死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

『伝わる!文章力が身につく本』はブログ初心者にとって最適な本

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.【初心者向け】埼玉西武ライオンズについて最初に知ってほしい7個のコト

Show & Tell

どうすれば伝わる文章力が身につくのだろうか。

 

そんなことを考えたブログ初心者の方は多いでしょう。

 

また、ブログに限らずビジネスマンのプレゼン資料、学生の論文、果ては好きな人とのチャットなど文章力で悩んでいるかたは多いでしょう。

 

私も文章力についてはかなり悩んでいる物の1人です。

 

悩んでいても問題は解決しないので、『伝わる!文章力が身につく本』を読みました。

 

その本を読んで多くの気づきがありました。

 

 

 

そこで、今日は私の気づきを中心にこの本のわかりやすさについてお話します。

目次

『伝わる!文章力が身につく本』とは

どんな本

文章作成のノウハウや考え方などについて80通りのルールやコツが書かれている本。

構成

1つのテーマごとに見開き2ページで構成されている。左ページにテーマとその解説、右ページに解説とイラストという流れで完結に書かれている。

文字やイラスト付き

字が大きく、イラストも多用されているため非常に読みやすい。

わかりやすい改善前と後の例文

 全てのテーマに改善前と後の例文が書かれている。また、その例文が誰もがやってしまうような文章ばかりなので、自分の問題として捉えやすい。

 対象

文章作成の基礎について書かれているため、初心者向けの本。

もちろん基礎を見直したい中級者以上にもオススメの本。

 

ただ、68のテーマは文章や日本語のルールについて書かれており、文章構成のテーマは12しかない。

 

ですので、文章構成について深く学びたい人や売れる文章のテクニックなどを学びたい方にはあまり適していない。

私が気づかされたこと

ここからは私が気づいたことについて大きく二つに分けて書いていく。

基礎の基礎が出来ていない自分

80のテーマのうちに自分が出来ていない、知らなかったことは25前後あった。

意外にも少なかったというのが私の感想だ。

 

ただ、それらの25前後は非常に重要なことばかりなので、ここで皆さんに共有する。

例えば、

  • 難しい言葉と易しい言葉は混ぜない
  • されている⇒している、思われます⇒でしょう
  • 決まり文句は避ける 例:唇を噛んだ ~の達人 銀世界
  • 主語を示す新情報なら助詞は『が』、旧情報なら『は』を使う

といったものだ。

 

中でも一番なるほどと感じたのは『決まり文句は避ける』だ。

 

具体例を挙げると、

  • 悔しい気持ちを表すときに使う『唇を噛んだ』
  • 雪景色を表現するときに使う『辺り一面が銀世界』
  • 食べ物美味しかったことを表現するときに使う『ほっぺが落ちそう』

 

など誰もが耳にしたことがある表現(常套句)は避ける必要がある。

なぜ、常套句を使ってはいけないか。筆者曰く、

 

誰か、センスのよい先人が編み出したころには、とても新鮮だったことでしょう。なるほど気が利いていると重宝され、広く使われるようになりました。やがて手垢がつき出し、使うとその人の文章感覚さえ疑われるようになりました。

 

とのこと。

ようはこれらの言葉を使ってしまうと読み手は退屈に感じてしまうし、書き手に対して信頼感を失ってしまうそうだ。

 

『この人オリジナリティーがないな』や『自分で考えていないのかな』と。

 

これは非常にみにつまされることで、実際に私が慣用句を使っている時は私自身は『おしゃれな表現を使ったぞ』としたり顔をしている自分がいる。

 

しかし、そこには自分の思考過程はないケースが多く、自分の知識に頼っているだけに過ぎない。

 

そうではなく、自分の体験したことや感じたことをいかに自分の言葉で表現するのかにもっと向き合う必要があると身につまされた。

 

上記に挙げた例以外にも非常にためになることが多かったので、今後文章を書く際にも意識していく。

英語で学んだことを活かせる

また、ここで学んだことの中には英語で文章を書く際にも使えるものが多々あった。

 

例を上げると

  • 副詞と動詞 形容詞と名詞は近くに配置する
  • 修飾語句には置く順番がある(大きいもの順)
  • ~と~ などの表現を使う際は言葉の重複は避ける(ご飯を食べて、おかずを食べて、デザートを食べて⇒ご飯、おかず、デザートを食べた)

 

上記に挙げた例は英語でも同じことがルールとして存在する。

やはりどんな言語でも読み手に伝わる文章には共通したルールがあるのだ。

 

今後日英で文章を作成する際にも上記のことは意識していく。

ルールや基礎を知ることの大切さ 

ここまで上げてきた話を含めて80もルールや基礎があることを聞いて『そんな基礎ばかりではつまらない文章になるのではないか。

もっと自分のオリジナリティーをだしたい』と考えるかたもいるだろう。

 

しかし、私はルールや基礎を知ることは非常に大切なことだと考えている。

この本で筆者も先人たちが試行錯誤を重ねて出来上がったルールや基礎はそれだけ無駄のない、洗練されたものであるとおっしゃっている。

私は非常に同感だ。

 

皆さんは『守破離』という言葉はご存知だろうか。

これは日本の茶道や武道、芸術における師弟関係のあり方の1つだ。

 

簡単に説明すると、まずは言われたことをしっかり守り型を作る。

そこから今度は自分なりに考えて型を破壊する。

そして、自分のオリジナリティーが出来上がったときになって初めて師から教わったことから離れるという流れだ。

 

ここで大事なのはまず有用な誰かの型を一度真似てしまうことだ。

 

やはり出来上がった型というのは多くの人にとって受け入れやすい、人気のあるものなのだ。

その型を学ぶ過程でどういうことをすれば他人に受け入れられやすいのかを知ることが出来る。

 

それらを知ったあとで改善やオリジナリティーを加えていくほうが結果的にはより早く自分の望む結果を得られるのだ。

 

 なので、今回この本で学んだことをまずは私は実践していく。

まとめ

最後は自分の持論が出てきてしまい、話が逸れてしまった。

 

話を戻すとこの本は非常にわかりやすく文章の基礎について書かれた本だ。

 

また筆者も全てのテーマを読む必要はないとおっしゃっている。自分にとって興味のある部分、知らない部分だけを目次からピックアップしてもいい。

 

1つのテーマあたり読むのにかかる時間は3分程度なので、皆さんにも是非気軽に手にとって頂きたい。

 

それでは、さようなら!