読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

ワーホリで学んだ『自分が学びたい英語を選ぶ』ことの大切さと面白さ

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

FIND

 ワーホリで海外生活をしていると様々なことを学ぶことが出来ます。海外の文化や風習、イベントや働き方・食べ物など。その中にはもちろん英語も含まれています。

 街を歩いている時に見かける看板や職場やルームシェア先の人ととの会話、ルームシェアメイトの学習法など、様々な英語の学習スタイルを学ぶことが出来ます。

 

そこで今日は私がワーホリ中に気づいた英語を学ぶ上で大切なことについてお話します。

目次

試験や受験英語で求められる英語は制限的

皆さんも一度は試験や受験英語の勉強をされたかと思いますが、その時の思い出が楽しいという人はあまり多くはないのではないでしょうか。特に学生時代英語が苦手だった人にとっては苦しい思い出が多いかと思います。特に単語や文法の勉強にはあまり良い思い出がないでしょう。かくいう私もその1人でした。

 

特にこれはいつ使うのだろうかと思うような単語や文法(例文)は見ていて覚える気がしなかったのをよく覚えています。

その原因の一つが試験や受験英語で求められる英語が制限的であるということではないでしょうか。

 

例えば自分にとって興味のある分野の単語や、試験には出ないようなインフォーマルな口語表現などは試験の役に立つことがありません。

ですので、せっかく興味を持った英語が試験に役に立たないなら勉強しなくても良いというとてももったいない考え方をしてしまった経験がある人はいらっしゃるかと思います。

自ら学ぶ英語は無限大

ところが自ら好きで英語を学んでいる人たちには前述した制限はありません。自らが必要だと思う英語を制限なく覚え、使う機会があります。ようは自分の望むアウトプットに向けてインプットをすれば良いわけです。そのためインプットする英語は好きに選べます。しかも意欲的に。

 

海外ドラマに憧れて流行りの口語表現を覚えたり、日本の文化や自分の趣味を海外の人に伝えるために単語や表現を調べたり、もちろん中には外国人の方と恋愛をしたいと考え、ナンパや口説き文句を覚える人もいるでしょう。

 

私は英語学習を初めて間もないのですが、英語には本当に色々な表現があることを学びました。流行り廃り、米国英語と英国英語、イディオム・フレーザルバーブ等。まだまだ知らないことだらけです。もし、これが学生時代ならめんどくさくなって諦めていたかもしれません。しかし今は自ら望んで、好きな英語を学んでいるので少しも苦ではありません。

それは自らが目標とするアウトプット(私の場合は海外営業職に就く)があるからこそ能動的になれる部分があると私は思います。

人それぞれの学び方と興味の対象

ワーホリ中に日本人の方に会うと色々話したいことはあるのですが、やはり気になるのは英語の学習方法。人それぞれ様々な英語の学び方と興味の対象を持っています。そこで私が会った人の英語の勉強法についてご紹介します。

外国語大出のAの場合

一人目は外国語大出で去年一年間カナダにワーキングホリデーをしていたA。

彼は非常に流暢な英語を話すことが出来ます。私の少ない経験上ではありますが、私がリアルに会った人の中で一番流暢かつナチュラルに英語を話します。

 

そんな彼の英語の勉強方法は主に2つ。1つは現地のネイティブから学ぶ、もう1つは海外映画やドラマを見て良いと思ったフレーズや流行り言葉を学ぶということです。

元々ベースが出来上がっている彼は座学よりは(もちろん座学もしています)実践で学んでいていくというスタイルです。

 

すごく感心させれれるのは彼のフレーズに対する反応と知識量です。

元々ベースがあるのとカナダでの生活経験があるからなのか、彼は普段自分が聴き慣れない表現を耳にした時に違和感を感じるそうです。

『こんな英語聴いたことがない、だけどみんな使ってる』みたいな感じで。そこからネイティブの友達に直接意味や使い方、なんで使っているのかを教えてもらい、その彼自身実践するそうです。

違和感を感じられるだけでも凄いのに、それを物にしていく吸収力にも優れているのです。

 

よく彼からこんな英語を今日知りましたという話を聞くのですが、大抵は私が知らない表現です。またそれらは日本語で検索しても中々ヒットしません。しかし、英語で検索すると数多くヒットします。それだけ日本ではまだ馴染みがないが、海外では使われている表現だということでしょう。いわゆる『生の英語』というものを実際に海外で吸収できている彼がとても羨ましいです。また、彼は映画やドラマを見るときもそういった日本人には馴染みがない言葉の数々を拾っています。

 

恐らく彼の場合は自分だったらどうやって使う、いつ使うのかを常に考えて(無意識に)英語に触れているのでしょう。だから吸収するのも速い。

彼のように常にアウトプットを意識してインプットを行う姿勢は非常に重要な学習方法だと思います。

マッサージ師のBの場合

シドニーでマッサージ師として働くBの場合はその仕事でよく使う表現を勉強しています。特にマッサージ師の場合はお客さんのフィーリングの細かい部分を理解して仕事をする必要があるため、豊富なボキャブラリーが求められます。

例えば、同じ『痛い』をとっても激痛なのかちょうど良いのか、内側が痛いのか外側が痛いのかなど様々な表現を知っておく必要があります。

 

また、マッサージを受けにくるお客さんの場合はリラックスしに来ているので、そういった場にそぐう表現を使う必要があります。なので、お客さんとの雑談に向けた話し方を学ぶ必要があるそうです。

 

そうやって自分の仕事に必要な英語に絞って学習していくことも英語学習の効率を高めるためには必要な方法だと思います。

 帰国後の就職を望むCの場合

帰国後の日本就職を望むCの場合はちょっとユニークな教材を使って勉強をしています。それは英語の面接対策本を使っての勉強です。

私はこの勉強の仕方はとても画期的だと感じました。結局のところ、英会話というのは質問と回答の繰り返しでしかないのです。特に質問文に関してはほとんど型が決まっています。ですので、その型さえ覚えてしまえば、後は名詞や動詞などを必要に応じて変えるだけでいいのです。

また回答に関しても面接用の回答なので、自分はどんなやつでどんなことを考え、何をしたいと思っているのかについて答える練習です。これらのことは面接だけに活きることではなく普段の日常英会話にも応用が効くことです。

帰国後の面接を意識しながら現状の自分も高められる一挙両得の英語学習方法をもった彼に素直に感心しました。

 

※ちなみにその本はこちらなので興味がある方は見てみてください。

面接の英語

面接の英語

 

 大人に遊んで欲しい2歳児の場合

最後になるのがルームシェア先のオーナーの娘さん。

f:id:jubenonz:20170106162052j:plain

この芦田愛菜ちゃん似の彼女と遊ぶのが今の私の日課になっているのですが、彼女はまだ十分に話すことが出来ません。彼女の両親の母国語であるマレー語は多少話せるようですが、英語は全くです。しかし、彼女はどこで覚えたのか最近とある英単語を覚えててしまいました。それは『again』です。

子供というのは一度ハマると飽きずに何度でも楽しめてしまいます。しかも再現なく。なので彼女は私と遊んでいると常に『again,again』とお願いしてきます。恐らくこの言葉が彼女にとって非常に重要な英単語だったのでしょう。自分が表現したいことを学ぶ姿勢は私も見習わなければなりません。

 

ちなみこの話を先ほどのAに話したところ『今度はstopを教えてあげれば良いんじゃないですか』と言っていました。

 まとめ

それぞれの目的にあった英語がこの世の中にあります。もし今英語学習に興味がある方は自分がなりたい英語の使い手としてのアウトプットを意識して英語を学ぶと良いかもしれません。

 

それでは、さようなら!