読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

私がマラソンを辞めたわけ マリッジブルーと似た感覚

おすすめ記事セレクション1. いつか心のエリートになりたい。クレヨンしんちゃんで描かれた友情。
2.【プロフィール】死ぬまで生きる問題って何? はろーぐっばいって誰?
3.最初に読んで欲しいおすすめ10記事!
4.最強の雑記ブログはドン・キホーテのような店舗構成 『圧縮陳列戦略』の宝探し感とある人気ブログの共通点

Stockholm Marathon

私は2015年に参加したホノルルマラソンを最後にマラソンを辞めました。理由はマラソンと付き合うことにマリッジブルーと似た感覚を感じたからです。

 この時期は新しく始めたいことや逆に辞めたいことなんかを色々と考える時期だと思います。

例を挙げると、英語やダイエットを今年から始めるや禁煙・浪費など辞めたいなど。

 

そこで今日は私が2年前にマラソンを辞めた理由についてお話します。

 

目次

私のマラソン歴と走り出したきっかけ

  • 2014年9月 マラソンのトレーニング開始(陸上部経験なし)
  • 2015年4月 つるみ川55kmみちくさマラソン完走 
  • 2015年6月 多摩川マラソングランプリ 3時間51分 サブフォー達成
  • 2015年12月 ホノルルマラソン完走&引退

ざっくりいうとこんな感じです。

以前の記事でも話した通り運動は子供ころから好きでしたし、走るのは得意でした。

shinumadeno.hatenablog.jp

 

ただ、陸上部に入ったことはなく、2014年の9月からマラソンの練習をスタートするまでマラソン自体への興味はほとんどありませんでした。それまでに走った最長距離は中学生時代の5kmだったと思います。

 

その状態から色々と独学で調べて、練習を始めました。月に最低300kmは走ってましたね。朝早く起きて会社に行く前に走ったり、会社から帰ってきても走ったり、休日は隣の県(東京から埼玉)まで観光がてらに走りに行ったりととにかく走ることに夢中になっていました。

 

マラソンに興味をもったきっかけは単純に42kmを走る感覚を味わってみたいという好奇心とその過程の身体の変化を見てみたいと思ったからです。

 

それとグレートトラバースという番組をみて面白そうだと思ったのもきっかけの1つです。

グレートトラバース 日本百名山ひと筆書き

グレートトラバース 日本百名山ひと筆書き

 

 

とにかく楽しかったです。走ってる最中に体力が切れるという意味で苦しいことはありましたが、練習が嫌だとか継続出来ない、身体を痛めたなどことが全くなかったので楽しい思い出しかありません。

 

その結果、『ウルトラマラソン完走・サブフォー達成・海外マラソン完走』という初級者としては十分過ぎる結果を約1年で達成することが出来ました。

中級者以上のマラソンの楽しみ方

 私が考える中級者以上のマラソンの楽しみ方は大きく分けて2つあります。

  1. タイムを縮める
  2. 様々な大会に参加する

1.タイムを縮める

これに関しては初級者にも言えるのですが、ここでいう初級者とはフルマラソン完走を目指す人という意味です。ですので、タイムは度外視して歩いても良いので完走を目指すという感じなので、練習の内容もタイムを縮めることよりも完走するための練習に重きを置かれます。実際私もそうでした。

 

ただ、私の場合はフルマラソンの完走およびサブフォー(※フルマラソンを4時間以内に完走すること)を達成していたので、もし今後自分を高めていくのであればタイムを縮めるために練習の強度を上げる必要がありました。

 

正直にいってサブスリーフルマラソンを3時間以内に完走すること)とかを目指す練習は相当しんどいものになります。私にとっては練習が億劫になるレベルでした。

趣味のレベルでそこまでして追い込むのはさすがにやりたくないというのが私の考えでしたし、強制的にそれを目指す必要性もなかったので、あまり目指そうとはおもいませんでした。

もちろんタイムを縮めること自体は興味があったのですが、それに費やす労力(時間)がちょっと負担が大きい気がしましたので意欲が湧きませんでした。

2.様々な大会に参加する

マラソンを走ったことがない・あるいは走るのが苦手な方にはわかりづらい感覚かもしれませんが、マラソンの大会に参加するのはとても楽しいです。

その1つの理由に様々な大会があるということが挙げられます。

 

東京・横浜マラソンなどのような記念になる大規模な大会

オホーツク網走・那覇マラソンなどのような観光マラソン

すいかで給水出来る富里マラソンなどのようなグルメマラソン

中には女性限定で約2万人が参加して、完走者全員にティファニーペンダントがプレゼントされる名古屋ウィメンズマラソンのような大会もあります。

 

マラソンというと苦行ように感じるかたもいらっしゃるかたと思いますが、制限時間が長い大会などになると皆さん楽しみながら完走されるという方もいらっしゃいます。

 

個人差によりますが、年間で走れるマラソンの数は限られます(疲労回復とマラソンのシーズンを考慮して)。

なので、その年その年で様々な大会に参加しながら楽しむというのもマラソン大会の楽しみの1つです。

 

この点もかなり魅力的だったのですが、最大のネックが費用面です。

観光をかねて遠征する場合は大会参加費だけでなく、移動費、宿泊費などがかかってききますので、数万円、へたすると十万円近いお金が必要になります。それを年間に複数となると費用が馬鹿になりません。正直、それだけのお金があればマラソン以外のことにお金をかけたいなというのが私の考えでした。

マラソンと マリッジブルー

上記のことを考えて、私は今後一生彼(マラソン)と一緒にいられるのかを考えるようになりました。

マラソンというのは体力を維持するためだけにも相当な時間を費やします。

つまり今後マラソンを続けていくには一生連れ添う覚悟が必要だったのです。

 

『付き合う上では楽しい相手なんだけど、一生連れ添う相手として考えると...』

 

というマリッジブルーのような気持ちをマラソンに対して抱くようになりました。

その思いが次第に増していき、私はマラソンと別れる決断を下しました。

ホノルルマラソンを完走したらマラソンを辞める。』と

 

人生は一度限りなので、ひとつのことだけでなく色んなことを体験したいと考えての決断でした。

辞めたあとに走ってみたら切なかった

マラソンを辞めてからは走ることへの欲求は不思議なくらいありませんでした。

しかし、しばらくたってからは少しだけ『久しぶりに走りた(会いたい)』なという気持ちを抱くようになりました。

だめだとわかっていたのですが、私は一度だけ走ってみる(会ってみる)ことにしました。

 

結果は全くだめでした。

かつての体力はどこにもなく、ただただ苦しかったです。

『良い時の思い出だけに縛られてはだめだな』と感じさせられ、やっぱり会うもんじゃないなと思いました。

 

しかし、走り終わったあとに懐かしさと少しの心地よさが残りました。

かつてあれだけ熱をいれたものだっただけにやはり本当のところは好きなんだってことにも気づかされました。

 

ただ、その時私は既に英語というものに時間をかけたいと思っていたので、また戻りたい(時間を費やしたい)とは思いませんでした。

自分の決断に後悔はしていません。

まとめ

人生の時間は限られています。仮に80歳まで生きられるとして、睡眠・食事・家事・労働などの最低限必要な時間を除くと人に与えられた時間は非常に少ないものです。

 

なので、私は毎年毎年新たなことをやってみたいと思うタイプの人間です。

 

マラソンを辞めて出来た時間で行う、英語やブログの時間を無駄にしないようにこれからも色んなことに取り組んでいきます。

 

それでは、さようなら!