読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

思わず清水富美加さんに共感!? ワーキングホリデーのバイト先からの給与振り込み額が10万円も足りなくて絶望的だった件

本日20連勤を終えて、いよいよ給料日(私の仕事は2週間ごとに2週間分の給与が振り込まれます)だと楽しみに口座を見たところ振込額はたったの600$(約52,000円)。 は!?!?!?!?!?!?

自分を守ってくれる先輩がいる喜び ワーホリ中と会社員時代に救ってくれた人がいてくれた話

自分が仕事で困難に直面している時、孤独感を感じてしまうことがあるでしょう。現状を打破するために自分自身で何とかしなければならないと考えてしまうとその孤独感は一層増していきます。 そんな時に自分のことを守ってくれる、認めてくれる人がいたらどん…

私が世間からイケメンではないと烙印を押された日  大学生時代に味わった屈辱と虚しさ

皆さんは自分のことをイケメンだと思いますか? 私は思いません。いや思えません。鏡で自分の顔を見れば一目瞭然ですし、今までの異性から好意をもたれた経験数から言って私がイケメンであるということはないです。

英語学習方法に迷っている人必見!鳥飼玖美子著『本物の英語力』は英語学習の指針を教えてくれる!

どうやって英語を学習すれば良いのかわからない! 何をやっても英語がみにつかない! と悩んでいる英語学習者は多いでしょう。 巷では〇〇だけで英語がペラペラ! 新発見!これさえやればあなたもネイティブ並に!のような教材が出ては消えを繰り返し、英語…

オーストラリアでまさかの12連勤。。 しかしそんな時に各国の人から頂いた思わぬ幸運の連続! 感謝カンゲキ雨嵐

昨日のブログでここのところ11連勤だったことをお伝えしました。 www.shinumade.com ようやく今日は休みがもらえるということでガッツリブログ書いて、カスタマイズして、読書してと考えていました。

俺は何しにオーストラリアへ? 怒涛の11連勤をしてる内に自分を見失いかけてしまいました

何しにオーストラリアに来たの? そう聞かれてはっきりと自分の目標や計画を答えられるワーホリ者は果たしてどれくらいいるでしょうか。

時間がなくて困っている人へ 時間をシンプルに4分割すれば時間は生み出せる

時間は誰にでも平等に与えられているというのはよく聞く話でしょう。 そんな中で時間がないと悩む人も多くいることでしょう。

理想のリーダーなんていないし、期待しなくていい!?『リーダーシップ 10のルール』を読んで思ったこと

理想のリーダーとは何か? このことについて悩んだり求めたりする人は多いのではないでしょうか。

転職志望者なら共感!? フィリピンの出稼ぎ事情が前所属会社の危機的状況と重なって見えた話

フィリピンの出稼ぎ事情について以前このブログで少し触れたことがあったが、私はあの話を聞いた時に別に頭に浮かんだことがあった。

ワーキングホリデーに来たからこそ考えてしまう、ワーホリ中の時間の使い方への迷い

『ワーキングホリデーとは何か?』ともし私が誰かに問われたら、私は『制限時間付きの自由』と答えるかもしれない。 少なくとも今はこういった表現が的確なように思う。

ワーキングホリデーでの初仕事。ホテルハウスキーピングの仕事について

待ちに待ったワーキングホリデーでの初仕事、本日ホテルのハウスキーピングをやってきましたので、その感想を報告します。 ※時給などについては過去記事を参照してください。 shinumadeno.hatenablog.jp

プロに教えてもらう大切さ。独学だけでここまで来たけれど。。

ワーキングホリデーに来て、つくづく実感させられたこと。。。 それは。。。 手に職があるって羨ましい!!!

ブログに自分の経歴を書くということ

ブログに自分の経歴を書くということは非常に注意すべきことです。 書き方によっては自分個人が特定されたり、自分の周りの人の秘密を不特定多数の方に知られてしまう可能性があるからです。

【報告】ワーホリでの初仕事が決まりました。一応、ローカルジョブです。

報告を忘れていましたが、ワーホリでの初仕事が決まりました。 一応、ローカルジョブです。

一年の計は元旦にあり。2017年の目標とワーキングホリデー期間中の一年間に私がしたいこと

昔の人は良く言ったもので、一年の計は元旦にあり。2017年は今までの私の人生の中でもかなり重要な一年間となります。特にワーキングホリデーを充実したものとできるように目標と私がしたいことをこのタイミングで宣言しておきます。

思っちゃったんだからしょうがない。 ワーキングホリデー10日目時点での感想

こんにちは はろーぐっばいです。 今日は私がワーキングホリデーを利用してオーストラリア・シドニーに来て10日目時点の感想をお伝えしたいと思います。 細かいやり方等をお伝えするものではなく、ただただ私の雑感を述べていきます。