死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです。主にクレヨンしんちゃん、西武ライオンズ、英語学習について書いています。

身体と健康

食中毒予防!キッチンスポンジの交換頻度は月1回では危険!

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。 本日は「食中毒予防!キッチンスポンジの交換頻度は月1回では危険!」というお話をしていきます。

眼精疲労の症状と原因 おすすめの対策法(食事、マッサージ)をご紹介!

どうも、はろーぐっばい(@jubenonz)です。 本日は、眼精疲労の症状と原因 おすすめの対策法(食事、マッサージ)をご紹介します。

スメハラ対策!足の裏の臭いと多汗症の原因・対処法まとめ

どうも、はろーぐっばいです。 今日はスメハラ対策になる足の裏の臭いと多汗症の原因・対処法まとめを紹介します。

後悔する前にしたい親孝行をする方法8選

どうも、はろーぐっばいです。 皆さんは親孝行をしていますか。 人によって親孝行の仕方はそれぞれ。 それがかえって何を何からすればよいのかと悩ませる原因でもあります。

常備すべき糖質制限ダイエット中に食べていいものまとめ 節約にも最適!

こんにちは、はろーぐっばいです。 今日は常備すべき糖質制限ダイエット中に食べていいものをご紹介します。 というのも糖質制限中は食べられる食材が限られるため、必然的に購入するものが限られてきます。 ですので、毎回同じものを買うならまとめ買いして…

マラソン初心者はランニングフォームを気にしなくてよい三つの理由

全ての人にとって正しいフォームなんてない。

フルマラソンの体重と体脂肪率の理想とは 無理なダイエットは必要ない

フルマラソンを走るために無理なダイエットをする必要はない。

糖質制限に飽きた人におすすめの厳選通販サイトまとめ

もう、疲れたよ、糖質制限...

フルマラソン初心者が筋トレすべき2つの理由と3つのおすすめトレーニング

初心者こそ筋トレしておかないと怪我してしまう。

健康オタクがおすすめする20代のうちに投資しておきたい健康・病気対策10

健康への投資は惜しまない。

糖質制限ダイエット中の方へ 紀文の糖質0麺がスーパーに売ってなかったらオンラインショップが便利

糖質制限中でも麺をすすりたい。

代打本塁打日本記録男・大島康徳氏の大腸がん告白ブログを読んで涙した話

子供の頃のヒーローの活躍はいつまでも見ていたい。

なぜ三日坊主で終わるのか 習慣化するために必要な無理しない1つの考え方と3つの具体的な方法

ダイエット、マラソン、英語、ブログ,,,, 新しいことを続けたいけど続かない人は多いです。 そんな人にオススメするたった一つの習慣化のコツ。

シドニーで病気になったら日本語医療サービス『タウンホールクリニック』が安心!  突然の耳痛に襲われた話

どうも、はろーぐっばいです。 実はここ5日間ほど体調を崩しています。

初心者が半年でフルマラソンを完走するための効率的なトレーニングスケジュール

私は2年程前に、本格的にマラソンの練習を始めました。 その時、巷に溢れている有名なマラソン関連の本を読みあさり、色々と試してみました。 LSDで練習、体幹トレーニング、月間300km走、減量など多くの対策もしました。

オーストラリアの美容室で15$カットを初体験!【シドニー】

海外生活で不安なことは何か。 携帯やマンションの契約、仕事探し、銀行の開設など様々な悩みがあるでしょう。 実はそのほとんどが最初の1、2ヶ月で済む出来事。 そこでリズムさえつかめばそんなに目新しいことばかりにはなりません。

【シドニー】『イアン・ソープ・アクアティック・センター』オリンピックサイズの巨大50mプール

皆さんはイアンソープという水泳選手をご存知でしょうか。 世代によってはわからない方もいらっしゃるかもしれませんが、オリンピックの水泳種目で金メダルを5個もとった世界的なスター選手です。

インド・ブッタガヤで大菩提寺観光と日本寺で座禅を体験

ブッタが悟りを開いた大菩提寺という言葉を聞いたことがある人はいらっしゃるでしょう。 実はそれはインドのブッタガヤというところにあります。

私がマラソンを辞めたわけ マリッジブルーと似た感覚

私は2015年に参加したホノルルマラソンを最後にマラソンを辞めました。 理由はマラソンと付き合うことにマリッジブルーと似た感覚を感じたからです。

オーストラリアのココアプロテインは飲みすぎ注意な程美味しい 筋トレ好きなら絶対試してみるべき!

先日のボクシングデーで購入したプロテインを飲んでみたのですが、ココアみたいで激うまでした。

14kgダイエットしてホノルルマラソン完走するまで 私の子供の頃からのスポーツ歴と今後の計画

良い身体になりたい。 男性の皆さんなら一度は憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか。 かくいう私もその一人です(笑)