読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

ケンブリッジ英検のエッセイ記述問題がブログ記事を書く際にも役立つという発見

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

Essay

皆さんはエッセイと聞いてどんなことを想像しますか?小説家や芸能人などが日常の出来事や気づきについて記事にするというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

↓↓まさにこんな感じのものです。

 

いわゆる随筆というものです。つれずれなるままに書くというやつですね。 

 

ただ、エッセイには随筆だけでなく、小論文という意味あいもあるのです。特にアメリカの学校教育では自分の意見を述べるためにエッセイを学ぶそうです。

 

なぜ私がエッセイの話をするかというとケンブリッジ英検の中にはエッセイを記述する問題があるからです。そのため私はエッセイの書き方について勉強していたのですが、これが結構ブログ記事を書く際に役立つことに気づかされました。

 

そこで、今日はエッセイの書き方についてとなぜエッセイの書き方を学ぶことがブログ記事を書くのに役立つかについてお話します。

 目次

エッセイ(随筆)とは

 エッセイとは、『随筆』や『散文』ともいい、著者が個人的な出来事や物事について感じたこと、体験、見聞したこと、それに対する感想、思索、思想などを、自由な形式で書いた文章のことをいいます。

 

日本においては、他人に読ませること前提としていない日記的な、自由度の高い文章を指す場合が多いですが、欧米では『論文』を指すこともあります。

※詳細は下記参照。

「コラム」と「エッセイ」の違いは? | 1分で読める!! [ 違いは? ]

ケンブリッジ英検のエッセイ記述問題

ケンブリッジ英検ではライティングのパートがあります。そこでは手紙や記事、エッセイなどを与えられたテーマや題材に合わせて記述する必要があります。

 

ちなみに採点基準としては重視されるのは内容よりもその形式(手紙やエッセイ)に合った書き方を出来ているのか、文法やボキャブラリーを的確に使いこなせているかが重要視されます。

 

ですので、試験対策としては持論を持つこともそうですが、各形式の正しい書き方を理解しておく必要があります。

 

また、ケンブリッジ英検のライティングには文字数制限もあるので、そういった意味でも各形式の書き方を理解し、慣れておく必要があります。

エッセイの書き方とは

では、ここからはエッセイの具体的な書き方について書かせて頂きます。

簡単に言うとエッセイ(ここではケンブリッジ英検などで必要とされる小論文的な意味合い)は下記のパートで構成されている必要があります。

エッセイの構成

  • 導入部分 1段落
  • 展開部分 3段落
  • 結論部分 1段落
導入部分

まず、最初に『導入部分』で必要なのは読み手に共通認識を持たせることとそれについて何を話そうとしているのかです。

 

例えば今回の私の記事で言うと『エッセイと聞いてどんなことを想像しますか?』のように始まり、『エッセイの書き方についてとなぜエッセイの書き方を学ぶことがブログ記事を書くのに役立つかについてお話します』のように導入していく流れです。

 

今から始まる話が何の話で、なぜ、何について話をするかということを最初に明示する必要があります。そうすることで読者に今回の記事を明確にすることが出来るのです。

 

その際、話す内容が一般的に知られていないことだったり、解釈が人によって異なるようであれば定義や説明を加える必要があります。今回で言えば冒頭の『エッセイ(随筆)とは』や『ケンブリッジ英検のエッセイ記述問題』のような形です。

展開部分

次に『展開部分』ですが、導入部分で3段落前後の書く必要があります。数は厳密には指定されていますが、最低2段落、多くても4段落程度に納めるのがちょうど良いです。

 

展開部分で書くことは導入部分で述べたことの説明です。今回の私の記事で言えば、『エッセイの書き方』、『ブログの記事を書く際に気をつけていること』、『エッセイがもたらすブログへの好影響』のようにそれぞれの段落を説明しながら、徐々にまとめである結論部分に向かっていくというような流れで説明をしていきます。

結論部分とは

最後にそのエッセイで言いたかったことの結論を述べます。そして、最後にその結論から導き出される予測や提案、書き手自身の思いや考えを述べるといった形で締めるというのがこの部分の役割です。

書き出す前に骨組みを作る必要性

上記で述べた各段落の構成を意識して、初めに骨組みを作る必要があります。そうしないと論理の展開や結局何が言いたいのかが曖昧になってしまう恐れがあるからです。ですので、エッセイや小論文を書く前には必ず骨組み作りから始める必要性があります。

ブログ記事を書く際に気をつけていること

以前の記事でもお伝えしたのですが、ブログを始めた当初は ブログの記事を書くスピードについて悩んでいる時期がありました。

shinumadeno.hatenablog.jp

 その際、結論としてブログの型を作る必要性を述べました。

あの時は特にエッセイへの意識は特になかったのですが、単純に型があったほうが書きやすいと思い記事にしました。あの記事を書いてから色々調べて、私なりの型というものが出来てきました。

 

ちなみに私の記事の型とはこんな感じです。

私の記事の型

問題提起→何を書くか→目次→問題提起した対象の定義→いくつかの考察・持論の展開→まとめ

といった感じです。特に個性があるわけではありませんが、これが一番書きやすいですし、私が他のブログを読んでいる時に読みやすい流れがこの型です。

 

型が出来てからは書くスピードはもちろんのこと、記事自体の分かりやすさも向上したと個人的には感じています。

エッセイがもたらすブログへの好影響

実はエッセイについて勉強していた時に感じた率直な感想は、『私の記事の型に似ている』というものです。

私のと偉そうなことを書いていますが、私はいろんな方の型を参考させて頂いただけなのですが、ようは読み手にわかりやすい書き方・記事の構成にしようとするとブログでもエッセイでも似たような流れになるのだと思います。

ただ、私のブログの構成はまだまだ勉強不足なところがあります。展開のつながり、結論との整合性がない時が多々あります(情けない)。それと1つ1つの段落ですら、書いていることが不明瞭な時があります。

ですので、自分の至らない技術や書き方を高めていけば、ブログにもエッセイにも相互に影響が出てくると私は思います。

 

特に英語は論理性が求められる言語ですし、なによりケンブリッジ英検は試験ですのでより正確な構成が求められます。なので、ケンブリッジ英検に向けてエッセイを学び、鍛えていけば日本語でブログを書くことにも好影響がでると私は確信しています。

まとめ

いかがでしたか。英語の勉強とブログ記事を書くという一見接点のない行為が相互扶助を起こす。

 

英語とブログは今の私にとってはとても重要なことです。『たまにもっと英語を勉強しなければ、でもブログも書きたい』と悩むことがあったのですが、そのどちらかをやっていても、どちらにも役立つという気づきがあったのは私にとっては朗報でした。

 

今後、表現する力をもっと養って英語・ブログ両方の質を向上していけたらなと考えています。

 

皆さんも興味があればエッセイなど書かれてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、さようなら!