読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまで生きる問題

人はいつか死ぬんだから色々やってみようというブログです

並ばないオージーが並ぶ人気店 シドニー屈指のマレーシア料理店「MAMAK」

オーストラリアの人はお店に並ぶのが嫌いだと言われています。 まあ誰だってお店に並ぶのなんて嫌いでしょうが、日本と比べると人が行列をなして並んでいる姿を見かけることはありません。

【シドニーグルメ】〆はラーメンじゃなくてカレー!? 本格金沢カレーが食べられる日本食店『Ajisai』 

海外に滞在していて食べたくなる日本料理の一つが日本のカレー。 海外と日本では、カレーが異なります。 インド、タイなどのカレーは確かに美味しい。

【シドニーグルメ】米好き必見 タイの定番ヌードル・クイティアオ  お洒落なタイ料理屋さん『SENYAI』 

これ白滝ではありません。 フォーでもありません。 クイティアオなんです。 と言ってもほとんどの方がご存知ないでしょうが。

【シドニーグルメ】マレーシア料理の人気料理! 黒い焼きそばことホッケン・ミーが食べられる『sedap』に行ってきた

「焼きそばの色と言えば何色ですか?」 もちろんその答えは各家庭やお店によって様々に分かれるでしょう。 では「焼きそばの色は黒いですか?」と言われれば多くの日本人は否定するでしょう。

【シドニーグルメ】オーストラリアで本格家系ラーメンが食べられる『めん処 翁さん』

ラーメンばかりを食べている人を見て、「ラーメンばっかり食べてよく飽きないな」と思う方はいらっしゃるでしょう。 実際、私もラーメン巡りにハマるまでは同じ考えでした。 しかし、ラーメンと一括りするにはもったいないくらいラーメンには多種多様な種類…

【シドニー】 Sushi Hotaru 蛍は1皿250円均一で新鮮な回るお寿司が食べられる

海外で人気の日本食と言えばSushi、そうお寿司です。 私が日本人だと「私はお寿司が好きです!」と自己紹介してくれる外国人の方の多いこと多いこと。 それだけお寿司が日本食を代表するものとなっている証拠でしょう。

オーストラリアの国民食はミートパイ!? 日本進出でも話題になったシドニーの人気パイ専門店「パイフェイス」

あなたは一年に何個ミートパイを食べますか。と聞かれて即答出来る日本人はある意味多いかもしれません。なぜならあまり食べる機会がないためほとんどの方が0と答えるから。では、ここオーストラリアではどうか。実はミートパイはオーストラリアやニュージー…

シドニーでデカ盛りから揚げ弁当が食べられる台湾系から揚げ専門店『Cheers Cut』

唐揚げ弁当と言えば大人子供問わず人気のお弁当です。 シドニーを歩いていると「BENTO」を売っているお店をよく見かけます。日本式のお弁当スタイルが海外にも定着しているようです。ただそれらのお弁当は日本式のお弁当スタイル(白ご飯とおかず)に中華系…

ちょっと小腹が空いたらハンバーガーでも。シドニー『Mary’s City』はテイクアウトのみのシンプル絶品ハンバーガーショップ

今日ご紹介するのはシドニーでテイクアウト専門でシンプルな絶品ハンバーガーを提供している『Mary’s City』。 私がシドニーで訪れたハンバーガーショップの中で最もパティが美味しいと感じたお店です。

シドニーで沖縄ソーキそば、ハワイスパムむすび!? 『Dragon Boy』はうどんをはじめとした日本食を楽しめる!

シドニーで沖縄ソーキそば、ハワイスパムむすびが食べられるとは私はこちらに来る前は考えもしていませんでした。 しかし、そこはさすが国際色豊かなシドニー。そんなことが出来るお店があったんです。その名は『Dragon Boy』。名前だけ聞くと中華や欧米風の…

シドニーで美味しいピザをロックと共に味わえる『Frankie's Pizza』

今日ご紹介するのはシドニーでロックを聴きながらピザを楽しめる『Frankie's Pizza』。お洒落なBARで静かにピザを楽しむのもありですが、たまにはロックに耳を傾けながらワイルドにピザを頂いてみるのはいかがでしょうか。

シドニーで唯一油そばが食べられる人気ラーメン店『ずんど』 低カロリーの油そばは健康志向の強い方にもお勧め!

日本にあって海外にはない食べ物はたくさんあります。時々それらを無性に食べたくなることがあります。 最近、ラーメンの食べ歩きをしていてふと思ったのが、「油そばを食べたいけど、油そばがメニューにない!」ということです。

シドニー屈指の人気タイレストラン『Chat Thai』で頂く絶品タイカレーとタイ版魚肉ソーセージ「sai」

シドニーは移民の国ということもあって多国籍の飲食店を目にします。また他の西洋諸国と違ってアジアが近いこともあってアジア系の飲食店も多く目にします。 本日紹介するのはシドニー1とも評判の人気タイ料理店『Chat Thai』。

シドニーにジェラートの花が咲く!? 24種類のフレーバーから作り出される濃厚で美しいジェラートを食べられる『I creamy』

夏が終わりかけ、秋の気配が漂いだしたシドニー。といえどまだまだ暑い日もあります。特に日中は夏に負けない暑さ。そんな時には喉の渇きを癒したり、冷たいもので熱を冷ましたいものです。

シドニーで10$バーガーが食べられる『parlour burger』はカジュアルでお洒落な空間を提供してくれる 私が想像するアメリカンがそこにはあった

やっぱりハンバーガーは美味しい。ファストフードのハンバーガーも美味しいけどお金をかけたハンバーガーもまた美味しい。お金をかけて高品質の素材を使っているだけあって美味しいなと感じます。 www.shinumade.com

たこ焼き たま焼き たく焼き!? シドニーで食べるオーストリア版たこ焼き屋さん『Tamayaki』ではたこ入りたこ焼きは選択肢の一部!?

日本料理が海外でどのように親しまれているのか。日本の料理が正しい形で伝わっているものもあれば、お寿司のカルフォルニアロールのように原型からはかなり逸れた形で定着しているものまで様々です。

九州人なら豚骨たい! シドニー『一風堂』で食す至極の一杯1500円、一回175円の替え玉 スタイリッシュな外観と内装は女性でも入りやすいこと間違いなし!

好きなラーメンの種類はなんですかと聞かれれば、その好みは人それぞれ。 豚骨、醤油、味噌、塩など様々。 そんな中で出身地別にアンケートを取ったらどうなるか。 関東人は醤油かもしれませんが、九州人なら豚骨だろう!と九州人の私は思うわけです(全員が…

肉の本場オーストラリアで真っ向勝負! 日本の人気ステーキチェーン店『ペッパーランチ』をシドニーで豪快に食す!

オーストラリアと言えば肉の本場と知られています。みなさんもオージービーフという言葉を聞いたことがあるでしょう。

シドニーチャイナタウンのフードコートにあるベトナム料理屋さん『SAIGON PHO』でグリルポークに舌鼓

こんにちは、最近食べ歩き熱が上がる一方な私です。 最近あまりにグルメ系の記事をアップし過ぎた結果、某飲食店評価サイトのTwitterアカウントからフォローされてしまいました(笑)

WBC日豪戦をシドニーのスポーツバーで楽しく観戦! 全く関心がないオージーをよそに日本人だけ盛り上がってました

先日開幕したWBC。戦前の不安はどこへやら、開幕からチームは連勝スタート、視聴率も20%を超えて、球場も満員・大盛り上がり。改めて日本の野球人気が根強いことを示すこととなった。

ボリューム満点格安サンドイッチが食べられるシドニー『BIG BITE ON PITT』は忙しいビジネスマンの味方 

物価が高いことで知られるオーストラリア。そのためここオーストラリアでワーホリするほとんどは自炊を強いられます。 しかし、中には忙しくて中々その時間を作られない方も多いでしょう。特に朝方は。 そんなワーホリ中の方やビジネスマンの方の助けになる…

東南アジアで愛される絶品麺料理ラクサをシドニー『Noodles Your Way』で堪能

皆さんはラクサという東南アジアで広く親しまれる麺料理をご存知ですか?私はマレーシアに行った時にこのラクサの存在を知りました。 麺好きな日本人はラーメン、うどん、そばなど様々な麺料理を好んで食べます。しかし、日本に住んでいてあまりラクサを食べ…

1個340円の絶品ベイクチーズチーズタルト!? オーストラリアで食べられるマレーシア発の北海道スイーツ『Hokkaido Baked Cheese Tart』

スイーツのブームとは常に移り変わっていきます。特に近年は従来にはなかった変わり種がブームになる傾向があります。代表されるのはクロワッサン×ドーナツでクロナッツ、ティラミス×ロールケーキでティラミスロール、ワッフル×サンドイッチでワッフルサンド…

これで私も意識高い系!? シドニー『BURGER PROJECT』は高品質なタスマニアビーフを使ったハンバーガーが食べられる

時にはガッツリジャンキーな物を食べたい!だけど身体に悪いから遠慮しておこう.. という人は特に女性の方には多いのではないでしょうか。

ラーメンがない人生なんて人生じゃない!? シドニーの『YASAKA』で日本と変わらぬ質の本格つけ麺を堪能

海外で生活していると恋しくなるもの数多あります。私にとってはその中にラーメンというものが含まれています。 プロのラーメン評論家の方々に劣るかもしれませんが、私はこれまで日本で200店舗以上のラーメン屋さんを訪れたほどのラーメン好きです。

いつか居酒屋文化がシドニーに定着!? パブではなくシドニーの居酒屋『KuraKura』で日本式の居酒屋スタイルを堪能

海外でお酒を飲むならどこでと聞かれれば多くの方はバブやバーなどを思い浮かべるでしょう。実際、街を歩いていると多くのパブをみかけます。そこは日本の居酒屋とは違った雰囲気があり、日本人の私にとってはオシャレで刺激的な空間に写ります。ただ、時々…

オーストラリアでベトナム名物バインミーを美味しく頂ける『Destination Roll』お買い得でかつ美味しい!

皆さんはベトナム料理のバインミーをご存知ですか。 バインミーとは長さ20センチメートルほどの柔らかいフランスパンに野菜、ハーブ類、肉などをはさんで食べるベトナムの伝統料理なのです。

やよい軒はオーストラリアでもご飯のおかわりし放題! 日本と変わらぬ味、日本と大違いの値段。

海外に進出している日本の外食チェーン店はいくつもあります。特に日本食と言われる分野は海外でも健康的で美味しいと評判のため、多くの日本食の飲食店が進出を狙っています。

帰ってきたオーストラリアKFCの火曜日限定激安チキン! 腹ペコワーホリ生はこの機会を絶対に逃すな!

帰ってきました。帰ってきたんです。会うことは出来ないと思っていたオーストラリアKFCの火曜日限定激安チキンが。

シドニーの唐揚げ専門店『Just Fry』の私が選ぶオススメメニューは意外にもスウィートポテトだ!

最近仕事続きで観光に行く時間がない! ってことで観光費に予定していた費用を使って今月は色んな飲食店に行って食べ歩きをすることにしました。 そのため最近は食レポ記事が多くなっています(笑)。

オーストラリア発のメキシコ料理チェーン店!?『GUZMAN Y GOMEZ』通称GYGで人生初のブリトーボウルを食べてきた!

今度どこかでお話したいのですが、実は私の趣味の1つにチェーン店巡りというものがあります。 元々あった素質が2年前くらいに開花してしまって以来訪れたことのないチェーン店に行くのがちょっとした趣味の一つになってしまったのです。(笑)

顔が隠れるほどの巨大フライドチキン!? 台湾発祥の人気B級グルメ店『Hot-Star』をシドニーで堪能した話

日本にはまだ上陸していない海外で流行っているお店というのはいくつもあります。もちろん発展途上国と比べれば日本は比較的流行しているお店が進出しているケースは多いです。ただ、全てのお店が進出しているわけではありません。 そういう日本未上陸店に脚…

インド・ジャイプルは『ピンクシティ』で知られる砂漠の幻想的な街。そこにはアジア最大の映画館とインド一のラッシーがありました

過去の記事でインドでは街の色合いによって愛称が付いていることをご紹介しました。 今回ご紹介するのはそのなかでも一際幻想的なピンクシティと呼べれるジャイプルです。

チョコ好きなら見逃せない 並ばないマックスブレナー・シドニー店でチョコを満喫

日本でも超人気のチョコレート専門店。その名もマックスブレナー。 日本では既に4店舗出店しており、それぞれのお店で1時間以上の順番待ちは当たり前。なので、せっかく行きたいと思っても断念した人は多いのではないでしょうか。 私も東京に住んでいた時…

シドニー・スザンナプレイス博物館で労働者階級の住宅を体感。 ついでに有名パンケーキ店とハンバーガーにも舌鼓

労働者階級が住んでいた住宅と聞くとどんな家を想像されるでしょうか。中には汚くて狭い牢獄のような住宅を想像するかたもいるでしょう。全世界の労働者階級の住宅事情までは把握していませんが、ここシドニーの19世紀の労働者階級の住宅環境はかなり水準の…

ワイン好き必見! シドニー・ハンターバレーでオーストラリアの豊かな大地に感謝!

オーストラリアと聞くと何を想像されるでしょうか。シドニー、メルボルンをはじめとした世界的にも有名な大都会。ゴールドコースト、ケアンズをはじめとしたビーチ天国。ウルルにあるエアーズロックに象徴されるアボリジニ文化。などなど様々な魅力的ある名…

その名も『ゴールドシティ』 インドのジャイサルメルは砂漠に囲まれたオアシス都市

インドには街の色合いから異名がついた都市がいくつか存在します。先日紹介したジョードプルの『ブルーシティ』、ジャイプルの『ピンクシティ』、そして今回紹介するジャイサルメルの『ゴールドシティ』。

ワンピースファンは必見!! インドのジョードプルはブルーに包まれた神秘的な街

みなさんはインドのジョードプルという街を知っていますか?実はここは日本人にとっても馴染みのある街となっています。というのもこの街の城塞や時計塔があの大人気漫画・アニメワンピースのモデルになっとされる街なのです。

食べ歩き好きにはたまらない! シドニーのチャイナタウンで日中豪のグルメを堪能してきました!!

海外を旅行しているとどこの国に行っても必ずと言っていいほどみかけるのがチャイナタウン。どんなに元々の中国とは雰囲気の異なる国に行っても、各国のチャイナタウンには実際の中国と同じ雰囲気の街が存在します。