話では口べたをよそおい遠回しに抽象的な話し方をするのがよい。

 

事実の裏づけさえしなければ何を言ってもよい。ヨーロッパ式の話し方は具体的で事実にもとづきすぎているため、オーストラリア人の感覚にはあわない。

これらの嘘のようなホントの話をふまえてこの本で書かれている対策は端的に言って、オーストラリア人と共通の話題を持たないことだそうです。

映画や本、果ては馬券の話まで。仮に自分が知っていたり、相手よりも幸運な状態だったらとにかく知らぬ存ぜぬを決め込む必要があるそうです。衝突せぬようにローキー気質で自分を偽れば話はスムーズに進むそうです。

まとめ

こういった本で書かれた典型的なイメージで人を判断するのはよくないの窯しれませんが、目安にはなるとも思います。

 

私はこの本を読んで以降オージーと会話する時には、この本で書かれていることか事実かどうかを意識しながら会話をしています。まだ付き合いが一か月の私ではその答えがみえません。

しかし、あながち間違いでもない気がしています。とにかく陽気なのですが、あまりに真面目な話をしたがらないというか、避けいているように感じます。それは私がまだ警戒されているからか、英語力が低いからか。はたまた、本当に陽気な人なのか、この本で書かれたことが本当なのか。

 

その答えをこれからのワーホリ生活で探っていきます。

私なりの持論が出たらお伝えします。

 

それでは、さようなら!